舘信秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

舘 信秀(たち のぶひで、1947年3月23日 - )は、三重県出身の元レーシングドライバー実業家株式会社トムス代表取締役会長、TOYOTA TEAM TOM'S 代表。トヨタ・モータースポーツ・クラブ(TMSC)会長。

人物[編集]

信秀はレース活動における通り名であり、1960年代は本名の宗一(そういち)で活動していた[1]トヨタ自動車と専属契約を結んだ「ワークスドライバー」として、1960年代から1980年代にかけて活躍した。

1982年にレーシングドライバーを引退して以降は、自からが経営するレーシングチーム及び自動車チューニングパーツ製造会社であるトムスの運営に専念している。長男の舘信吾もレーサーだったが、1999年に全日本GT選手権のテスト中の事故で亡くなっている。

略歴[編集]

  • 1964年 - 立教高校在学中、学友と共にロッドベンダーズというレーシングチームを結成し、ジムカーナなどに出場[2]。ロッドベンダーズの仲間には、三村建治マキF1設計者)、小平基(後にTMSCに加入)、若松孝太郎などがいた。
  • 1965年 - 立教大学在学中にトヨタパブリカでレースデビュー。
  • 1968年 - トヨタ・モータースポーツ・クラブに入会。
  • 1971年 - トヨタ・ファクトリードライバーとしてトヨタ自動車と専属契約。
  • 1972年 - 日本グランプリ富士においてセリカにて優勝。
  • 1974年 - 株式会社トムスを設立し代表取締役社長に就任。
  • 1974年・1975年 - セリカをドライブしマカオグランプリのツーリングカーレース(ギアレース)を2連覇し、マカオの虎と呼ばれる[3]
  • 1982年 - 現役レーサーを引退し、チームオーナーに専念。
  • 1987年 - トヨタ自動車のモータースポーツ復帰により、トヨタ自動車のワークスチーム「トヨタ・チーム・トムス」の監督に就任。
トムスの中嶋一貴のマシン(スーパーフォーミュラ/2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 「日本レース史の断章 舘信秀[後編]」『ノスタルジック・ヒーロー 2012年8月号(通号152)』、芸文社、2012年
  2. ^ 当時は16歳で軽自動車免許が取得できた。
  3. ^ "マカオグランプリの歴史". ヨコハマタイヤ. 2016年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]