2014年-15年のフォーミュラE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2014年–15年のフォーミュラEのシーズン
前年: 無し 翌年: 2015年-16

2014年-15年のフォーミュラEは、フォーミュラEの初年度のシーズン。

参戦チーム・ドライバー[編集]

FIAにより10チームのエントリーが認証された[1]。しかし、そのうちの1チームであるイギリスのドレイソン・レーシング[2]は参戦権を売却し、トゥルーリGPが参戦することになった。 またF1に参戦したスーパーアグリF1チームのチーム名を使用し、チーム国籍日本で参戦することが発表されていたスーパーアグリ・フォーミュラEチームは、メインスポンサーであるイギリスの保険大手アムリン英語版とのスポンサー契約上、チーム名をアムリン・アグリ・フォーミュラEチーム、国籍もイギリスに変更して参戦することになっていたが、第1戦北京大会の直前に、チーム国籍は日本に戻された[3]

エントラント 運営チーム No. ドライバー 参戦Rd. リザーブドライバー
日本の旗アムリン・アグリ・フォーミュラEチーム[4][5] チーム・アグリ 55 ポルトガルの旗アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ[6] 2-9 スイスの旗ファビオ・ライマー[7]
日本の旗佐藤琢磨[8] 1
日本の旗山本左近[9] 10-11
77 イギリスの旗キャサリン・レッグ[10] 1-2
メキシコの旗サルバドール・デュラン[11] 3-11
アメリカ合衆国の旗アンドレッティ・フォーミュラEチーム[12] アンドレッティ・オートスポーツ 27 フランスの旗フランク・モンタニー[13] 1-2 オーストラリアの旗マシュー・ブラバム[14]
フランスの旗ジャン=エリック・ベルニュ[15] 3-11
28 フランスの旗シャルル・ピック[14] 1
オーストラリアの旗マシュー・ブラバム 2-3
アメリカ合衆国の旗マルコ・アンドレッティ[16] 4
アメリカ合衆国の旗スコット・スピード[17] 5-8
イギリスの旗ジャスティン・ウィルソン[18] 9
スイスの旗シモーナ・デ・シルベストロ [19] 10-11
ドイツの旗アウディ・スポーツ・アプト・フォーミュラEチーム[20] アプト・スポーツライン 11 ブラジルの旗ルーカス・ディ・グラッシ[21] All
66 ドイツの旗ダニエル・アプト[21] All
中華人民共和国の旗チャイナ・レーシング・フォーミュラEチーム[22]
↓(変更)
中華人民共和国の旗NEXTEV TCR・フォーミュラEチーム
カンポス・レーシング[23] 99 ブラジルの旗ネルソン・ピケJr.[24] All スペインの旗アントニオ・ガルシア[25]
88 中華人民共和国の旗董荷斌[24] 1-2,4
スペインの旗アントニオ・ガルシア 3,9
フランスの旗シャルル・ピック[26] 5-8
イギリスの旗オリバー・ターベイ[27] 10-11
アメリカ合衆国の旗ドラゴン・レーシング・フォーミュラEチーム[28] ドラゴン・レーシング 07 ベルギーの旗ジェローム・ダンブロシオ[29] All
06 スペインの旗オリオール・セルビア[30] 1-4
フランスの旗ロイック・デュバル[31] 5-11
フランスの旗e.dams・ルノー・フォーミュラEチーム[32][33] DAMS 08 フランスの旗ニコラ・プロスト[33] All
09 スイスの旗セバスチャン・ブエミ[33] All
インドの旗マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム[34] カーリン・モータースポーツ[35] 05 インドの旗カルン・チャンドック[36] All
21 ブラジルの旗ブルーノ・セナ[36] All
スイスの旗トゥルーリ・フォーミュラEチーム[37] スーパーノヴァ・レーシング[38] 10 イタリアの旗ヤルノ・トゥルーリ[37] All
18 イタリアの旗ミケーラ・セルッティ[39] 1-4
イタリアの旗ビタントニオ・リウッツィ[40] 5-9
スイスの旗アレックス・フォンタナ[41] 10-11
モナコの旗ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム[42] ヴェンチュリー・グランプリ 23 ドイツの旗ニック・ハイドフェルド[43] All
30 フランスの旗ステファン・サラザン[43] All
イギリスの旗ヴァージン・レーシング・フォーミュラEチーム[44] ヴァージン・レーシング 03 スペインの旗ハイメ・アルグエルスアリ[45] 1-9
スイスの旗ファビオ・ライマー[46] 10-11
02 イギリスの旗サム・バード[45] All

開催スケジュール[編集]

2013年12月4日に正式カレンダーがFIAから発表された[47]が、その後再度スケジュールが変更され[1]てカレンダーが決定しないまま開幕を迎えた。最終的に全11レースが2014年9月から2015年6月にかけて開催された。

全レースは開催都市の一般道を使用した市街地サーキットで行われる。

Rd. レース名称 都市 開催日 周回数
1 Evergrande Spring Beijing ePrix 中華人民共和国の旗 中国 北京 2014年9月13日 26周†
2 Y Capital Management Putrajaya ePrix マレーシアの旗 マレーシア プトラジャヤ 2014年11月22日[48] 31周
3 Julius Baer Punta del Este ePrix ウルグアイの旗 ウルグアイ プンタ・デル・エステ 2014年12月13日 31周
4 Buenos Aires ePrix アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス 2015年1月10日 35周
5 Miami ePrix アメリカ合衆国の旗 アメリカ マイアミ 2015年3月14日 39周
6 Long Beach ePrix アメリカ合衆国の旗 アメリカ ロングビーチ[49] 2015年4月4日 39周
7 Monaco ePrix モナコの旗 モナコ モンテカルロ
モンテカルロ市街地コース
2015年5月9日 47周
8 DHL Berlin ePrix ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ベルリン・テンペルホーフ空港
2015年5月23日 33周
9 Moscow ePrix ロシアの旗 ロシア モスクワ[50] 2015年6月6日 35周
10 Visa London ePrix イギリスの旗 イギリス ロンドン 2015年6月27日 29周
11 2015年6月28日[51] 29周
  • †印はフォーメーションラップを含む

過去に予定されたイベント[編集]

  • 2013年9月27日発表の暫定カレンダー[52]では第3戦は香港での開催予定だったが最終的にキャンセルされた。
  • 正式カレンダーでは2014年11月15日にブラジルのリオデジャネイロで開催予定だったがキャンセルされた。
  • 正式カレンダーからロサンゼルスの日程が変更[1]、もともとのロサンゼルスの開催日のイベントは未定に変更。
  • ロサンゼルスで開催予定だったが近郊のロングビーチに開催地が変更[49]

結果[編集]

レース[編集]

Rd. レース名 ポールポジション ファステストラップ 勝者 優勝エントラント 詳細
1 中華人民共和国の旗北京 フランスの旗ニコラ・プロスト 日本の旗佐藤琢磨 ブラジルの旗ルーカス・ディ・グラッシ ドイツの旗アウディ・スポーツ・アプト 詳細
2 マレーシアの旗プトラジャヤ フランスの旗ニコラ・プロスト スペインの旗ハイメ・アルグエルスアリ イギリスの旗サム・バード イギリスの旗ヴァージン・レーシング 詳細
3 ウルグアイの旗プンタ・デル・エステ フランスの旗ジャン=エリック・ベルニュ ドイツの旗ダニエル・アプト スイスの旗セバスチャン・ブエミ フランスの旗e.dams・ルノー 詳細
4 アルゼンチンの旗ブエノスアイレス スイスの旗セバスチャン・ブエミ イギリスの旗サム・バード ポルトガルの旗アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ 日本の旗アムリン・アグリ 詳細
5 アメリカ合衆国の旗マイアミ フランスの旗ジャン=エリック・ベルニュ ブラジルの旗ネルソン・ピケJr. フランスの旗ニコラ・プロスト フランスの旗e.dams・ルノー 詳細
6 アメリカ合衆国の旗ロングビーチ ドイツの旗ダニエル・アプト フランスの旗ニコラ・プロスト ブラジルの旗ネルソン・ピケJr. 中華人民共和国の旗チャイナ・レーシング 詳細
7 モナコの旗モンテカルロ スイスの旗セバスチャン・ブエミ フランスの旗ジャン=エリック・ベルニュ スイスの旗セバスチャン・ブエミ フランスの旗e.dams・ルノー 詳細
8 ドイツの旗ベルリン イタリアの旗ヤルノ・トゥルーリ ブラジルの旗ネルソン・ピケJr. ベルギーの旗ジェローム・ダンブロシオ アメリカ合衆国の旗ドラゴン・レーシング 詳細
9 ロシアの旗モスクワ フランスの旗ジャン=エリック・ベルニュ スイスの旗セバスチャン・ブエミ ブラジルの旗ネルソン・ピケJr. 中華人民共和国の旗チャイナ・レーシング 詳細
10 イギリスの旗 ロンドン スイスの旗セバスチャン・ブエミ ブラジルの旗ルーカス・ディ・グラッシ スイスの旗セバスチャン・ブエミ フランスの旗e.dams・ルノー 詳細
11 フランスの旗ステファン・サラザン イギリスの旗サム・バード イギリスの旗サム・バード イギリスの旗ヴァージン・レーシング 詳細

ドライバーズ・チャンピオンシップ[編集]

上位10台とポールポジション及びファステストラップには以下のポイントが加算される。 全11戦中ベストの10戦のポイントの合計でランキングを決める、有効ポイント制。

順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位  PP FL
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 3 2

(略号と色の意味はこちらを参照

順位 ドライバー BEI
中華人民共和国の旗
PUT
マレーシアの旗
PDE
ウルグアイの旗
BUE
アルゼンチンの旗
MIA
アメリカ合衆国の旗
LBH
アメリカ合衆国の旗
MON
モナコの旗
BER
ドイツの旗
MSC
ロシアの旗
LON
イギリスの旗
Pts
1 ブラジルの旗ネルソン・ピケJr. 8 Ret 2 3 5 1* 3* 4* 1 5* 7* 144
2 スイスの旗セバスチャン・ブエミ Ret 3 1 Ret 13 4 1 2* 9* 1 5* 143
3 ブラジルの旗ルーカス・ディ・グラッシ 1* 2 3 Ret 9 3 2 EX 2 4 6 133
4 ベルギーの旗ジェローム・ダンブロシオ 6 5 8 14 4 6 5 1 11 2 2 113
5 イギリスの旗サム・バード 3 1 Ret 7 8 Ret* 4 8 Ret 6 1 103
6 フランスの旗ニコラ・プロスト 12 4 7 2 1 14 6 10 8 7 10 89
7 フランスの旗ジャン=エリック・ベルニュ 14†* 6* 18†* 2* Ret* 7 4 3 16 70
8 ポルトガルの旗アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ 8 Ret 1 6 7 9 11 7 51
9 フランスの旗ロイック・デュバル 7 9 Ret 3 15* 8 3 42
10 ブラジルの旗ブルーノ・セナ Ret* 14†* 6 5* Ret* 5 Ret 17 16 16 4 40
11 ドイツの旗ダニエル・アプト 10 10 15 13† 3 15 Ret 14 5 Ret 11 32
12 ドイツの旗ニック・ハイドフェルド 13† EX* 10* 8* 12 11 10 5 3 13 Ret 31
13 スペインの旗ハイメ・アルグエルスアリ 11 9 5 4 11 8 Ret 12 13 30
14 フランスの旗ステファン・サラザン 9 12 Ret 10 Ret 10 7 6 14 10 15 22
15 アメリカ合衆国の旗スコット・スピード 2 Ret 12 13 18
16 フランスの旗フランク・モンタニー 2 EX 18
17 インドの旗カルン・チャンドック 5 6 13 Ret 14 12 13 18 12 12 13 18
18 フランスの旗シャルル・ピック 4 17 16 8 15* 16
19 スペインの旗オリオール・セルビア 7 7 9 9 16
20 イタリアの旗ヤルノ・トゥルーリ Ret 1 4 Ret 15 Ret 11 19 18* 15 Ret 15
21 メキシコの旗サルバドール・デュラン 16* EX 10* Ret Ret* 16 6 17 8 13
22 イギリスの旗オリバー・ターベイ 9* 9* 4
23 イタリアの旗ビタントニオ・リウッツィ 16 13 NC 9 17 2
24 日本の旗佐藤琢磨 Ret 2
25 イギリスの旗ジャスティン・ウィルソン 10 1
26 中華人民共和国の旗ホーピン・タン 16 11 11 0
27 スイスの旗シモーナ・デ・シルベストロ 11 12 0
28 スペインの旗アントニオ・ガルシア 11 19 0
29 イタリアの旗ミケーラ・セルッティ 14 Ret 12 Ret 0
30 アメリカ合衆国の旗マルコ・アンドレッティ 12 0
31 オーストラリアの旗マシュー・ブラバム 13 Ret 0
32 スイスの旗ファビオ・ライマー 14 Ret 0
33 スイスの旗アレックス・フォンタナ Ret 14 0
34 イギリスの旗キャサリン・レッグ 15* 15* 0
35 日本の旗山本左近 Ret* Ret 0
順位 ドライバー BEI
中華人民共和国の旗
PUT
マレーシアの旗
PDE
ウルグアイの旗
BUE
アルゼンチンの旗
MIA
アメリカ合衆国の旗
LBH
アメリカ合衆国の旗
MON
モナコの旗
BER
ドイツの旗
MSC
ロシアの旗
LON
イギリスの旗
Pts

太字 - ポールポジション斜体 - ファステストラップ、* - ファンブースト
† 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

チーム・チャンピオンシップ[編集]

全11戦のポイントが有効。

順位 エントラント 車番 BEI
中華人民共和国の旗
PUT
マレーシアの旗
PDE
ウルグアイの旗
BUE
アルゼンチンの旗
MIA
アメリカ合衆国の旗
LBH
アメリカ合衆国の旗
MON
モナコの旗
BER
ドイツの旗
MSC
ロシアの旗
LON
イギリスの旗
Pts
1 フランスの旗e.dams・ルノー 8 12 4 7 2 1 14 6 10 8 7 10 232
9 Ret 3 1 Ret 13 4 1 2* 9* 1 5*
2 アメリカ合衆国の旗ドラゴン・レーシング 7 6 5 8 14 4 6 5 1 11 2 2 171
6 7 7 9 9 7 9 Ret 3 15* 8 3
3 ドイツの旗アウディ・スポーツ・アプト 11 1* 2 3 Ret 9 3 2 EX 2 4 6 165
66 10 10 15 13† 3 15 Ret 14 5 Ret 11
4 中華人民共和国の旗NEXTEV TCR 99 8 Ret 2 3 5 1* 3* 4* 1 5 7* 152
88 16 11 11 11 17 16 8 15* 19 9 9*
5 イギリスの旗ヴァージン・レーシング 3 11 9 5 4 11 8 Ret 12 13 14 Ret 133
2 3 1 Ret 7 8 Ret* 4 8 Ret 6 1
6 アメリカ合衆国の旗アンドレッティ 27 2 15 14†* 6* 18†* 2 Ret* 7 4 3 16 119
28 4 13 Ret 12 2 Ret 12 13 10 11 12
7 日本の旗アムリン・アグリ 55 Ret 8 Ret 1 6 7 9 11 7 Ret Ret 66
77 15* 16* 16* EX 10* Ret Ret* 16 6 17 8
8 インドの旗マヒンドラ・レーシング 5 5 6 13 Ret 14 12 13 17 16 16 4 58
21 Ret* 14†* 6 5* Ret* 5* Ret 18 12 12 13
9 モナコの旗ヴェンチュリー 23 13† EX* 10* 8* 12 11 10 5 3 13 Ret 53
30 9 12 Ret 10 Ret 10 7 6 14 10 15
10 スイスの旗トゥルーリ 10 Ret 17 4 Ret 15 Ret 11 19 18* 15 Ret 17
18 14 Ret 12 Ret 16 13 NC 9 17 Ret 14
順位 エントラント 車番 BEI
中華人民共和国の旗
PUT
マレーシアの旗
PDE
ウルグアイの旗
BUE
アルゼンチンの旗
MIA
アメリカ合衆国の旗
LBH
アメリカ合衆国の旗
MON
モナコの旗
BER
ドイツの旗
MSC
ロシアの旗
LON
イギリスの旗
ポイント

参照[編集]

  1. ^ a b c World Motor Sport Council - Friday 11 April, Marrakech”. 国際自動車連盟 (2014年4月11日). 2014年4月13日閲覧。
  2. ^ “ドレイソン・レーシング、フォーミュラEへの参戦を発表”. F1-Gate.com. (2013年1月11日). http://f1-gate.com/formula_e/fe_17782.html 2013年12月10日閲覧。 
  3. ^ Web魚拓-フォーミュラE参戦リスト 2014年9月8日閲覧
  4. ^ “「スーパーアグリ」が復活!フォーミュラEに参戦へ”. AutoSports Web. (2013年11月1日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=52351 2013年11月1日閲覧。 
  5. ^ “フォーミュラE:スーパーアグリ、“アムリン・アグリ”に改名”. F1-Gate.com. (2014年6月28日). http://f1-gate.com/superaguri/amlin_24202.html 2014年6月28日閲覧。 
  6. ^ “アムリン・アグリFE、ダ・コスタ起用を発表”. AutoSports Web. (2014年7月3日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=58010 2014年7月5日閲覧。 
  7. ^ “佐藤琢磨、アムリン・アグリからフォーミュラEに参戦決定!”. F1-Gate.com. (2014年9月11日). http://f1-gate.com/sato/formulae_24968.html 2014年9月12日閲覧。 
  8. ^ “琢磨、アムリン・アグリからFE開幕戦に参戦決定!”. AutoSports Web. (2014年9月11日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=59823 2014年9月11日閲覧。 
  9. ^ “山本左近、アムリン・アグリからフォーミュラEに参戦”. F1-Gate.com. (2015年6月6日). http://f1-gate.com/sakon/formulae_27391.html 2015年6月8日閲覧。 
  10. ^ “スーパーアグリFEがレッグ起用を発表。新体制に”. AutoSports Web. (2014年6月27日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=57909 2014年6月28日閲覧。 
  11. ^ “アグリFE、初の南米戦にメキシコ人ドライバー起用”. AutoSports Web. (2014年12月10日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=62078 2014年12月10日閲覧。 
  12. ^ “アンドレッティ・オートスポート、フォーミュラEへの参戦を発表”. F1-Gate.com. (2013年7月19日). http://f1-gate.com/formula_e/andretti_20190.html 2013年12月10日閲覧。 
  13. ^ “元スーパーアグリのモンタニーがフォーミュラEに参戦”. AutoSports Web. (2014年5月30日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=57108 2014年5月31日閲覧。 
  14. ^ a b “フォーミュラE:アンドレッティ、シャルル・ピックの起用を発表”. F1-Gate.com. (2014年9月13日). http://f1-gate.com/formula_e/andretti_24983.html 2014年9月13日閲覧。 
  15. ^ “ベルヌがフォーミュラE参戦”. ESPN F1. (2014年12月9日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/187001.html 2014年12月9日閲覧。 
  16. ^ “マルコ・アンドレッティ、フォーミュラEに挑戦”. AutoSports web. (2015年1月3日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=62403 2015年1月5日閲覧。 
  17. ^ “スコット・スピード、アンドレッティからフォーミュラEに参戦”. F1-Gate.com. (2015年3月6日). http://f1-gate.com/formula_e/news_26502.html 2015年3月7日閲覧。 
  18. ^ “Justin Wilson to race for Andretti in Moscow”. FIA Formula-e Championship. (2015年5月27日). http://www.fiaformulae.com/en/news/2015/may/justin-wilson-to-race-for-andretti-in-moscow.aspx 2015年5月30日閲覧。 
  19. ^ “De Silvestro to race in Visa London ePrix”. FIA Formula-e Championship. (2015年6月14日). http://www.fiaformulae.com/en/news/2015/june/de-silvestro-to-race-in-london-eprix.aspx 2015年6月17日閲覧。 
  20. ^ “アプトがフォーミュラEに参戦。アウディも支援”. AutoSports Web. (2013年11月17日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=6&no=52828 2013年12月10日閲覧。 
  21. ^ a b “アウディ・スポーツABT、ルーカス・ディ・グラッシとダニエル・アプトを発表”. F1通信. (2014年2月14日). http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51930615.html 2014年2月14日閲覧。 
  22. ^ “チャイナ・レーシング、フォーミュラEに参戦”. F1通信. (2013年5月7日). http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51890288.html 2013年12月10日閲覧。 
  23. ^ “フォーミュラE:カンポスがチャイナ・レーシングを運営”. F1-Gate.com. (2014年7月22日). http://f1-gate.com/formula_e/news_24494.html 2014年9月12日閲覧。 
  24. ^ a b “ピケJrとホー-ピン・タン、フォーミュラEに参戦”. AutoSports web. (2014年8月21日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=59260 2014年9月4日閲覧。 
  25. ^ “フォーミュラE:チャイナ、ネルソン・ピケJr.とホーピン・タンを起用”. F1-Gate.com. (2014年8月21日). http://f1-gate.com/formula_e/news_24949.html 2014年9月12日閲覧。 
  26. ^ “Pic returns to Formula E with China Racing”. FIA Formula-e Championship. (2015年3月12日). http://www.fiaformulae.com/en/news/2015/march/charles-pic-replaces-ho-pin-tung-at-china-racing.aspx 2015年3月14日閲覧。 
  27. ^ “Turvey gets NEXTEV TCR drive”. FIA Formula-e Championship. (2015年6月18日). http://www.fiaformulae.com/en/news/2015/june/turvey-gets-nextev-tcr-drive.aspx 2015年6月19日閲覧。 
  28. ^ “ドラゴン・レーシング、フォーミュラEへの参戦を発表”. F1-Gate.com. (2013年9月26日). http://f1-gate.com/formula_e/dragon_21021.html 2013年12月10日閲覧。 
  29. ^ “ダンブロジオがドラゴンと契約。ピケJr.はテスト参加”. AutoSports web. (2014年7月24日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=58645 2014年7月25日閲覧。 
  30. ^ “マイク・コンウェイ、フォーミュラE参戦を断念”. AutoSports Web. (2014年9月5日). http://f1-gate.com/formula_e/news_24953.html 2014年9月9日閲覧。 
  31. ^ “今週末のFE第4戦にロイック・デュバルが参戦”. AutoSports Web. (2015年3月10日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=63708 2015年3月11日閲覧。 
  32. ^ “プロスト、フォーミュラE参戦の『e.dams』を指揮”. AutoSports Web. (2013年10月25日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=52152 2013年10月25日閲覧。 
  33. ^ a b c “フォーミュラE:e.dams、セバスチャン・ブエミとニコラ・プロストを起用”. F1-Gate.com. (2014年7月1日). http://f1-gate.com/formula_e/edams_24229.html 2014年7月1日閲覧。 
  34. ^ “インドのマヒンドラ、フォーミュラEに参戦”. AutoSports Web. (2013年11月28日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=53171 2013年12月10日閲覧。 
  35. ^ Watkins, Gary (2014年7月1日). “Super Nova to run TrulliGP Formula E team”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/114747 2014年7月11日閲覧。 
  36. ^ a b “セナとチャンドックが再会、マヒンドラからFE参戦”. AutoSports web. (2014年5月26日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=57035 2014年5月26日閲覧。 
  37. ^ a b “トゥルーリが代表兼ドライバーでフォーミュラEに参戦”. AutoSports web. (2014年6月18日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=57622 2014年6月19日閲覧。 
  38. ^ “トゥルーリGP、スーパーノバにチーム運営を委託”. AutoSports web. (2014年7月2日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=57999 2014年9月12日閲覧。 
  39. ^ “フォーミュラE:トゥルーリGP、ミケーラ・セルッティを起用”. F1-Gate.com. (2014年7月1日). http://f1-gate.com/formula_e/trulligp_24230.html 2014年7月1日閲覧。 
  40. ^ “リウッツィ、フォーミュラE第5戦に急きょ参戦決定”. AUTO SPORT web. (2015年3月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=63770 2015年3月14日閲覧。 
  41. ^ “Alex Fontana gets Trulli call-up”. FIA Formula-e Championship. (2015年6月25日). http://www.fiaformulae.com/en/news/2015/june/alex-fontana-gets-trulli-call-up.aspx 2015年6月27日閲覧。 
  42. ^ “レオナルド・ディカプリオ、フォーミュラEチームを設立”. F1-Gate.com. (2013年12月10日). http://f1-gate.com/formula_e/f1_21936.html 2013年12月10日閲覧。 
  43. ^ a b “ハイドフェルド&サラザンがフォーミュラEに参戦”. AutoSports Web. (2014年6月27日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=57887 2014年6月28日閲覧。 
  44. ^ “ヴァージン、フォーミュラEへの参戦を発表”. F1-Gate.com. (2013年12月5日). http://f1-gate.com/virgin/fe_21907.html 2013年12月10日閲覧。 
  45. ^ a b “元STRのアルグエルスアリがフォーミュラEに参戦”. AutoSports Web. (2014年5月13日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=56663 2014年5月13日閲覧。 
  46. ^ “Leimer replaces Alguersuari for London”. FIA Formula-e Championship. (2015年6月23日). http://www.fiaformulae.com/en/news/2015/june/leimer-replaces-alguersuari-for-london.aspx 2015年6月24日閲覧。 
  47. ^ World Motor Sport Council The final 2013 meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (4 December) in Paris, France.”. 国際自動車連盟 (2013年12月4日). 2013年12月6日閲覧。
  48. ^ フォーミュラE、第2戦マレーシアの日程を変更”. F1-Gate.com (2014年8月2日). 2014年8月2日閲覧。
  49. ^ a b フォーミュラE、ロングビーチでレースを開催”. F1-Gate.com (2014年5月23日). 2014年5月24日閲覧。
  50. ^ フォーミュラEモスクワ開催が決定”. AUTO SPORT web (2015年2月4日). 2015年2月5日閲覧。
  51. ^ フォーミュラE最終戦ロンドンは2レース開催”. F1-Gate.com (2015年2月19日). 2015年2月20日閲覧。
  52. ^ World Motor Sport Council A meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (27 September) in Dubrovnik, Croatia.”. 国際自動車連盟 (2013年9月27日). 2013年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]