板垣伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いたがき しん
板垣 伸
別名義 いたがき しん
生年月日 (1974-01-28) 1974年1月28日(48歳)
出生地 日本の旗 愛知県名古屋市
職業 アニメ監督
ジャンル テレビアニメ
OVA
アニメーション映画
配偶者 白石直子(妻)
事務所テレコム・
アニメーションフィルム
→)
フリー
主な作品

テレビアニメ


OVA


アニメーション映画

テンプレートを表示

板垣 伸(いたがき しん、1974年1月28日 - )は、日本アニメーターアニメ監督。別名義としていたがき しんを用いることもある。

株式会社テレコム・アニメーションフィルム勤務を経て、フリーとなった。

概要[編集]

愛知県名古屋市出身の[1]、男性アニメーター、および、アニメ監督である。東京デザイナー学院アニメーション科を卒業し[2][3][4]テレコム・アニメーションフィルムに勤務していたが[5][6]、その後はフリーとして活動している[7]。2014年以降は妻の白石直子が設立したミルパンセを活動拠点としている。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

愛知県名古屋市出身[1]専門学校東京デザイナー学院のアニメーション科を卒業した[2][3][4][註釈 1]

アニメーターとして[編集]

専門学校東京デザイナー学院卒業後、アニメーターとしてテレコム・アニメーションフィルムに6年10か月正社員として所属し[5][6]、以降はフリーの立場で[7]ユーフォーテーブルアゼータ・ピクチャーズゴンゾマッドハウスガイナックスサテライトシャフトに机を置いたことがある[6]

アニメ監督として[編集]

監督を担当する作品では、各話の演出担当者が絵コンテと演出を両方担当して貰えるよう制作会社側に希望を出し、演出担当者が演出だけを担当する話数では自ら積極的に絵コンテを切るというこだわりがある[8]。絵コンテを執筆せず演出のみを担当する作品ではクレジットを平仮名表記にしている[9]

WEBアニメスタイルで「板垣伸のいきあたりバッタリ!」を連載している。

てーきゅう第2期』以降は、主にミルパンセ作品の監督を務める[註釈 2]

家族・親族[編集]

妻はガイナックスプロデューサーを経て現在アニメーション制作会社ミルパンセの社長[10] である白石直子[11]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1992年
1993年
1996年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
  • BLACK CAT (-2006年) 監督、絵コンテ(1話、2話、4話、6話、7話、9話、11話、12話、16話、19話、22話、23話)、原画(23話)
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
  • ウルヴァリン 絵コンテ(9話)
  • ダンタリアンの書架 絵コンテ(4話)
  • ベン・トー 監督、構成、デザインワークス、脚本(1話、10話)、絵コンテ(OP1、OP2、OP3、1話、2話、5話、6話、10話、12話)、演出(OP、1話)、演出監修(ED)、アクション演出(4話、10話、12話)、原画(OP3)
2012年
2013年
  • 戦勇。 OP絵コンテ・演出
  • 戦勇。 第2期 絵コンテ、OP絵コンテ・演出
  • てーきゅう 第2期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、演出、作画監督、原画、動画
  • てーきゅう 第3期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、演出、作画監督
2014年
2015年
  • てーきゅう 第4期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、演出、作画監督、OP絵コンテ・演出・作画監督
  • 高宮なすのです! (2015) 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、演出、作画監督、演出・作画監修、OP絵コンテ・演出
  • てーきゅう 第5期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、演出、総作画監督、OP絵コンテ・演出・作画監督
  • てーきゅう 第6期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、演出、総作画監督、OP絵コンテ・演出・作画監督・原画
2016年
  • てーきゅう 第7期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、OP絵コンテ
  • うさかめ 監督、構成、音響監督
  • てーきゅう 第8期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、OP絵コンテ・演出・作画監督
  • ベルセルク(テレビアニメ第2作目) (-2017年) 監督、絵コンテ
2017年
  • てーきゅう 第9期 監督、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイン、音響監督、編集、OP絵コンテ
  • Wake Up, Girls! 新章 (-2018年) 監督、絵コンテ、演出
2018年
2019年
2021年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

  • 古町と団五郎 〜ラグーンストーンを探せ!〜 (2012) 原画

ゲーム[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

註釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 専門学校東京デザイナー学院アニメーション科は、のちに専門学校東京ネットウエイブアニメ総合学科と統合・再編され、専門学校東京ネットウエイブアニメ総合学科に集約された。
  2. ^ なお、同作は第3期までMAPPAの制作で、第2期と第3期はあくまで制作協力として関与していた。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 板垣伸 (2007年1月18日). “第1回 経緯(いきさつ)から、「はじめまして」から、ガイナの日曜日”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  2. ^ a b デザインの総合専門学校|東京デザイナー学院(TDG)|アニメーション科スペシャルコンテンツ
  3. ^ a b アニメーション科のOB作品紹介|卒業生紹介|デザインの総合専門学校|東京デザイナー学院(TDG)”. OB's WORKS ANIMATION アニメーション科のOB作品紹介. 専門学校東京デザイナー学院. 2017年9月18日閲覧。
  4. ^ a b 2017年4月に新たなアニメーション専門学校 東京デザイナー学院と東京ネットウエイブの関連学科統合 – アニメ!アニメ!ビズ”. アニメ! アニメ!. イード (2016年2月27日). 2017年9月18日閲覧。
  5. ^ a b 板垣伸 (2007年4月5日). “第12回 皆、アニメーターになろう!(その2)〜アニメーター・板垣伸の思い出の作品(動画編)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  6. ^ a b c 板垣伸 (2009年10月1日). “第138回 アニメーターとスタジオ”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  7. ^ a b 板垣伸 (2009年6月4日). “第121回 まだまだ出崎さん!”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  8. ^ 板垣伸 (2011年7月28日). “第227回 コンテ・演出とコンテのみ”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  9. ^ 板垣伸 (2007年10月4日). “第37回 このコラムの真意は……”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  10. ^ アニメ制作会社millepensee公式HP - 株式会社ミルパンセ 会社概要
  11. ^ 板垣伸 (2007年1月18日). “第73回 板垣的アニメ雑記(6) いろーんな人たちに会える(その2)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. スタジオ雄. 2011年9月18日閲覧。
  12. ^ この醜くも美しい世界 : 作品情報”. アニメハック. 2020年10月6日閲覧。
  13. ^ “テレビアニメーション「バスカッシュ!」監督交代のお知らせ” (プレスリリース), サテライト, (2009年6月25日), http://basquash.com/announce.html 2010年4月29日閲覧。 
  14. ^ ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士  : 作品情報”. アニメハック. 2020年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]