RACING PROJECT BANDOH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社レーシングプロジェクトバンドウ
RACING PROJECT BANDOH
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都町田市小野路町1059
設立 1990年12月7日
業種 サービス業
事業内容 レーシングチーム運営 ほか
代表者 代表取締役社長 坂東正敬
資本金 1,000万円
従業員数 15名
関係する人物 坂東正明
外部リンク http://www.bandohracing.com/
テンプレートを表示
RACING PROJECT BANDOH
SUPER GTに参戦するWedsSport ADVAN RC F(2014年)
SUPER GTに参戦するWedsSport ADVAN RC F(2014年)
国籍 日本の旗 日本
本拠地 静岡県小山町
創設者 坂東正明
チーム代表 坂東正敬
活動期間 1990年 - 現在
カテゴリ JGTCSUPER GT
チームズ
タイトル
SUPER GT(GT300) 1(2009
ドライバーズ
タイトル
SUPER GT(GT300) 1(2009)
公式サイト RACING PROJECT BANDOH
2017年のSUPER GT (GT500)
エントリー名 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
レーサー 日本の旗 関口雄飛
日本の旗 国本雄資(Rd.1,3-8)
日本の旗 山下健太(Rd.2)
日本の旗 小林可夢偉(Rd.6)
マシン 19. WedsSport ADVAN LC500
タイヤ 横浜ゴム
2017年のSUPER GT (GT300)
エントリー名 TEAM UP GARAGE with BANDOH
レーサー 日本の旗 中山友貴
日本の旗 川端伸太朗
マシン 18. UP GARAGE BANDOH 86
タイヤ 横浜ゴム
テンプレートを表示

株式会社レーシングプロジェクトバンドウ: RACING PROJECT BANDOH)は、日本のレーシングチームである。運営母体は、自動車用パーツ販売会社の有限会社坂東商会。代表は坂東正明、監督は坂東正敬。代表の強烈な個性から「爆走坂東組」の異名をもつ。

概要[編集]

WedsSport ADVAN SC430(2011年)

1988年、坂東正明が坂東商会を設立し、1990年にレーシングプロジェクトバンドウを立ち上げた。「プライベートでワークスチームの前を走りたい[1]」というテーマのもと、ツーリングカーレース(いわゆるハコレース)の入門カテゴリーからトップカテゴリーまで精力的な活動を続けている。

これまで監督を務めてきた坂東正明は、2007年よりSUPER GTを運営するGTアソシエイション(GTA)内の「GTA委員会」委員長に就任したほか、2008年には株式会社化されたGTAの初代社長に就任したため、運営面に集中する必要性から監督の座は退くことになった。ただしチーム代表として、引き続きチームを見守ることとなっている。新たに監督としてチームを率いるのは息子の坂東正敬で、前年から既に監督代行を務めてきていたが、その翌年から正式に監督の座に就くこととなった。

全日本GT選手権・SUPER GTでの活躍[編集]

全日本GT選手権(現:SUPER GT)には1997年より、日産・シルビアでGT300クラスに参戦を開始。開幕戦(鈴鹿)で優勝を遂げた後、5戦連続表彰台を獲得(最終戦SUGOでも優勝)し、1点差でシリーズチャンピオン(織戸学福山英朗組)になる。

  • 1998年は、3戦欠場の後 第4戦から全日本ツーリングカー選手権(JTCC)で使用していたトヨタ・EXiVの主要コンポーネントを移植して作られたトヨタ・セリカで参戦。2.0L NAエンジンはリストリクターの装着を免除されていたものの動力性能はさほど高く無かったが、JTCC EXiV譲りの運動性能を武器に第5戦以降3戦連続表彰台を獲得し、シリーズ2位となった。同様の体制で参戦した1999年は、開幕戦(鈴鹿)で優勝を飾るも3点差で惜しくもシリーズ3位。2000年は、第3戦(菅生)で優勝するもシリーズ5位。
  • 2001年は、開幕戦を欠場した後 前年より他チームが使用していたトヨタ・MR-Sに車種を変更したが、極端に短いホイルベースの車体と2.0L ターボエンジンとがどちらもピーキーな特性を持ち、出入りの多いシーズンをおくることとなり、第5戦(もてぎ)で優勝するもシリーズ9位と低迷した。翌2002年は一度も表彰台を得ることが出来ず、シリーズ10位に終わった。
  • 2003年は、第2戦を欠場した後再びトヨタ・セリカを使用することとなった(開幕戦は前年のMR-S)。この車両は、前年までGT500クラスに参戦していたトヨタ・スープラの主要コンポーネントを移植して作られたため、市販車とは異なり後輪駆動である。第5戦(富士)と最終戦(鈴鹿)とで優勝し、シリーズ4位へと順位を上げた。しかし、登場後は改良が進まず、2004年は第2戦(菅生)で優勝するもシリーズ5位、2005年はシリーズ7位、2006年はシリーズ10位と、年々下位に沈むこととなった。さらに、元々使用されている主要部品(競技エンジン用シリンダーブロック/ヘッド、ギアボックス 等)は新たに制作されたものでは無く、他チームが順次参加を止めること(参加当初は3台、最終的には1台)でパーツの確保をしてきたが、ウォーターインジェクション廃止によるパワーダウンや車両の老朽化等戦闘力の低下は否めず、2007年第3戦(富士)ではエキゾーストマニホールドの破損から火災が発生し、何とか事なきを得たが、対応が遅ければ全焼していたかもしれない。そのような状況下でありながら、第5戦(菅生)では優勝を飾っている。この背景には、特認条件の変更でフロントリップスポイラーの延長やリアウイングをルーフトップの高さにすることが認められ、車両のパフォーマンスアップができたことにある。
  • 2008年は、第2戦まではセリカで参戦し、第3戦よりフォーミュラ・ニッポン用エンジン(RV8J)をミッドシップ搭載したレクサス・IS350に車両を変更した。メンテナンスはクエストで、TEAM TAKEUCHIのメンテナンスをつとめるシフトとは異なり、車両の完成は早かったようで、公式予選第1回で2位を獲得した。その後第4戦でも予選2位を獲得したが、決勝ではオープニングラップに他車に追突され、走行不能となりリタイア。第5戦ではポールを獲得したものの、決勝ではスターターの不調でピットアウトに時間を費やし優勝ならず。速さは証明できたものの肝心の結果が残せずにいた。第7戦では、練習走行でトップタイムを出したものの、車検で車両規定違反が見つかり予選タイムが無効となり最後尾スタートになり優勝は不可能かに見えたが、決勝では怒涛の追い上げを見せ最終的にはトップにまで浮上し、そのまま優勝。GT300クラスにおいて最後尾からの優勝は史上初となる。
  • 2014年のGT500では、脇阪寿一、関口雄飛をドライバーに迎えて参戦することが発表された。シーズンでは、車体デリバリーが遅かったこと等により序盤から苦戦が続いた。しかし、終盤以降には本選でも上位で争うなど復調を果たす。本シーズンでは、滑り易い路面で定評があり、第7戦のタイでの上位進出、最終戦のもてぎでのタイヤ無交換などで性能を発揮した。
  • 2015年は2011年から2014年いっぱいはGT500クラスのみ参戦をしていたが、新規各車両マザーシャーシを使用して2015年からGT300クラスに復帰をして両クラスに参戦をしている。2015年はGT500クラスに参戦をしているレクサス勢で唯一全レースでポイントを獲得をした。
  • 2016年、第7戦タイラウンドにてSUPER GT500クラスに移籍して初めての優勝をポールトゥウィン飾る。

参戦歴[編集]

開催年 クラス マシン ドライバー ドライバーズランキング
1997年 GT300 RS☆Rシルビア 日本の旗織戸学/日本の旗福山英朗 1位
1998年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗織戸学/イタリアの旗マッシミリアーノ・アンジェレッリ/日本の旗山本勝巳 2位
1999年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗織戸学/日本の旗原貴彦 3位
2000年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗脇阪薫一/日本の旗原貴彦 6位
2001年 GT300 ウェッズスポーツ MR-S 日本の旗田中実/日本の旗後藤聡 8位
2002年 GT300 ウェッズスポーツ MR-S 日本の旗田中実/日本の旗後藤聡 12位
2003年 GT300 ウェッズスポーツ MR-S(-Rd.2) 日本の旗青木孝行/日本の旗田中実 4位
ウェッズスポーツCELICA(Rd.3-)
2004年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗青木孝行/日本の旗谷口信輝 5位
2005年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗加藤寛規/日本の旗谷口信輝 7位
2006年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗松田晃司/日本の旗脇阪薫一 10位
2007年 GT300 ウェッズスポーツセリカ 日本の旗飯田章/日本の旗関口雄飛 10位
2008年 GT300 ウェッズスポーツセリカ(-Rd.2) 日本の旗織戸学/日本の旗阿部翼/日本の旗関口雄飛 12位
ウェッズスポーツIS350(Rd.3-)
2009年 GT300 ウェッズスポーツIS350 日本の旗織戸学/日本の旗片岡龍也 1位
2010年 GT300 ウェッズスポーツIS350 日本の旗織戸学/日本の旗片岡龍也 8位
2011年 GT500 WedsSport ADVAN SC430 日本の旗片岡龍也/日本の旗荒聖治 13位
2012年 GT500 WedsSport ADVAN SC430 日本の旗荒聖治/ポルトガルの旗アンドレ・クート/スコットランドの旗マリーノ・フランキッティ 9位
2013年 GT500 WedsSport ADVAN SC430 日本の旗荒聖治/ポルトガルの旗アンドレ・クート 13位
2014年 GT500 WedsSport ADVAN RC F 日本の旗脇阪寿一/日本の旗関口雄飛 15位
2015年 GT500 WedsSport ADVAN RC F 日本の旗脇阪寿一/日本の旗関口雄飛 11位
GT300 UP GARAGE BANDOH 86 日本の旗中山友貴/エストニアの旗マルコ・アスマー/日本の旗井出有治ニュージーランドの旗ニック・キャシディ/日本の旗佐々木孝太 30位
2016年 GT500 WedsSport ADVAN RC F 日本の旗関口雄飛/日本の旗国本雄資 4位
GT300 UP GARAGE BANDOH 86 日本の旗中山友貴/日本の旗山田真之亮 14位
2017年 GT500 WedsSport ADVAN LC500 日本の旗関口雄飛/日本の旗国本雄資/日本の旗小林可夢偉
GT300 UP GARAGE BANDOH 86 日本の旗中山友貴/日本の旗川端伸太朗

歴代レースクイーン一覧[編集]

Wedsのレースクイーンを歴代最多の3シーズン(2011・2013・2014)務めた佐野真彩(2016年2月・CP+にて)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概況 - RACING PROJECT BANDOH
  2. ^ #19 BANDOH 2011年度参戦体制概要 (PDF)
  3. ^ この年よりコスチュームのロゴがそれまでの「Weds Sport Racing Team with BANDOH」から「Weds Sport Super GT 500 Racing Team BANDOH」に変更された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]