ルーカス・ディ・グラッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はツッチ第二姓(父方の)はディ・グラッシです。
ルーカス・ディ・グラッシ
Lucas di Grassi Paris EGP 2016 winner-cropped.JPG
ディ・グラッシ (2016年パリeプリ)
基本情報
フルネーム ルーカス・ツッチ・ディ・グラッシ
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 同・サンパウロ
生年月日 (1984-08-11) 1984年8月11日(32歳)
F1での経歴
活動時期 2010
過去の所属チーム '10 ヴァージン
出走回数 19 (18スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2010年バーレーンGP
最終戦 2010年アブダビGP
テンプレートを表示

ルーカス・ツッチ・ディ・グラッシLucas Tucci di Grassi , 1984年8月11日 - )ブラジル・サンパウロ出身のレーシングドライバー。 身長179cm、体重74kg。

経歴[編集]

カート

1997年から2001年は世界各国のカート選手権に参戦。パンアメリカン選手権チャンピオン、南米選手権チャンピオン、ブラジル選手権チャンピオンと、完全制覇する。

ブラジルフォーミュラルノー

2002年はブラジルフォーミュラルノーで2位。

南米F3

2003年は南米F3に参戦。選手権2位。

イギリスF3

2004はイギリスF3に参戦。選手権8位。この年からルノー・ドライバー・ディベロップメント・プログラムに入る。

ユーロF3

2005年はユーロF3に参戦して選手権3位。その後、マカオグランプリに参戦して総合優勝を果たす。

GP2

2006年からGP2に参戦。2006年はデュランゴチームより参戦。初年度はランキング16位で終える。2007年はARTグランプリから参戦。この年急成長しランキング2位に入る。2008年は第4戦からバルワインターナショナル・カンポスチームから参戦し、初め3戦を欠場していたのにもかかわらずランキング3位となる。この年ついにルノーF1チームのサードドライバーになる。2009年は、レーシング・エンジニアリングから参戦しランキング3位となる。

F1

2008年にルノーのサードドライバーになり、2008年のオフシーズンにホンダのテストに参加。しかしホンダが撤退したためレギュラードライバーのシートは得られず。2009年はGP2に参戦していたが、シーズン中にネルソン・ピケがチームを離脱、サードドライバーのロマン・グロージャンがレギュラードライバーに昇格したためサードドライバーに復帰した。

2009年12月15日、ヴァージン・レーシングと契約したことを発表。2010年のF1世界選手権に参戦することになった。開幕2戦はマシントラブルでリタイアに終わった。第3戦マレーシアGPでは、マシンの燃料タンクの設計にミスがあったために終盤ペースを落としての走行ではあったが自身初となる完走(14位)を果たした。第9戦ヨーロッパGPでは予選で初めてチームメイトのティモ・グロックより前のグリッドを獲得すると、決勝でもグロックより前の17位でフィニッシュした。第16戦日本GPでは久しぶりに予選でグロックの前につけたものの、決勝スタート前のレコンサンスラップ中にクラッシュしスタートできずに終わった。

2011年は本人曰く「スポンサー不足が理由」でヴァージンのシートをジェローム・ダンブロシオに奪われてしまったとのこと[1]。他チームのシートを得ることは出来なかったが、ピレリのテストドライバーに就任した。

フォーミュラE

2013年には、翌年よりシリーズ発足が予定されているフォーミュラEの開発ドライバーに就任し、初年度のワンメイクマシンである「SRT_01E」のテストを担当している[2]

2014年から開幕したFIA フォーミュラE選手権に、アウディ・スポーツ・アプト・フォーミュラEチームから参戦。初戦の北京ePでは最終25周目の最後のコーナーで前を走っていた2車がクラッシュした隙にトップでゴール、フォーミュラE初めての勝者となり、以降も頻繁に表彰台に上がる活躍を見せる。第8戦のベルリンGPも優勝、年間チャンピオン争いから頭一つ抜け出したかに見えたが、レース後の車検で違反ウィングの使用が発覚、失格となりこのレースでの得点を失う。これが影響して初年度は年間3位に終わった。

リベンジを誓う翌15-16シーズンも序盤から好調で第2戦プトラジャヤePで優勝し序盤4戦ですべて表彰台に上がる。ルノー・e.damsセバスチャン・ブエミとランキング争いでも優位に立っていた。しかし第5戦メキシコePでも優勝したかと思いきや、レース後の車検にて最低重量を下回ったとして失格となってしまった。その後は2連勝・3位・4位と得点は重ねるがこの失格が響き、同じく3勝を上げていたブエミに最終戦でポールポジションを取られた事でついに同点に並ばれてしまう。迎えた決勝はスタート直後の1コーナーでブエミと接触、両者揃ってポイント圏外でのレースを強いられる。タイトル争いはファステストラップの2ポイントを巡る戦いとなったが、ブエミの出したタイムを自身含め誰も最後まで塗り替えることが出来ず、わずか2ポイント差でまたもチャンピオンの座を逃してしまった。

エピソード[編集]

  • 同じブラジル出身のブルーノ・セナとは親友で、ともにトライアスロンに参加したこともある。そのときのチーム名は2人のニックネームを合わせた"Ribs Fat"(あばらの脂肪)。セナがゴーカートで肋骨をすべて骨折したことがあり、グラッソがイタリア語で脂肪の意味であることから、そのようになったらしい[3]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2002 フォーミュラ・ルノー2.0 ブラジル Gフォース・モータースポーツ 10 2 1 0 6 137 2位
2003 フォーミュラ3・スダメリカーナ アヴァロン・モータースポーツ 12 1 3 0 11 164 2位
フォーミュラ3・ユーロシリーズ プレマ・パワーチーム 4 0 0 0 0 5 21位
2004 イギリス・フォーミュラ3 ハイテック・レーシング 24 2 3 0 6 130 8位
バーレーン・スーパープリ 1 0 0 0 0 N/A 19位
マカオグランプリ 1 0 0 0 1 N/A 3位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 N/A 5位
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3カップ 1 0 0 0 0 N/A 6位
2005 フォーミュラ3・ユーロシリーズ マノー・モータースポーツ 19 1 2 1 6 68 3位
マカオグランプリ 1 1 0 0 1 N/A 1位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 1 N/A 3位
フォーミュラ1 マイルドセブン・ルノーF1チーム テストドライバー
2006 GP2シリーズ デュランゴ 20 0 0 0 0 8 17位
2007 ARTグランプリ 21 1 0 0 7 77 2位
フォーミュラ1 ING・ルノーF1チーム テストドライバー
2008 GP2シリーズ バルワ・インターナショナル・カンポス・チーム 14 3 0 2 6 63 3位
フォーミュラ1 ING・ルノーF1チーム テストドライバー
ホンダ・レーシング・F1チーム
2009 GP2シリーズ レーシング・エンジニアリング 20 1 1 2 8 63 3位
フォーミュラ1 ING・ルノーF1チーム テストドライバー
2010 ヴァージン・レーシング 19 0 0 0 0 0 24位
2011 ピレリ テストドライバー
2012 FIA 世界耐久選手権 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト 1 0 0 1 1 15 22位
シティ・オブ・ドリームズ・マカオ・GTカップ AFコルセ 1 0 0 0 0 N/A 17位
ニュルブルクリンク24時間レース デール・モータースポーツ 1 0 0 0 0 N/A NC
インターナショナル・V8・スーパーカーズ・チャンピオンシップ テクノ・オートスポーツ 2 0 0 0 0 0 NC
2013 FIA 世界耐久選手権 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト 2 0 0 0 2 45 9位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 1 N/A 3位
アメリカン・ル・マン・シリーズ 1 0 0 0 1 0 NC
2014 FIA 世界耐久選手権 8 0 0 0 4 117 4位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 1 N/A 2位
ストックカー・ブラジル イピランガ-RCM 1 0 0 0 0 0 NC
2014-15 フォーミュラE アウディ・スポーツ ABT 11 1 0 1 6 133 3位
2015 FIA 世界耐久選手権 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト 8 0 0 0 1 99 4位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 0 N/A 4位
ストックカー・ブラジル イピランガ-RCM 1 0 0 0 0 0 NC
2015-16 フォーミュラE アプト・シェフラー・アウディ・スポーツ 10 3 0 0 7 153 2位
2016 FIA 世界耐久選手権 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト 9 2 3 0 6 147.5 2位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 1 N/A 3位
アウディ・スポーツ・TTカップ N/A 2 1 0 2 2 0 NC
ストックカー・ブラジル イピランガ-RCM 1 0 0 1 0 0 NC
2016-17 フォーミュラE アプト・シェフラー・アウディ・スポーツ 3 0 1 0 2 46 2位*
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

フォーミュラ3・ユーロシリーズ[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2003年 プレマ・パワーチーム ダラーラ F303/022 スピース-オペル HOC
1
HOC
2
ADR
1

14
ADR
2

18
PAU
1

9
PAU
2

4
NOR
1
NOR
2
LMS
1
LMS
2
NÜR
1
NÜR
2
A1R
1
A1R
2
ZAN
1
ZAN
2
HOC
1
HOC
2
MAG
1
MAG
2
21位 5
2005年 マノー・モータースポーツ ダラーラ F305/025 メルセデス HOC
1

Ret
HOC
2

DNS
PAU
1

5
PAU
2

7
SPA
1

DSQ
SPA
2

3
MON
1

7
MON
2

5
OSC
1

1
OSC
2

2
NOR
1

5
NOR
2

6
NÜR
1

2
NÜR
2

Ret
ZAN
1

Ret
ZAN
2

Ret
LAU
1

8
LAU
2

3
HOC
1

2
HOC
2

Ret
3位 68

GP2[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 DC ポイント
2006年 デュランゴ VAL
FEA

17
VAL
SPR

16
IMO
FEA

Ret
IMO
SPR

Ret
NÜR
FEA

18
NÜR
SPR

13
CAT
FEA

12
CAT
SPR

9
MON
FEA

11
SIL
FEA

Ret
SIL
SPR

EX
MAG
FEA

7
MAG
SPR

6
HOC
FEA

Ret
HOC
SPR

Ret
HUN
FEA

13
HUN
SPR

Ret
IST
FEA

5
IST
SPR

9
MNZ
FEA

10
MNZ
SPR

14
17位 8
2007年 ARTグランプリ BHR
FEA

5
BHR
SPR

Ret
CAT
FEA

3
CAT
SPR

3
MON
FEA

5
MAG
FEA

2
MAG
SPR

4
SIL
FEA

4
SIL
SPR

4
NÜR
FEA

2
NÜR
SPR

6
HUN
FEA

4
HUN
SPR

4
IST
FEA

1
IST
SPR

11
MNZ
FEA

13
MNZ
SPR

4
SPA
FEA

3
SPA
SPR

3
VAL
FEA

Ret
VAL
SPR

13
2位 77
2008年 バルワ・インターナショナル・カンポスチーム CAT
FEA

CAT
SPR

IST
FEA

IST
SPR

MON
FEA

MON
SPR

MAG
FEA

2
MAG
SPR

4
SIL
FEA

2
SIL
SPR

2
NÜR
FEA

5
NÜR
SPR

Ret
HUN
FEA

1
HUN
SPR

10
VAL
FEA

4
VAL
SPR

1
SPA
FEA

20
SPA
SPR

5
MNZ
FEA

1
MNZ
SPR

11
3位 63
2009年 レーシング・エンジニアリング CAT
FEA

Ret
CAT
SPR

10
MON
FEA

4
MON
SPR

4
IST
FEA

8
IST
SPR

1
SIL
FEA

2
SIL
SPR

19
NÜR
FEA

7
NÜR
SPR

Ret
HUN
FEA

2
HUN
SPR

3
VAL
FEA

19
VAL
SPR

Ret
SPA
FEA

3
SPA
SPR

Ret
MNZ
FEA

3
MNZ
SPR

2
ALG
FEA

3
ALG
SPR

15
3位 63

F1[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2010年 ヴァージン VR-01 コスワース CA2010 2.4 V8 BHR
Ret
AUS
Ret
MAL
14
CHN
Ret
ESP
19
MON
Ret
TUR
19
CAN
19
EUR
17
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
18
BEL
17
ITA
20
SIN
15
JPN
DNS
KOR
Ret
BRA
NC
ABU
18
24位 0

(key)

  •  : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

ツーリングカー・レーシング[編集]

V8スーパーカー[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 最終順位 ポイント
2012年 テクノ・オートスポーツ ホールデン VE・コモドア ADE
R1
ADE
R2
SYM
R3
SYM
R4
HAM
R5
HAM
R6
BAR
R7
BAR
R8
BAR
R9
PHI
R10
PHI
R11
HID
R12
HID
R13
TOW
R14
TOW
R15
QLD
R16
QLD
R17
SMP
R18
SMP
R19
SAN
Q
SAN
R20
BAT
R21
SUR
R22

11
SUR
R23

DNS
YMC
R24
YMC
R25
YMC
R26
WIN
R27
WIN
R28
SYD
R29
SYD
R30
NC 0

(key)

  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。

ストックカー・ブラジル[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ランク ポイント
2014年 イピランガ-RCM シボレー・ソニック INT
1

Ret
SCZ
1
SCZ
2
BRA
1
BRA
2
GOI
1
GOI
2
GOI
1
CAS
1
CAS
2
CUR
1
CUR
2
VEL
1
VEL
2
SCZ
1
SCZ
2
TAR
1
TAR
2
SAL
1
SAL
2
CUR
1
NC 0
2015年 GOI
1

5
RBP
1
RBP
2
VEL
1

VEL
2

CUR
1
CUR
2
SCZ
1
SCZ
2
CUR
1
CUR
2
GOI
1
CAS
1
CAS
2
BRA
1
BRA
2
CUR
1
CUR
2
TAR
1
TAR
2
INT
1
NC 0
2016年 CUR
1

14
VEL
1
VEL
2
GOI
1
GOI
2
SCZ
1
SCZ
2
TAR
1
TAR
2
CAS
1
CAS
2
INT
1
GOI
1
GOI
2
CUR
1
CUR
2
GOI
1
GOI
2
CDC
1
CDC
2
INT
1
NC 0

FIA 世界耐久選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ランク ポイント
2012年 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト LMP1 アウディ・R18 e-tron クワトロ アウディ TDI 3.7L Turbo V6 (Hybrid Diesel) SEB SPA LMS SIL SÃO
3
BHR FUJ SHA 22位 15
2013年 SIL SPA
3
LMS
3
SÃO COA FUJ SHA BHR 9位 45
2014年 アウディ TDI 4.0L Turbo V6 (Hybrid Diesel) SIL
Ret
SPA
2
LMS
2
COA
2
FUJ
5
SHA
5
BHR
5
SÃO
3
4位 117
2015年 SIL
5
SPA
7
LMS
4
NÜR
4
COA
3
FUJ
4
SHA
4
BHR
6
4位 99
2016年 アウディ・R18 アウディ TDI 4.0L Turbo Diesel V6 (Hybrid) SIL
Ret
SPA
1
LMS
3
NÜR
2
MEX
15
COA
2
FUJ
2
SHA
5
BHR
1
2位 147.5

ル・マン24時間[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス順位
2013年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト スペインの旗 マルク・ジェネ
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1 347 3位 3位
2014年 デンマークの旗 トム・クリステンセン
スペインの旗 マルク・ジェネ
LMP1-H 376 2位 2位
2015年 フランスの旗 ロイック・デュバル
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
LMP1 392 4位 4位
2016年 フランスの旗 ロイック・デュバル
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
アウディ・R18 372 3位 3位

フォーミュラE[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2014年-15年 アウディ・スポーツ・アプト スパーク-ルノー・SRT 01E BEI
1+
PUT
2
PDE
3
BNA
Ret
MIA
9
LBH
3
MON
2
BER
DSQ
MOS
2+
LON
4
LON
6
3位 133
2015年-16年 アプト・シェフラー・アウディ・スポーツ スパーク-アプト・シェフラー・FE01 BEI
2
PUT
1
PDE
2
BNA
3+
MEX
DSQ+
LBH
1+
PAR
1
BER
3
LON
4+
LON
Ret+
2位 153
2016年-17年 スパーク-アプト・シェフラー・FE02 HKG
2+
MAR
5+
BNA
3+
MEX
MON
PAR
BER
BRU
NYC
NYC
MTR
MTR
2位* 46*

脚注[編集]

外部リンク[編集]