山路慎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山路 慎一
基本情報
フルネーム 山路 慎一(やまじ しんいち)
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本千葉県野田市
生年月日 1964年昭和39年)5月3日
没年月日 (2014-05-26) 2014年5月26日(50歳没)
日本の旗 日本静岡県駿東郡長泉町下長窪1007番地「静岡県立静岡がんセンター
所属チーム Team TAISAN(最終所属)
初戦 筑波サーキットプロダクションカーレース(1986年
最終勝利 2位入賞
最終戦 鈴鹿サーキットで開催された第10戦(2012年
テンプレートを表示

山路 慎一(やまじ しんいち、1964年昭和39年)5月3日 - 2014年平成26年)5月26日[1])は、日本の元・レーシングドライバー千葉県野田市出身。血液型A型。身長181cm。

経歴[編集]

1986年(昭和61年)、筑波サーキットプロダクションカーレースでデビュー。

1987年(昭和62年)には富士スピードウェイ JSSレースに参戦する。1990年には、富士フレッシュマンレースのRX-7クラスでシリーズチャンピオンを獲得。

1991年平成3年)からジュニアフォーミュラにステップアップし、フォーミュラ・トヨタフォーミュラ・ミラージュで好成績を残す。また、グループA仕様のカローラレビンJTCマカオGPのサポートレースであるギアレースにも参戦した。

1994年(平成6年)から2011年(平成23年)まで全日本GT選手権SUPER GTに参戦する(下記参照)。

2006年(平成18年)にはポルシェ・カレラカップアジアに参戦し、シリーズ2位を獲得。2012年(平成24年)にはポルシェ・カレラカップジャパンに参戦し、第2戦で優勝。鈴鹿サーキットで開催された第10戦(2位入賞)が最後のレースとなった。

2009年(平成21年)には神本寿と共に全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)の副審査員を務めたほか、2011年(平成23年)にはD1グランプリの審査体制変更に伴い正審査員に就任した。

晩年は富士スピードウェイの競技長を務めた。

かねてから闘病中だったが、2014年(平成26年)5月25日夜に体調を崩して入院。翌5月26日に静岡県立静岡がんセンターで急逝。50歳没。病名は明らかにされていない。

全日本GT選手権・SUPER GTでの活躍[編集]

1994年(平成6年)にRACING TEAM 中春からGT1(現在のGT500)クラスに参戦。初戦で2位入賞を果たす。

1996年(平成8年) - 1998年(平成10年)はRE雨宮からGT300クラスに参戦。優勝は1996年のオールスター戦のみだった。

1999年(平成11年)にはトムスに移籍してGT500クラスに参戦。1999年(平成11年)・2000年(平成12年)は思ったほどの活躍はなかったが、2001年(平成13年)には待望の初勝利を挙げる。2002年(平成14年)には土屋エンジニアリングに移籍したが、成績は芳しくなかった。

2003年(平成15年)にはGT300クラスに復帰し、最終戦まで柳田真孝らとシリーズチャンピオンを争った。2004年(平成16年)に古巣のRE雨宮に、2006年(平成17年)にタイサンに移籍し、2011年(平成23年)まで参戦を続けた。

1998年(平成10年)5月3日富士スピードウェイで開催された全日本GT選手権の第2戦フォーメーションラップ中の事故で太田哲也のマシンが爆発・炎上した際、最初に救助に向かったのはコースオフィシャルではなく彼であり、マシンをコース上に停車し車載の消火器で消火活動を行った[2]。なお、山路は直前のレースで太田から幅寄せされる形になり、結果的にコースアウト、リタイヤに追い込まれた上にマシンが全損、山路自身も激怒していたという経緯がある。いわば遺恨の相手だった太田を、私事を抜きにして救出した行動には、今なお賞賛の声が高い。

人物[編集]

  • 若い頃は暴走族であり、制服がブレザー中央学院高等学校に一人学ランリーゼントで登校していた。
  • 当時からコスモAP初代RX-7といったロータリーエンジン搭載車種を乗り継いでいたが、暴走族らしくいずれもタケヤリマフラーを装備していた。その事を『ビデオオプション』でネタにされ続け、「タケヤリ山路」の愛称が付けられていた。
  • 富士スピードウェイに初めて行った理由として上記のコスモAPやSA22Cをパドック裏の駐車場で見せびらかすために行ったらしい。
  • SA22Cに乗っていた時代には燃料代を節約するために軽油を給油していた。
  • 上記のRX-7に乗っていた頃、レーシングドライバーの袖山誠一と出会い、レーサーとして走ることを目指す。その後は雨宮勇美(RE雨宮代表)の元で活躍することになる。
  • 25歳だった1990年(平成2年)頃は、レースによる借金で切羽詰まっており、昼はガソリンスタンド、夜はレストランの厨房や24時間営業のゲームセンターの管理人等の仕事をし、体がボロボロでレースを続けられないような状況だった。しかし、「こんなに苦労してるんだから、速くなってみせるぞ」という信念が日増しに強くなり、結果的に富士フレッシュマンレースのRX-7クラスでチャンピオンを獲り、自分の大きなターニングポイントになったと語っている[3]

レース戦績[編集]

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1991年 Yours Sports R. 無限 SUZ FSW SUZ TSU SEN MIN TSU SUG SUZ
DNQ
SUZ NC 0
1992年 Juice Tree SUZ
22
TSU
DNQ
FSW
DNQ
SUZ
16
SEN TAI MIN SUG SUZ SUZ NC 0

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1991年(平成3年) Kawasho トヨタ・カローラレビン JTC-3 SUG SUZ TSU
Ret
SEN AUT FSW
4
1992年(平成4年) JTC-3 TAI AUT SUG SUZ
7
MIN TSU
5
SEN FSW
8
23位 15

全日本GT選手権,SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1994年(平成6年) RACING TEAM 中春 日産・スカイラインGT-R GT1 FSW
2
SEN
4
FSW
5
SUG
5
MIN
6
3位 47
1996年(平成8年) RE雨宮レーシング マツダ・RX-7 GT300 SUZ
Ret
FSW
9
SEN
3
MIN
3
SUG
5
MIN
6
6位 40
1997年(平成9年) GT300 SUZ
Ret
FSW
3
SEN
5
FSW
Ret
MIN
10
SUG
4
8位 31
1998年(平成10年) GT300 SUZ
Ret
FSW
C
SEN
3
FSW
5
TRM
Ret
MIN
9
SUG
6
10位 28
1999年(平成11年) マツモトキヨシ TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 SUZ
13
FSW
Ret
SUG
2
MIN
14
FSW
13
TAI
6
TRM
6
16位 27
2000年(平成12年) GT500 TRM
12
FSW
Ret
SUG
3
FSW
13
TAI
9
MIN
Ret
SUZ
7
14位 18
2001年(平成13年) TOYOTA TEAM TOM'S GT500 TAI
5
FSW
9
SUG
1
FSW
10
TRM
8
SUZ
4
MIN
9
6位 46
2002年(平成14年) 土屋エンジニアリング GT500 TAI
6
FSW
13
SUG
11
SEP
Ret
FSW
3
TRM
9
MIN
5
SUZ
7
15位 32
2003年(平成15年) TEAM TAISAN ADVAN ポルシェ・911 GT3R GT300 TAI
2
FSW
1
SUG
8
FSW
6
FSW
4
TRM
Ret
AUT
3
SUZ
9
3位 72
2004年(平成16年) RE雨宮レーシング マツダ・RX-7 GT300 TAI
11
SUG
4
SEP
1
TOK
10
TRM
Ret
AUT
1
SUZ
18
4位 55
2005年(平成17年) GT300 OKA
2
FSW
Ret
SEP
8
SUG
4
TRM
7
FSW
17
AUT
4
SUZ
12
9位 41
2006年(平成18年) TEAM TAISAN ADVAN ポルシェ・911 GT3RS GT300 SUZ OKA
8
FSW
7
SEP SUG FSW
8
18位 23
RE雨宮レーシング マツダ・RX-7 SUZ
4
910RACING WITH TEAM ISHIMATSU ポルシェ・911 GT3R TRM
14
AUT
2007年(平成19年) TEAM TAISAN with NISHIZAWA ポルシェ・911 GT3RS GT300 SUZ
11
OKA
3
FSW
19
SEP SUG SUZ TRM AUT FSW 21位 12
2008年(平成20年) GT300 SUZ
3
OKA
2
FSW
Ret
SEP
15
SUG
7
SUZ
5
TRM
4
AUT
15
FSW 8位 51
2011年(平成23年) Team TAISAN CINECITTA フェラーリ・F430 GT2 GT300 OKA
9
FSW
9
SEP SUG
12
SUZ
17
FSW
21
AUT TRM
Ret
18位 4

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
2006年(平成18年) 日本の旗 チーム・タイサン・アドバン 日本の旗 西澤和之
アメリカ合衆国の旗 フィリップ・コリン
ポルシェ・911 GT3RS GT2 291 22位 5位

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ JGTCで4勝。レーシングドライバー山路慎一が急逝”. オートスポーツweb. 株式会社サンズ (2014年5月26日). 2014年5月27日閲覧。
  2. ^ 大事故発生!! 1998 GT選手権 開幕戦 V OPT 053 ⑦ - YouTube ビデオオプション公式チャンネル 2019年5月17日
  3. ^ 週刊オートスポーツNO.858 2002年3/7号 68頁「レーサーのアルバムvol.4」より

外部リンク[編集]