スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー
The SpongeBob SquarePants Movie
監督 ステファン・ヒーレンバーグ
脚本 ステファン・ヒーレンバーグ
デレク・ドライモン
ティム・ヒル
ケント・オズボーン
アーロン・スプリンガー
ポール・ティビット
製作 ステファン・ヒーレンバーグ
ジュリア・ピスター
デレク・ドライモン
アルビー・ヘクト
ジーナ・フェイ
出演者 デヴィッド・ハッセルホフ
トム・ケニー
音楽 グレゴール・ナーホルス
撮影 イェジー・ジェリンスキ
製作会社 ニコロデオン・ムービーズ
ユナイテッド・プランクトン・ピクチャーズ
バイアコム・インターナショナル
ラフ・ドラフトスタジオ
配給 アメリカ合衆国の旗フィリピンの旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗フィリピンの旗 2004年11月19日
日本の旗 2006年4月22日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
大韓民国の旗 大韓民国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $140,161,792[1]
次作 スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!
テンプレートを表示

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』(原題:The SpongeBob SquarePants Movie)は、2004年アメリカ合衆国アニメーション映画で『スポンジ・ボブ』の映画版。

日本での劇場公開時の邦題は『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ』。

あらすじ[編集]

カニカーニの店長・カーニの宿敵プランクトンがカーニバーガーのレシピを盗むため、通称「Z計画」を実行していた。そして、カニカーニ2号店の開店直後、「Z計画」によってカーニはネプチューン王の王冠を盗んだ犯人とされてしまった。陰謀を暴きネプチューン王の怒りからカーニを守るため、スポンジボブとその親友パトリックがネプチューン王の娘ミンディの協力を受けながら、6日間で「シェルシティ」から王冠を取り戻すことを約束する。しかし、それもプランクトンの計画のうちで、2人の後を追う残忍な殺し屋デニスがいた。

内容について、他にもサンディ、ラリー、パフ先生、パール(キャストが変わっているが、声優は不明)、ゲイリー(プランクトンに操られているとき、「プランクトン万歳」と言っていたが、声優は不明)などTVシリーズに登場した人物も出ているが、出番は少なめであり、ほとんどがプランクトンに操られている場面である。ビキニタウンはプランクトンに支配されプランクトンタウンになってしまうが、スポンジ・ボブの活躍で町の住民たちは助かる。バケツ帽子の全破壊後、プランクトンは逃げようとするがビキニタウンの住人達に踏み潰された。踏み潰された後は前述のせいで現行犯逮捕され、専用のパトカーに入れられ刑務所に連行された。

日本語版ではTVシリーズと一部声優が異なり、パトリック役は長嶝高士、プランクトン役はチョーが担当している。なお、TVシリーズでパトリック役を演じている谷育子もモンスター役でこの作品に出演している。

登場人物[編集]

声優と概要については、スポンジ・ボブの登場キャラクター一覧を参照。

主要人物[編集]

スポンジ・ボブ
本作の主人公。
パトリック
スポンジ・ボブの親友同士。今作や次作の映画としては、もう一人の主人公となっている。
イカルド
スポンジ・ボブとパトリックのお隣さん(又はスポンジ・ボブの仕事仲間)。
カーニ
カニカーニのオーナーのカニ。
プランクトン
カーニとはライバルであり、今作ではネプチューン王の王冠を盗んでいる。
サンディ
スポンジ・ボブの友達(又は空手仲間)。今作では出番が少なめであるが、次作の映画としては、本作のヒロインと見なしている。
ゲイリー
スポンジ・ボブのおとなしいペットであり、今作ではプランクトンに操られている。
パフ先生
スポンジ・ボブが通うボート教習所の先生であり、今作では出番が少なく、時々プランクトンに操られているシーンが見られる。

仲間[編集]

ネプチューン王
TVシリーズの各エピソードにも彼と同じ名前も登場しているが、性格と容姿が全然違う。今作では、プランクトンに王冠を盗まれ、それをカーニだと疑った。スポンジ・ボブに「6日以内に王冠を取り戻せ」と命じ、カーニを三叉槍のビームで冷凍にしてしまう。罪人にたいしてすぐに死刑を言い渡している。なお頭に毛がないのは、本人いわく「ハゲではなく艶やか」とのことである。今作では天狗のような鼻をしている王様である。髪型と眉毛と髭もTVシリーズと全然違う。武器は10000度の炎や冷凍ビームを発射する大きな三叉槍である(TVシリーズでは小型の三叉槍で、今作と同じようにすることはなかった)。その三叉槍は特集攻撃の物であり、最後はカーニを擬人化した男の子の姿にするシーンがある。
ミンディ姫
ネプチューン王の娘で、本人いわく「未来の女王」。

敵(通常)[編集]

フロイドとロイド
ガソリンスタンドの店員である二人組。特にスポンジ・ボブとパトリックのことを子供扱いにする。
酒場の魚たち
獰猛なサメやエビなど。青い自体で眼帯をつけているのがリーダー。「シャボンで遊ぶガキ共は魚の大人達にボコボコに打ちのめされるべし」という掟がある。声優は斉藤志郎、松野太紀、長嶝高士、納谷六朗、奥田啓人、辻親八などが担当している。

敵(冷酷な悪役)[編集]

殺し屋デニス
プランクトンに雇われた殺し屋。デヴィッド・ハッセルホフの背中の上でスポンジ・ボブと対戦するが、敗北した。
フラッグフィッシュ
シェルシティにあるアイスクリーム屋のお婆さん。接触した後は化けてしまう。
サイクロプス
スポンジ・ボブとパトリックの敵である殺し屋デニスを踏み潰してくれる謎の巨人であるが、スポンジ・ボブとパトリックを焼き殺してしまう。

その他[編集]

フィル
スポンジ・ボブの夢の中に登場。チーズ・バーガーを頼んだとき、チーズが入っていなかった。ちなみに、家族は妻と子供が二人。TVシリーズでは彼に似た魚も登場しているが、別人である。
グーフィー・グーバー・ウェイター
声:奥田啓人
落花生(ピーナッツ)の顔をした店員。
シェルシティのモンスター達
スポンジ・ボブ達と一緒に「僕らは大人」という歌を歌うモンスター。
干物
シェルシティの売り場にある水産物照明器具。最初は即死した状態で干されているが、スポンジ・ボブとパトリックの涙でコンセントプラグ感電し、感電した後はのような湯気が上昇し、無数のシャワーを浴びてスポンジ・ボブとパトリックが生き返り、即死した水産物もみんな生き返った。そして敵であるサイクロプスをボコボコに叩きのめした(ラッパギターバイオリンを持った演奏係である魚は攻撃をせず、演奏を流しているだけだった)。パトリックに似た海星も登場している。
デヴィッド・ハッセルホフ
ドラマ式な実写の人間。

キャスト[編集]

括弧内は、日本語吹き替え。

スタッフ[編集]

  • 原案/監督:ステファン・ヒーレンバーグ
  • 脚本:ステファン・ヒーレンバーグ/デレク・ドライモン/ティム・ヒル/ケント・オズボーン/アーロン・スプリンガー/ポール・ティビット
  • 音楽:グレゴール・ナーホルス
  • 撮影:イェジー・ジェリンスキ
  • 編集:リン・ホブソン
  • 字幕翻訳:桑原あつし
  • 吹替翻訳:石田淳子
  • 吹替演出:三好慶一郎
  • プロデューサー:ステファン・ヒーレンバーグ/ジュリア・ピスター/デレク・ドライモン/アルビー・ヘクト/ジーナ・フェイ
  • アニメーション監督:アラン・スマート
  • 製作:ニコロデオン・ムービーズ/ユナイテッド・プランクトン・ピクチャーズ/バイアコム・インターナショナル

出典[編集]

  1. ^ a b The SpongeBob SquarePants Movie (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2010年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]