ジェイムズ・パタースン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイムズ・パタースン
James Patterson
James Patterson.jpg
誕生 ジェイムズ・ブレンダン・パタースン (James Brendan Patterson)
(1947-03-22) 1947年3月22日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク州ニューバーグ
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 マンハッタン・カレッジ
ヴァンダービルト大学
ジャンル ロマンス、ヤングアダルト、スリラー、コメディ
代表作 アレックス・クロス シリーズ
Women's Murder Clubシリーズ
配偶者 スーザン・パタースン (Susan Patterson)
子供 ジャック・パタースン (Jack Patterson)
公式サイト www.jamespatterson.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェイムズ・パタースンJames Patterson、本名:ジェイムズ・ブレンダン・パタースン〈James Brendan Patterson〉、1947年3月22日 - )は、アメリカ合衆国の作家。代表作は、犯罪心理学者アレックス・クロス。他に、マイケル・ベネット、ウィメンズ・マーダー・クラブマキシマム・ライドダニエルXマイクル・レドウィッジとの共著)、ウィッチ&ウィザードガブリエル・シャーボネとの共著)や、単独で多くのスリラー作品やロマンス小説、ノンフィクションなども上梓している。売り上げ発行部数は3億部以上に上り[1]、電子書籍で100万部が売れた初めての作家としてギネス世界記録に登録されている[2]

経歴[編集]

1947年3月22日ニューヨーク州ニューバーグに、主婦で元教師の母イザベル・モリスと保険ブローカーの父チャールズ・パタースンの息子として誕生[3][4]マンハッタン・カレッジヴァンダービルト大学の双方を優秀な成績で卒業し学士と修士を取得(いずれも英語)[5]

ヴァンダービルトでは博士号候補だったが[6]、広告代理店への就職が決まった。ジェイ・ウォルター・トンプソンでは役員を務めた[5]1996年に同社を退社し[7]、執筆業に専念[8]。パタースンが最も影響を受けたと後に語った作品は、エヴァン・S・コネル1959年に発表した"Mrs. Bridge" だろうと述べている[6]

1976年、処女作『ナッシュビルの殺し屋』(原題:The Thomas Berryman Number )を上梓。ワシントンD.C.首都警察及びFBIの元司法心理学者で、現在はフリーの心理学者兼政府のコンサルタントでもあるアレックス・クロスが主人公で、パタースンの作品の中でアメリカ国内ではここ10年で最も売り上げの多いシリーズである。デビュー以来、95作品を上梓している[9]。19作連続で『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーで第1位を獲得しており、1人の作家の作品としては最多の記録としてギネス世界記録に登録されている[10]。アメリカ国内でのハードカバーの売り上げは、近年ではスティーヴン・キングジョン・グリシャムダン・ブラウンを合わせても届かないとされ[11]、売り上げ発行部数は世界中で約3億冊とされる[1]

エドガー賞国際スリラー作家協会賞などの複数のミステリの賞や、児童文学の賞を受賞している[10]。『ニューヨーク・タイムズ』で大人向けと子供向け、双方のベストセラーリストで同時に1位を獲得した最初の作家でもある。フォックス放送の『ザ・シンプソンズ』の第18シーズン14話"Yokel Chords" に出演したことがあるほか、テレビドラマ『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』に本人役で何度か出演している。

マキシン・ペトロアンドリュー・グロスマーク・サリヴァンアシュウィン・サンギマイクル・レドウィッジピーター・デホン[12]との共著作品も複数あり[13]、共作することで新たなアイディアや面白いストーリーを思いつくことができるという[14]

2009年9月、2012年末までに大人向けの作品6作と、ヤングアダルト作品6作を単独もしくは共著で執筆する契約にサインした。『フォーブス』は契約金が最低1億5000万ドルに上ると報じたが、パタースン側は正確ではないと反論した[15]。 2016年12月に雑誌フォーブスでアメリカの有名芸能人やスポーツ選手等がリストアップされているアメリカのセレブ億万長者番付において資産7億ドル(約700億円)で7位にランクインした。 私生活では、妻のスーザンとフロリダ州パームビーチに住んでいる。1998年に息子のジャックが誕生[16]カトリック教徒である[17]

批評[編集]

作品リスト[編集]



邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
日本の旗
訳者
日本の旗
出版社
共著者 備考
001 ナッシュヴィルの殺し屋 The Thomas Berryman Number 1976年 1980年12月 石田善彦 早川書房 エドガー賞 処女長編賞受賞
002 Season of the Machete 1977年
003 モスクワ・オリンピック襲撃 The Jericho Commandment 1979年 1980年07月 菊池光 創元推理文庫 改題:See How They Run
004 Virgin 1980年 改題:Cradle & All
005 裏切りの暗殺集団 Black Market 1986年 1987年03月 後藤安彦 文春文庫 改題:Black Friday
006 ミッドナイト・クラブ The Midnight Club 1989年 1989年12月 所寧 講談社文庫
007 アメリカ人のホンネ
―仕事・カネ・暴力・セックスetc.全米調査レポート
The Day America Told The Truth 1991年 1992年06月 木村太郎 ダイヤモンド社 ピーター・キム
008 多重人格殺人者 Along Came a Spider 1993年 1994年10月 小林宏明 新潮文庫 アレックス・クロス・シリーズ 01
009 The Second American Revolution 1994年 ピーター・キム
010 キス・ザ・ガールズ Kiss the Girls 1995年 1997年01月 小林宏明 新潮文庫 アレックス・クロス・シリーズ 02
011 かくれんぼ Hide and Seek 1996年 2000年03月 小林宏明 新潮文庫
012 17番グリーンの奇跡 Miracle on the 17th Green 1996年 1999年01月 河合のら PHP研究所 ピーター・ドゥ・ヤング
013 殺人カップル Jack & Jill 1996年 1998年05月 小林宏明 新潮文庫 アレックス・クロス・シリーズ 03
014 モスクワ・オリンピック襲撃 See How They Run 1997年 1980年07月 菊池光 創元推理文庫 1979年刊"The Jericho Commandment" を改題
015 Cat & Mouse 1997年 アレックス・クロス・シリーズ 04
016 翼のある子供たち When the Wind Blows 1998年 2005年11月 古賀弥生 ランダムハウス講談社 マキシマム・ライド・シリーズの原型
017 Pop Goes the Weasel 1999年 アレックス・クロス・シリーズ 05
018 裏切りの暗殺集団 Black Friday 2000年 1987年03月 後藤安彦 文春文庫 1986年刊"Black Market" を改題
019 Cradle and All 2000年 1980年刊"Virgin" を改題
020 闇に薔薇 Roses are Red 2000年 2005年04月 小林宏明 講談社文庫 アレックス・クロス・シリーズ 06
021 1番目に死がありき 1st to Die 2001年 2002年10月 羽田詩津子 角川文庫 ウィメンズ・マーダー・クラブ 01
022 スザンヌの日記 Suzanne's Diary for Nicholas 2001年 2002年05月 高橋恭美子 ヴィレッジブックス
023 血と薔薇 Violets are Blue 2001年 2007年01月 小林宏明 講談社文庫 アレックス・クロス・シリーズ 07
024 チャンスは2度めぐる 2nd Chance 2002年 2005年04月 羽田詩津子 角川文庫 アンドリュー・グロス英語版 ウィメンズ・マーダー・クラブ 02
025 ビーチハウス The Beach House 2002年 2003年05月 大西央士 ヴィレッジブックス ピーター・デ・ジョング
026 Four Blind Mice 2002年 アレックス・クロス・シリーズ 08
027 黒十字の騎士 The Jester 2003年 2004年04月 大西央士 ヴィレッジブックス アンドリュー・グロス
028 翼ある者のさだめ The Lake House 2003年 2007年2月 古賀弥生 ランダムハウス講談社 『翼のある子供たち』の続編
029 The Big Bad Wolf 2003年 アレックス・クロス・シリーズ 09
030 3rd Degree 2004年 アンドリュー・グロス ウィメンズ・マーダー・クラブ 03
031 ジェニファーへの手紙 Sam's Letters to Jennifer 2004年 2006年04月 高橋恭美子 ヴィレッジブックス
032 SantaKid 2004年
033 London Bridges 2004年 アレックス・クロス・シリーズ 10
034 殺意がふたりを分かつまで Honeymoon 2005年 2008年09月 大西央士 ヴィレッジブックス ハワード・ローワン英語版
035 Maximum Ride: The Angel Experiment 2005年 マキシマム・ライド・シリーズ 1
036 4th of July 2005年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 04
037 Lifeguard 2005年 アンドリュー・グロス
038 Mary, Mary 2005年 アレックス・クロス・シリーズ 11
039 The 5th Horseman 2006年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 05
040 Beach Road 2006年 ピーター・デ・ジョング
041 Maximum Ride: School's Out Forever 2006年 マキシマム・ライド・シリーズ 2
042 Judge and Jury 2006年 アンドリュー・グロス
043 Cross 2006年 アレックス・クロス・シリーズ 12
044 Step on a Crack 2007年 マイクル・レドウィッジ英語版 マイケル・ベネット・シリーズ 1
045 The 6th Target 2007年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 06
046 Maximum Ride: Saving the World and Other Extreme Sports 2007年 マキシマム・ライド・シリーズ 3
047 The Quickie 2007年 マイクル・レドウィッジ
048 You've Been Warned 2007年 ハワード・ローワン
049 Double Cross 2007年 アレックス・クロス・シリーズ 13
050 7th Heaven 2008年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 07
051 Maximum Ride: The Final Warning 2008年 マキシマム・ライド・シリーズ 4
052 あの頃、ティファニーで Sundays at Tiffany's 2008年 2008年12月 琴葉かいら ゴマ文庫 ガブリエル・シャーボネ英語版
053 Sail 2008年 ハワード・ローワン
054 The Dangerous Days of Daniel X 2008年 マイクル・レドウィッジ ダニエルXシリーズ 1
055 Against Medical Advice 2008年 ハル・フリードマン ノンフィクション
056 Cross Country 2008年 アレックス・クロス・シリーズ 14
057 Run for Your Life 2009年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 2
058 MAX: A Maximum Ride Novel 2009年 マキシマム・ライド・シリーズ 5
059 The 8th Confession 2009年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 08
060 Swimsuit 2009年 マキシン・ペトロ
061 Daniel X: Watch the Skies 2009年 ネッド・ラスト ダニエルXシリーズ 2
062 Alex Cross's Trial 2009年 リチャード・ディラロ英語版 アレックス・クロス・シリーズ 15
063 The Murder of King Tut 2009年 マーティン・デュガード英語版 ノンフィクション
064 I, Alex Cross 2009年 アレックス・クロス・シリーズ 16
065 Witch & Wizard 2009年 ガブリエル・シャーボネ ウィッチ&ウィザード 1
066 Worst Case 2010年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 3
067 Fang: A Maximum Ride Novel 2010年 マキシマム・ライド・シリーズ 6
068 Med Head 2010年 2010年刊"Against Medical Advice" を若年層向けに改稿したもの
069 The 9th Judgment 2010年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 09
070 Private 2010年 マキシン・ペトロ プライベート・シリーズ 01(ジャック・モーガン 1)
071 Daniel X: Demons and Druids 2010年 アダム・サドラー ダニエルXシリーズ 3
072 The Postcard Killers 2010年 リサ・マークルンド
073 Don't Blink 2010年 ハワード・ローワン
074 Cross Fire 2010年 アレックス・クロス・シリーズ 17
075 Witch & Wizard: The Gift 2010年 ネッド・ラスト ウィッチ&ウィザード 2
076 Tick Tock 2011年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 4
077 Angel: A Maximum Ride Novel 2011年 マキシマム・ライド・シリーズ 7
078 Bloody Valentine 2011年 K・A・ジョン イギリスとオーストラリアのみで発売
079 Toys 2011年 ニール・マクマホン
080 10th Anniversary 2011年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 10
081 Private London 2011年 マーク・ピアソン プライベート・シリーズ 02(プライベート・ロンドン 1)
イギリスとオーストラリアのみで発売(翌年アメリカでも発売)
082 Now You See Her 2011年 マイクル・レドウィッジ
083 Middle School: The Worst Years of My Life 2011年 クリス・ティベッツ ミドル・スクール・シリーズ 1
084 Boys Will Be Boys 2011年 "Guys Read: Thriller" 収録の短編
085 Daniel X: Game Over 2011年 ネッド・ラスト ダニエルXシリーズ 4
086 Kill Me If You Can 2011年 マーシャル・カープ
087 Kill Alex Cross 2011年 アレックス・クロス・シリーズ 18
088 クリスマス・ウェディング The Christmas Wedding 2011年 2012年11月 高橋恭美子 ヴィレッジブックス リチャード・ディラロ
089 Witch & Wizard: The Fire 2011年 ジル・デンボウスキ ウィッチ&ウィザード 3
090 Private: #1 Suspect 2012年 マキシン・ペトロ プライベート・シリーズ 03(ジャック・モーガン 2)
091 Private Games 2012年 マーク・サリヴァン プライベート・シリーズ 04(プライベート・ロンドン 2)
092 Guilty Wives 2012年 デヴィッド・エリス
093 11th Hour 2012年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 11
094 Middle School, Get Me Out of Here! 2012年 クリス・ティベッツ ミドル・スクール・シリーズ 2
095 I, Michael Bennett 2012年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 5
096 Nevermore: The Final Maximum Ride Adventure 2012年 マキシマム・ライド・シリーズ 8(最終巻)
097 Zoo 2012年 マイクル・レドウィッジ
098 Confessions of a Murder Suspect 2012年 マキシン・ペトロ コンフェッション・シリーズ 1
099 NYPD Red 2012年 マーシャル・カープ NYPDレッド・シリーズ 1
100 Daniel X: Armageddon 2012年 クリス・グラベンスタイン ダニエルXシリーズ 5
101 Merry Christmas, Alex Cross 2012年 アレックス・クロス・シリーズ 19
102 I Funny 2012年 クリス・グラベンスタイン I Funnyシリーズ 1
103 Private Berlin 2013年 マーク・サリヴァン プライベート・シリーズ 05(プライベート・ベルリン 1)
104 Witch & Wizard: The Kiss 2013年 ジル・デンボウスキ ウィッチ&ウィザード 4
105 Alex Cross, Run 2013年 アレックス・クロス・シリーズ 20
106 Middle School: My Brother Is a Big, Fat Liar 2013年 リーザ・パパデメトリュー英語版 ミドル・スクール・シリーズ 3
107 12th of Never 2013年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 12
108 Second Honeymoon 2013年 ハワード・ローワン
109 Middle School: How I Survived Bullies, Broccoli, and Snake Hill 2013年 クリス・ティベッツ ミドル・スクール・シリーズ 4
110 Mistress 2013年 デヴィッド・エリス
111 Treasure Hunters 2013年 マーク・シャルマン
クリス・グラベンスタイン
トレジャー・ハンター・シリーズ 1
112 Gone 2013年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 6
113 Confessions: The Private School Murders 2013年 マキシン・ペトロ コンフェッション・シリーズ 2
114 Cross My Heart 2013年 アレックス・クロス・シリーズ 21
115 I Even Funnier 2013年 クリス・グラベンスタイン
ローラ・パーク
I Funnyシリーズ 2
116 First Love 2014年 エミリー・ヘイスタンド
117 Private L.A. 2014年 マーク・サリヴァン プライベート・シリーズ 06(ジャック・モーガン 3)
118 Middle School: How I Got Lost I London 2014年 イギリスのみで発売
119 NYPD Red 2 2014年 マーシャル・カープ NYPDレッド・シリーズ 2
120 Middle School: Ultimate Showdown 2014年 ジュリア・バーゲン ミドル・スクール・シリーズ 5
121 Unlucky 13 2014年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 13
122 Invisible 2014年 デヴィッド・エリス
123 Middle School: Save Rafe 2014年 クリス・ティベッツ ミドル・スクール・シリーズ 6
124 Homeroom Diaries 2014年 リーザ・パパデメトリュー
125 Private Down Under 2014年 マイク・ホワイト プライベート・シリーズ 07(プライベート・ダウン・アンダー 1)
126 Treasure Hunters: Danger Down The Nile 2014年 クリス・グラベンスタイン トレジャー・ハンター・シリーズ 2
127 Burn 2014年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 7
128 Confessions: The Paris Mysteries 2014年 マキシン・ペトロ コンフェッション・シリーズ 3
129 Hope to Die 2014年 アレックス・クロス・シリーズ 22
130 House of Robots 2014年 クリス・グラベンスタイン
131 Witch & Wizard: The Lost 2014年 エミリー・レイモンド ウィッチ&ウィザード 5
132 Private India 2014年 アシュウィン・サンギ プライベート・シリーズ 08(ジャック・モーガン 4)
133 Private Vegas 2015年 マキシン・ペトロ プライベート・シリーズ 09(ジャック・モーガン 5)
134 I, Totally Funniest 2015年 クリス・グラベンスタイン I Funnyシリーズ 3
135 NYPD Red 3 2015年 マーシャル・カープ NYPDレッド・シリーズ 3
136 Public School Superhero 2015年 クリス・ティベッツ
137 Miracle At Augusta 2015年 ピーター・デ・ジョング 『17番グリーンの奇跡』の続編
138 14th Deadly Sin 2015年 マキシン・ペトロ ウィメンズ・マーダー・クラブ 14
139 Maximum Ride Forever 2015年 マキシマム・ライド・シリーズ 9
140 Truth or Die 2015年 ハワード・ローワン
141 Middle School: Just My Rotten Luck 2015年 クリス・ティベッツ ミドル・スクール・シリーズ 7
142 Daniel X: Lights Out 2015年 クリス・グラベンスタイン ダニエルXシリーズ 6
143 Alert 2015年 マイクル・レドウィッジ マイケル・ベネット・シリーズ 8
144 Treasure Hunters: Secret of the Forbidden City 2015年 クリス・グラベンスタイン トレジャー・ハンター・シリーズ 3
145 The Murder House 2015年 デヴィッド・エリス
146 Confessions: The Murder of an Angel 2015年 マキシン・ペトロ コンフェッション・シリーズ 4
147 Robots Go Wild! 2015年 クリス・グラベンスタイン ハウス・オブ・ロボッツ 2
148 Cross Justice 2015年 アレックス・クロス・シリーズ 23
149 I Funny TV 2015年 クリス・グラベンスタイン I Funnyシリーズ 4
150 Private Paris 2016年 マーク・サリヴァン プライベート・シリーズ 10(ジャック・モーガン 6)

映像化作品[編集]

テレビドラマ・テレビ映画
邦題 原題 製作年 概要
光と闇の十字架 Child of Darkness, Child of Light 1991年 原作:"Cradle & All"
Miracle on the 17th Green 1999年 原作:『17番グリーンの奇跡』。ロバート・ユーリック主演。
First to Die 2003年 原作:『1番目に死がありき』。トレイシー・ポラン主演。
スザンヌの日記 Suzanne's Diary for Nicholas 2005年 原作:同名作品。クリスティナ・アップルゲイト主演。
Women's Murder Club 2007年 アンジー・ハーモン主演。
あの頃、ティファニーで James Patterson's Sundays at Tiffany's 2010年 アリッサ・ミラノ主演。
ノンストップ・スリラー「暴走地区-ZOO-」 ZOO 2015年 原作:"ZOO"
映画
邦題 原題 製作年 概要
コレクター Kiss the Girls 1997年 原作:『キス・ザ・ガールズ』
スパイダー Along Came a Spider 2001年 原作:『多重人格殺人者』
バーニング・クロス Alex Cross 2012年 原作:"Cross"タイラー・ペリー主演。
マキシマム・ライド~翼ある者たち Maximum Ride 2013年 原作:"Maximum Ride: The Angel Experiment"
史上最悪の学園生活 Middle School: The Worst Years of My Life 2016年 原作:『ザ・ワースト中学生 人生で最悪の日々』

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “Author James Patterson giving $1M to independent bookstores”. USAトゥデイ. (2014年2月19日). http://www.usatoday.com/story/news/nation/2014/02/19/james-patterson-to-donate-1m/5627325/ 2014年2月20日閲覧。 
  2. ^ First author to sell more than 1 million e-books:
    On 6 July 2010, the Hachette Book Group announced that James Patterson (USA), creator of the Alex Cross and Women's Murder Club series of novels, was the first author to exceed one million sales in electronic books, moving 1.14 million units of his books for devices like Kindle and the iPad.
  3. ^ http://www.humanities360.com/index.php/james-patterson-biography-37316/
  4. ^ http://www.legacy.com/obituaries/wickedlocal-lexington/obituary.aspx?n=isabelle-patterson-morris&pid=138772919
  5. ^ a b Jeff Rivera (2010年11月24日). “SO WHAT DO YOU DO, JAMES PATTERSON, BESTSELLING NOVELIST?”. Mediabistro. 2014年10月18日閲覧。
  6. ^ a b James Patterson (2009年12月8日). “The Unexamined Life Examined In Mrs. Bridge. NPR. http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=120500589 2014年3月24日閲覧。 
  7. ^ Jonathan Mahler (2010年1月20日). “James Patterson Inc.”. The New York Times Magazine. http://www.nytimes.com/2010/01/24/magazine/24patterson-t.html?pagewanted=all&_r=0 2012年5月6日閲覧。 
  8. ^ Gaby Wood (2009年4月5日). ガーディアン”. ロンドン. http://www.guardian.co.uk/books/2009/apr/05/james-patterson-author-bestseller 2011年9月14日閲覧。 
  9. ^ James Patterson - The official web site”. 2014年3月24日閲覧。
  10. ^ a b JamesPatterson.com”. JamesPatterson.com. 2011年9月14日閲覧。
  11. ^ Jonathan Mahler (2010年1月20日). “James Patterson Inc.”. ニューヨーク・タイムズ. 2014年3月24日閲覧。
  12. ^ McGrath, Charles (2009年5月5日). “An Author's Collaborator Goes It Alone”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/05/05/books/05dejo.html 2010年5月5日閲覧。 
  13. ^ “James Patterson's Kentucky fried books”. ロンドン: The Telegraph. (2008年2月8日). http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1578012/James-Pattersons-Kentucky-fried-books.html. "Former advertising guru James Patterson, the most loaned author at British libraries last year, employs ghost writers to help pen the thrillers that make him $40m a year." 
  14. ^ Top 10 Ghostwritten Books”. AbeBooks.com. AbeBooks (2012年). 2010年5月5日閲覧。
  15. ^ Donahue, Deirdre; Wilson, Craig; Minzesheimer, Bob (2009年9月16日). “Book Buzz: What's new on the list and in publishing”. USAトゥデイ. http://www.usatoday.com/life/books/news/2009-09-16-book-buzz_N.htm 2010年5月5日閲覧。 
  16. ^ James Patterson Biography - Facts, Birthday, Life Story”. The Biography Channel. 2013年8月4日閲覧。
  17. ^ James Patterson: A life in writing”. The Guardian. 2013年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]