リビルドワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リビルドワールド
ジャンル SFサイバーパンクアクション
小説
著者 ナフセ
イラスト (イラスト)
わいっしゅ(世界観イラスト)
cell(メカニックデザイン)
出版社 KADOKAWA
掲載誌 カクヨム
小説家になろう
レーベル 電撃の新文芸
連載期間 2017年2月 -
刊行期間 2019年5月17日 -
巻数 既刊8巻(2021年8月現在)
漫画
原作・原案など ナフセ(原作)
吟(キャラクターデザイン)
わいっしゅ(世界観デザイン)
cell(メカニックデザイン)
作画 綾村切人
出版社 KADOKAWA
掲載誌 電撃マオウ
レーベル 電撃コミックスNEXT
発表号 2019年9月号 -
発表期間 2019年7月26日 -
巻数 既刊5巻(2021年8月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

リビルドワールド』(Rebuild World)は、ナフセによるライトノベル、およびその元となったオンライン小説

2017年2月から、日本の小説投稿サイト「カクヨム」や「小説家になろう」にて連載されている(web版は「非公開」というペンネーム)[1][2]。2021年8月時点で電子版を含めたシリーズ累計発行部数は25万部を突破している[3]

[2019年5月から、Web版を改稿する形で電撃の新文芸 (KADOKAWA) より刊行されている。イラストは、わいっしゅ(世界観イラスト)、cell(メカニックデザイン)。また、漫画版は綾村切人によって『電撃マオウ』 (KADOKAWA) で2019年9月号から連載されている[4]

概要[編集]

SFサイバーパンク作品。先史文明の滅亡から再構築された世界を舞台に、スラムの少年とバーチャルな美女によるハンター稼業を描く。

電撃の新文芸レーベルの発足にあたって開催されたスタートアップコンテストにおいて大賞を受賞し[5]、書籍化およびコミカライズされた。

シリーズ累計発行部数は2020年12月時点で13万部[6]

このライトノベルがすごい!』2020年版で単行本・ノベルス部門5位(新作ランキング3位)[7]、同2021年版で単行本・ノベルス部門第4位[8]

あらすじ[編集]

かつて世界を席巻した高度科学文明が時の彼方に去ってから、幾多の年月が過ぎた。滅びから生き残った人類はかつての栄華の残り火を搔き集め、文明を再構築していた。ある日、スラムの片隅に生きる孤児の少年アキラは、荒野の遺跡にて蠱惑的な謎の美女アルファと出会う。アルファと契約したアキラは、数々の死線を潜り抜け、ハンターとして大成していく。

登場人物[編集]

アキラ
クガマヤマ都市スラムの孤児の少年。今日を生きて明日を迎えるためにハンターを志してクズスハラ街遺跡へ向かい、そこで出会ったアルファと契約した。足りない実力を鉄火場の覚悟の踏み込みで補うため、生傷が絶えない。
アルファ
クズスハラ街遺跡に全裸で佇んでいた蠱惑的な美女。とある遺跡の攻略をアキラへ依頼し、その対価として様々なサポートを提供するようになる。実体は無く旧世界のネットワーク上に存在しており、拡張現実で表示した自分の姿や声を認識できる人間を探していた。
シズカ
クガマヤマ都市でよろず屋を営む女性。スラム出身のアキラにも親身に対応してくれる人格者。
エレナ
クガマヤマ都市のハンター。サラの相棒。索敵や指揮統制を担当している。
サラ
クガマヤマ都市のハンター。エレナの相棒。身体拡張者で重火器の扱いに長けている。胸部はナノマシンの貯蔵庫でもあり、それを使うにつれて巨乳から貧乳になっていく(ナノマシンを補充すれば再び巨乳になる)。
シェリル
クガマヤマ都市スラムの孤児の少女。所属していた徒党がいつの間にか壊滅してしまったため、死中に活を求めてアキラにすがり、孤児だけの徒党を立ち上げた。
シジマ
クガマヤマ都市スラムに数あるギャング徒党のひとつでリーダーを務める男性。アキラと関わるうちにいつの間にか大物になっていく自分に困惑する。
カツラギ
武器商人。相棒のダリスと共に武装トレーラーひとつで荒野を駆け抜け、クガマヤマ都市へやって来た。
キバヤシ
クガマヤマ都市社員で広域経営部。無理無茶無謀がとにかく大好き。
ヤナギサワ
クガマヤマ都市幹部で長期戦略部主任。何らかの目的のために暗躍する。
カツヤ
クガマヤマ都市の新興ハンター徒党ドランカムの新人ハンター。歳の近いアキラとたびたび衝突するようになる。
ケイン
遺物窃盗グループのメンバー。完全義体者で四腕の重装強化服を使用する。
ネリア
遺物窃盗グループのメンバー。完全義体者。愛し愛され殺し合うという狂人。

用語[編集]

世界観[編集]

旧世界
はるか昔に世界を席巻した先史文明。その科学力は凄まじく、人間や環境をあまねく作り変えた。
遺跡
旧世界の遺構。かつての摩天楼や大工場、空に浮かぶ天空都市や軍事基地など。廃墟と化した遺跡は駆け出しハンターの狩場だが、管理人格の下で今なお完璧に稼働している遺跡はきわめて危険度が高い。ロストテクノロジーの塊である遺物を求めてハンターが赴く冒険の地であると共に、危険なモンスターが巣食う死地でもある。
クズスハラ街遺跡
クガマヤマ都市にほど近い大規模遺跡。その外縁は廃墟ながら、奥部は高度な自動修復機能によって摩天楼が旧世界のままの姿で輝いている。
ヒガラカ住宅街遺跡
クガマヤマ都市西方の小規模遺跡。長年に渡る探索で目ぼしい物がほとんど残っていない廃墟。
モンスター
現人類の脅威。管理者を失った旧世界の自律兵器群やバイオテクノロジーが長い年月をかけて野生化したもので、種類によって差異はあるが銃火器融合機能や自己修復機能を持つことからも、人類の生存を脅かしている。都市の防壁の外は遺跡に限らずモンスターの脅威で溢れており、地上よりも高空にはさらに強力なモンスターが生息している。
ウェポンドッグ
クズスハラ街遺跡で出現した生物系モンスター。火砲やミサイル発射器を背中から生やした全長2メートルほどの犬型。
キャノンインセクト
クズスハラ街遺跡から出現した機械系モンスター。多脚移動装置に大砲を載せた奇妙な自律兵器。小型車ほどの大きさ。
暴食ワニ(合食再構築類)
ヒガラカ住宅街遺跡で出現した生物系モンスター。戦車を食べると大砲を生やし、腹に履帯を生成する。
ハンター
金と名誉を荒野に求める者たち[9]。遺跡でモンスターと戦い、高価な遺物を求めて一攫千金を夢見る。東部における正式な職業であり、統企連傘下のハンターオフィスによって管理・監督されている。

勢力・組織[編集]

クガマヤマ都市
東部の真ん中ほどにある統治企業都市。全周を防壁で囲った東部では一般的な要塞都市。防壁の外側にも街やスラムが広がっている。
東部統治企業連盟
通称「統企連」。五大企業を中心とした統治企業の集合体で、国家無き東部地域における主権者。
建国主義者
東部における企業統治体制の打破を目指す武装集団。
中央部統治国家連合
通称「国連」。国家という統治制度を敷く複数の国家の集合体。中央部地域を支配しており、東の統企連とは不仲である。

技術・兵器[編集]

AAH突撃銃
100年ほど前に開発された傑作アサルトライフル。頑丈かつ拡張性に優れており、ハンターに愛用されている。
回復薬
ハンターが携行する治療用ナノマシン。
強化服
着込むタイプのパワードスーツ。エネルギーを供給することでパワーアシストや防弾性を発揮する。
力場装甲(フォースフィールドアーマー)
エネルギーを消費して物理ダメージを軽減するある種のバリア。発動時に衝撃変換光が発生する。足元に生成すれば、理論上は空中を駆けることも可能である。
人型兵器
二脚の装甲兵器。脳拡張者が直接接続することで強力な戦力になるが、操縦には高い適性が必要。統治企業の都市防衛隊などで運用されている。

その他[編集]

旧領域接続者
特別な処置や機器を使わずとも身ひとつで旧世界のネットワークへ接続できる特異な人間。
色無しの霧
東部の大気中を広く覆う不可思議な気候現象。あたかも見えない霧状をしており、濃度が濃くなると通信遮断をはじめ様々な障害が発生する。

既刊一覧[編集]

単行本[編集]

巻数 刊行 サブタイトル 発売日 ISBN
1 リビルドワールド I上 誘う亡霊 2019年5月17日[書 1] 978-4-04-912394-4
2 リビルドワールド I下 無理無茶無謀 2019年7月17日[書 2] 978-4-04-912519-1
3 リビルドワールド II上 旧領域接続者 2019年11月16日[書 3] 978-4-04-912730-0
4 リビルドワールド II下 死後報復依頼プログラム 2020年1月17日[書 4] 978-4-04-912731-7
5 リビルドワールド III上 埋もれた遺跡 2020年5月18日[書 5] 978-4-04-913069-0
6 リビルドワールド III下 賞金首討伐の誘い 2020年9月17日[書 6] 978-4-04-913070-6
7 リビルドワールド IV 現世界と旧世界の闘争 2021年3月17日[書 7] 978-4-04-913490-2
8 リビルドワールド V 大規模抗争 2021年8月17日[書 8] 978-4-04-913738-5

漫画[編集]

巻数 刊行 発売日 ISBN
1 リビルドワールド1 2019年12月27日[書 9] 978-4-04-912933-5
2 リビルドワールド2 2020年6月26日[書 10] 978-4-04-913243-4
3 リビルドワールド3 2020年10月24日[書 11] 978-4-04-913516-9
4 リビルドワールド4 2021年3月27日[書 12] 978-4-04-913770-5
5 リビルドワールド5 2021年8月27日[書 13] 978-4-04-913923-5

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ リビルドワールド”. カクヨム. 2021年2月1日閲覧。
  2. ^ リビルドワールド”. 小説家になろう. 2021年2月1日閲覧。
  3. ^ g_woyoyoの2021年8月6日のツイート2021年8月26日閲覧。
  4. ^ “「リビルドワールド」マンガ版&SNSでの炎上題材にした新連載がマオウで開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年7月26日). https://natalie.mu/comic/news/341207 2021年3月28日閲覧。 
  5. ^ 電撃《新文芸》スタートアップコンテスト 最終選考結果”. カクヨム. 2021年2月1日閲覧。
  6. ^ 電撃文庫@bunko_dengeki”. Twitter. 2021年2月1日閲覧。
  7. ^ 電撃文庫@bunko_dengeki”. Twitter. 2021年2月1日閲覧。
  8. ^ 電撃文庫@bunko_dengeki”. Twitter. 2021年2月1日閲覧。
  9. ^ リビルドワールド 1 アキラとアルファ”. 小説家になろう. 2021年2月1日閲覧。

書誌出典[編集]

  1. ^ リビルドワールドI〈上〉 誘う亡霊”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2019年5月17日). 2021年2月1日閲覧。
  2. ^ リビルドワールドI〈下〉 無理無茶無謀”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2019年7月17日). 2021年2月1日閲覧。
  3. ^ リビルドワールドII〈上〉 旧領域接続者”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2019年11月16日). 2021年2月1日閲覧。
  4. ^ リビルドワールドII〈下〉 死後報復依頼プログラム”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2020年1月17日). 2021年2月1日閲覧。
  5. ^ リビルドワールドIII〈上〉 埋もれた遺跡”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2020年5月18日). 2021年2月1日閲覧。
  6. ^ リビルドワールドIII〈下〉 賞金首討伐の誘い”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2020年9月17日). 2021年2月1日閲覧。
  7. ^ リビルドワールドIV 現世界と旧世界の闘争”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2021年3月17日). 2021年3月17日閲覧。
  8. ^ リビルドワールドV 大規模抗争”. 電撃の新文芸. KADOKAWA (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  9. ^ リビルドワールド 1”. 電撃コミックスNEXT. KADOKAWA (2019年12月27日). 2021年2月1日閲覧。
  10. ^ リビルドワールド 2”. 電撃コミックスNEXT. KADOKAWA (2020年6月26日). 2021年2月1日閲覧。
  11. ^ リビルドワールド 3”. 電撃コミックスNEXT. KADOKAWA (2020年10月24日). 2021年2月1日閲覧。
  12. ^ リビルドワールド 4”. 電撃コミックスNEXT. KADOKAWA (2021年3月27日). 2021年3月28日閲覧。
  13. ^ リビルドワールド 5”. 電撃コミックスNEXT. KADOKAWA. 2021年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]