福山リョウコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福山 リョウコ
生誕 日本の旗 日本和歌山県
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
ジャンル ラブコメディ
ストーリー漫画
代表作悩殺ジャンキー
覆面系ノイズ
受賞 第270回HMC努力賞
第23回白泉社アテナ新人大賞 優秀新人賞
第29回白泉社アテナ新人大賞 デビュー優秀者賞
テンプレートを表示

福山 リョウコ(ふくやま リョウコ)は、日本漫画家和歌山県出身[1]血液型A型。中央大学卒業。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 第270回HMC(花とゆめまんが家コース)努力賞(1998年・受賞作「だって青だもん。」)
  • 第23回白泉社アテナ新人大賞 優秀新人賞(1998年・受賞作「心臓が足りない」)
  • 第29回白泉社アテナ新人大賞 デビュー優秀者賞(2004年・受賞作「悩殺ジャンキー」)

作品リスト[編集]

連載[編集]

書籍[編集]

詳細は各リンク先を参照。

イラスト集
  • 『17NOISE ARTWORKS of RYOKO FUKUYAMA』白泉社 2017年

読切[編集]

作品名 掲載誌 収録コミックス 注記
だって青だもん。 『花とゆめステップ増刊』1998年12月15日号 第270回HMC(花とゆめまんが家コース)努力賞。
心臓が足りない 花とゆめ1999年7号 『心臓が足りない』 第23回白泉社アテナ新人大賞 優秀新人賞。
カミナリ ザ花とゆめ2000年3月1日号 デビュー作[1]
ゼロセンチ 『花とゆめ』2000年21号 『心臓が足りない』
うそつきな胃袋 『花とゆめ』2001年3号
アフタースクールベイビーズ 『ザ花とゆめ』2001年5月1日号
こうしちゃいられない 『花とゆめ』2001年13号
カタコトの夏 『ザ花とゆめ』2001年8月1日号
空へ踏み出せ 『ザ花とゆめ』2001年10月1日号
半端カンカク 『ザ花とゆめ』2002年4月1日号、同年6月1日号 『心臓が足りない』(第1話のみ) 全2話。
のぞいてみたくてしかたない 『ザ花とゆめ』2002年8月1日号 悩殺ジャンキー』第6巻
パチパチ 『花とゆめ』2002年18号 『心臓が足りない』
ケダモノ天国 『ザ花とゆめ』2002年10月1日号 『心臓が足りない』
みずたまブックス 『花とゆめ』2003年2号
405 『ザ花とゆめ』2003年2月1日号
だから言ったじゃん 『ザ花とゆめ』2003年4月1日号 『心臓が足りない』
垂直落下少年少女 『ザ花とゆめ』2003年6月1日号
中毒スイーツ 『ザ花とゆめ』2003年8月1日号
赤の春 『ザ花とゆめ』2005年6月1日号 『悩殺ジャンキー』第5巻 「悩殺ジャンキー」の番外編。
青の夏 『ザ花とゆめ』2006年9月25日号 『悩殺ジャンキー』第9巻 「悩殺ジャンキー」の番外編。
白の秋 『ザ花とゆめ』2007年11月25日号 『悩殺ジャンキー』第12巻 「悩殺ジャンキー」の番外編。
黒の冬 『ザ花とゆめ』2008年3月25日号 『悩殺ジャンキー』第13巻 「悩殺ジャンキー」の番外編。
モノクロ少年少女 『花とゆめ』2008年17号 『モノクロ少年少女』第1巻 当初読み切りとして発表された作品。
同誌2009年7号から連載に移行。
名作4コマ博覧会 悩殺ジャンキー[5] 『花とゆめ』2010年15号 『花とゆめ』通巻900号記念。
過去の名作の4コマ漫画が掲載された。
モノクロ少年少女 『ザ花とゆめ』2011年5月1日号 『モノクロ少年少女』第10巻 「モノクロ少年少女」の番外編。
墜落ゼリー[6] 『花とゆめ』2012年7号 覆面系ノイズ』第13巻
征服のガール[7] 『ザ花とゆめ』2013年9月1日号
覆面系ノイズ 『ザ花とゆめ』2014年12月1日号 『覆面系ノイズ』第5巻 「覆面系ノイズ」の番外編。
覆面系ノイズ 『ザ花とゆめ』2017年6月1日号 『覆面系ノイズ』第17巻 「覆面系ノイズ」の番外編。
覆面系ノイズ 『ザ花とゆめ』2017年12月1日号 『覆面系ノイズ』第17巻 「覆面系ノイズ」の番外編。
針穴にモンスター[8] 『花とゆめ』2018年18号
饒舌と放課後[9] 『ザ花とゆめ』2019年6月1日号
恋に無駄口[10] 『ザ花とゆめ アオハル』2020年6月1日号 恋に無駄口』第3巻 「恋に無駄口」番外編
恋に無駄口[11] 『花とゆめ mini』2020年vol.1 『恋に無駄口』第4巻 「恋に無駄口」番外編
恋に無駄口 『花とゆめ mini』2020年vol.2 『恋に無駄口』第5巻 「恋に無駄口」番外編
恋に無駄口[12] 『ザ花とゆめ サマーラブ2nd』2020年9月1日号 『恋に無駄口』第6巻 「恋に無駄口」番外編
刹那的ディスタンス[13] 『ザ花とゆめ ホワイトラブ』2021年3月1日号
恋に無駄口[14] 『ザ花とゆめ オールスター』2021年6月1日号 『恋に無駄口』第7巻 「恋に無駄口」番外編
恋に無駄口 『花とゆめ』2022年6号 『恋に無駄口』第8巻 「恋に無駄口」番外編
各務ましろは吸血鬼 『ザ花とゆめ ダークヒーローズ』2022年6月1日号 「恋に無駄口」番外編4コマ漫画
福山リョウコの“うちの子”自慢[15] コミックナタリー(「ペット自慢エピソード」) マンガ家の"うちの子"自慢 第8回
恋に無駄口 『ザ花とゆめ シークレット』2022年9月1日号 『恋に無駄口』第9巻 「恋に無駄口」番外編
恋に無駄口 talk extra9.「教師に生徒」[16] 『ザ花とゆめ 転生』2022年12月1日号 「恋に無駄口」番外編

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 白泉社 作家データベース 福山リョウコ”. 白泉社. 2017年6月24日閲覧。
  2. ^ 4月アニメ「覆面系ノイズ」ニノ役は早見沙織!山下大輝と内山昂輝も出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年12月20日). 2017年6月24日閲覧。
  3. ^ 中条あやみ「覆面系ノイズ」で主演、歌とギターに挑む”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年11月23日). 2017年6月24日閲覧。
  4. ^ a b バカ4人組、花ゆめに現る!福山リョウコの青春無駄遣いラブコメ開幕”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年9月5日). 2019年9月5日閲覧。
  5. ^ 花とゆめ900号!フルバ、せかキラ、花君、闇の末裔ら復活”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年7月1日). 2021年1月28日閲覧。
  6. ^ 花ゆめに福山リョウコ3年ぶり新作読み切り、次号スキビ祭”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年3月5日). 2021年1月28日閲覧。
  7. ^ ザ花で「年の差の恋」特集、福山リョウコら新作読み切り”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年7月26日). 2022年10月27日閲覧。
  8. ^ 「暁のヨナ」新作ドラマCDでハクの告白シーンを音声化、福山リョウコの読み切りも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年8月20日). 2021年1月28日閲覧。
  9. ^ ザ花のフルバトリビュートに日渡早紀や横槍メンゴら参加、福山リョウコの読切も”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年4月25日). 2021年1月28日閲覧。
  10. ^ 花ゆめ連載中作品オール参加のザ花、「アオハル」をテーマに「暁のヨナ」学パロなど”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年4月27日). 2022年10月27日閲覧。
  11. ^ 花とゆめ連載陣がオール描き下ろし、電子版限定のミニ増刊を無料配信”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年6月5日). 2022年10月27日閲覧。
  12. ^ 「なまいきざかり。」の成瀬&「墜落JK」の灰仁、ザ花で“サマーラブ”な袋とじに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年7月28日). 2022年10月27日閲覧。
  13. ^ 福山リョウコ、新種のウイルスが広がった世界の高校生描く新作読み切り”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年1月27日). 2021年1月28日閲覧。
  14. ^ 花ゆめ“オールスター”がザ花に、「スキビ」と「ヨナ」のコラボ描き下ろしも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年4月27日). 2022年10月27日閲覧。
  15. ^ 福山リョウコの“うちの子”自慢”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2022年7月12日). 2022年10月27日閲覧。
  16. ^ 「コレットは死ぬことにした-女神編-」ザ花で完結!花ゆめ作品の“転生”番外編も”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2022年10月26日). 2022年10月27日閲覧。
  17. ^ 花とゆめ創刊45周年特集 第6回 福山リョウコインタビュー”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. 2020年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]