佐藤公哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 公哉(さとう きみや、1989年10月5日 - )は、日本人レーシングドライバー兵庫県神戸市出身。

経歴[編集]

ジュニア/ミドルフォーミュラ[編集]

F3ユーロシリーズ参戦時(2011年)

4歳の頃よりカートレースを始める。1998年〜2002年には鈴鹿サーキットレーシングスクール (SRS-K) に所属。高校進学時に渡英し、2006年よりフォーミュラ BMW UKへ2年間参戦。

2008年にはNISMOのオーディションに合格し、ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム (NDDP) の一員としてフォーミュラチャレンジ・ジャパン (FCJ) に参戦し、シリーズランキング2位を獲得。2009年には全日本F3選手権ナショナルクラスにステップアップし、チーム・ノバで2年間を戦う(2009年はシリーズ2位)。日産からSUPER GT GT300クラスのオファーを受けたが、ヨーロッパでフォーミュラレースを続ける事を選びNDDPを離れる[1]

2011年にドイツのモトパーク・アカデミーからユーロF3に参戦し1勝。2012年には同チームよりドイツF3カップに参戦し、4勝してシリーズ3位を獲得。

2013年は元F1ドライバーの井上隆智穂がチームオーナーを務めるユーロノヴァよりAuto GPへ参戦[2]。前半戦3勝を挙げてチャンピオン争いを演じ、最終的に年間5勝・ランキング2位となった[3]

2014年はカンポスレーシングよりGP2へ参戦しながら、並行してユーロノヴァよりAuto GPにも参戦した。GP2ではマシンセッティングに苦しみ、7位入賞1回に終わる。一方、2年目のAuto GPでは年間最多勝記録を更新する6勝を挙げ、自身のキャリア初となるシリーズチャンピオンを獲得した[4]。この階級のミドルフォーミュラにおいて、日本人ドライバーが欧州でチャンピオンとなったのも初めてだった。

F1[編集]

F1シルバーストンテストにてザウバー・C32をドライブ

2013年7月、シルバーストンで行われたF1若手合同テストに参加し、ザウバーのマシンで走行した[5]。なお、このテスト機会のため資金難のザウバーへ25万ユーロを支払うと報道されたが[6]、佐藤側によると海外メディアが書きたてた誤報とのこと[1]。10月の日本GPではザウバーのリザーブドライバーに選ばれた。

SUPER GT[編集]

2015年から国内レースに復帰し、Team JLOCよりSUPER GTのGT300クラスに参戦。マシンはランボルギーニガヤルドウラカン

レース戦績[編集]

一覧[編集]

シリーズ 参戦チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント シリーズ順位
2006 フォーミュラ BMW UK Rowan Motorsport 20 0 0 0 0 39 10位
2007 フォーミュラ BMW UK Nexa Racing 18 1 1 1 1 510 4位
フォーミュラ BMW ワールドファイナル Team Loctite 1 0 0 0 0 N/A 13位
2008 フォーミュラチャレンジ・ジャパン 16 1 1 3 8 171 2位
フォーミュラ BMW パシフィック† Eurasia Motorsport 1 0 0 0 1 N/A N/P
2009 全日本F3選手権Nクラス Team Nova 16 3 2 2 10 89 2位
2010 全日本F3選手権Nクラス Team Nova 16 1 0 1 5 43 4位
マカオグランプリ Motopark Academy 1 0 0 0 0 N/A 24位
2011 フォーミュラ3・ユーロシリーズ Motopark Academy 27 1 0 0 2 86 10位
F3インターナショナル・トロフィー 6 0 0 0 0 7 9位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 12位
マスターズF3 1 0 0 0 0 N/A 12位
2012 ドイツF3 Lotus 27 4 3 7 12 86 3位
  • † – 順位外の特別選手として出走

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2009年 TEAM NOVA トヨタ N FSW1
4
FSW2
3
OKA1
3
OKA2
1
SUZ1
2
SUZ2
5
FSW1
4
FSW2
1
SUZ1
3
SUZ2
2
TRM1
5
TRM2
3
AUT1
2
AUT2
6
SUG1
1
SUG2
4
2位 89
2010年 N SUZ1
4
SUZ2
6
TRM1
Ret
TRM2
3
FSW1
3
FSW2
DSQ
FSW1
1
FSW2
3
TRM1
4
TRM2
7
OKA1
6
OKA2
5
SUG1
Ret
SUG2
2
AUT1
Ret
AUT2
Ret
4位 43

フォーミュラ3・ユーロシリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 DC ポイント
2011年 モトパーク・アカデミー ダラーラ・F308 VW LEC
1

Ret
LEC
2

6
LEC
3

8
HOC
1

Ret
HOC
2

12
HOC
3

10
ZAN
1

7
ZAN
2

1
ZAN
3

10
RBR
1

11
RBR
2

4
RBR
3

10
NOR
1

6
NOR
2

Ret
NOR
3

8
NUR
1

8
NUR
2

5
NUR
3

12
SIL
1

8
SIL
2

4
SIL
3

DSQ
VAL
1

8
VAL
2

2
VAL
3

9
HOC
1

Ret
HOC
2

7
HOC
3

9
10位 86

Auto GP World Series[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 Pos Points
2013年 ユーロノヴァ・レーシング MNZ
1

2
MNZ
2

1
MAR
1

3
MAR
2

3
HUN
1

1
HUN
2

6
SIL
1

6
SIL
2

1
MUG
1

Ret
MUG
2

4
NÜR
1

4
NÜR
2

1
DON
1

14
DON
2

5
BRN
2

4
BRN
2

1
2位 213
2014年 ユーロノヴァ・レーシング MAR
1
1
MAR
2
2
LEC
1
3
LEC
2
3
HUN
1
1
HUN
2
1
MNZ
1
MNZ
2
IMO
1
1
IMO
2
4
RBR
1
1
RBR
2
8
NÜR
1
1
NÜR
2
3
EST
1
EST
2
1位 221

GP2[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 順位 ポイント
2014年 カンポス・レーシング BHR
FEA

Ret
BHR
SPR

19
ESP
FEA

19
ESP
SPR

15
MON
FEA

15
MON
SPR

14
AUT
FEA

Ret
AUT
SPR

19
GBR
FEA

23
GBR
SPR

20
GER
FEA

GER
SPR

HUN
FEA

Ret
HUN
SPR

Ret
BEL
FEA

17
BEL
SPR

18
ITA
FEA

Ret
ITA
SPR

12
RUS
FEA

13
RUS
SPR

7
ABU
FEA

14
ABU
SPR

11
27位 2

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2015年 JLOC ランボルギーニ・ガヤルド GT3 FL2 GT300 OKA FSW
Ret
CHA
17
FSW
7
SUZ
4
SUG
18
AUT TRM
16
26位 4
2016年 ランボルギーニ・ウラカンGT3 GT300 OKA
13
FSW
8
SUG
22
FSW
19
SUZ
17
CHA
19
TRM
8
TRM
11
19位 6
2017年 GT300 OKA
11
FSW
4
AUT
18
SUG
19
FSW
12
SUZ
3
CHA
12
TRM
11
13位 21
2018年 GT300 OKA
12
FSW
16
SUZ
12
CHA
5
FSW
Ret
SUG
13
AUT
2
TRM
4
11位 29

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『GRAND PRIX Special 2013年8月号 (Vol.290) 』、ソニー・マガジンズ、2013年。
  2. ^ 2013 championship”. Euronova Racing. 2013年7月8日閲覧。
  3. ^ "佐藤公哉、チャンピオン獲得ならず (AUTO GP)". F1-Gate.com.(2013年10月7日)2013年10月6日閲覧。
  4. ^ "佐藤公哉、AUTO GPの今季チャンピオンを決める". オートスポーツweb. (2014年8月18日) 2016年2月26日閲覧。
  5. ^ "佐藤公哉 「初めてのF1カーは本当に驚きでした」". F1-Gate.com.(2013年7月20日)2013年8月10日閲覧。
  6. ^ "佐藤公哉、ザウバーからF1若手テスト参加との報道". TopNews.(2013年7月6日)2013年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]