ヘルムート・マルコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘルムート・マルコ
Helmut Marko
Helmut Marko Austrian GP 2016 (cropped).jpg
レッドブル時代
2016年オーストリアグランプリ
基本情報
国籍  オーストリア
出身地 シュタイアーマルク州グラーツ
生年月日 (1943-04-27) 1943年4月27日(79歳)
F1での経歴
活動時期 1971-1972
所属チーム '71 マクラーレン
'71-'72 BRM
出走回数 10 (9スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1971年ドイツGP
最終戦 1972年フランスGP
テンプレートを表示

ヘルムート・マルコHelmut Marko1943年4月27日 - )は、オーストリア出身の元レーシングドライバー、実業家法学博士

若き日はF1耐久レースの分野で活躍し、ル・マン24時間レースの優勝実績を持つ。引退後はモータースポーツ裏方の道へ進み、2000年代から母国のF1コンストラクター「レッドブル・レーシング」の顧問に就いている。

略歴[編集]

レーサーとしての経歴[編集]

若き日のマルコ(1970年)
カイマン・チーム時代の同僚たち(2009年、左からエリック・ブレインズベルクニキ・ラウダヘルムート・マルコカート・バーグマン

一つ年上の友人だった後のF1世界王者ヨッヘン・リントと共に、在学中からモータースポーツの世界に関わるようになる。

ポルシェ・ザルツブルクチームのフォーミュラ・Veeからキャリアをスタートさせ、卒業の翌年、25歳の1968年にはカイマン・チームに移籍し、オーストリア・チャンピオンに輝く。1969年のカイマンでは家族に内緒でキャリアをスタートさせていて、2着、優勝と好成績を出したニキ・ラウダと同僚だった。この年にはF3にも参戦し、スポーツカーレースにも進出し、マルティーニ・レーシングから出場した1970年のル・マン24時間レースでは総合3位に入選。クラスでは1位を獲得している。

1971年8月15日の母国グランプリでF1デビューを果たすが[1]、6歳年下のラウダも同日のF1デビュー戦となる。

BRMのレギュラーシートを確保し、1972年にかけて最終的に10戦のF1レースに参戦するも、選手権ポイントの獲得はならなかったが、この翌年のBRMのレギュラーシートには、ラウダが座る。

マルコが駆った ル・マン24時間優勝車「ポルシェ917K」

1971年の耐久レースでは前年に引き続きル・マン24時間レースに参戦。マルティニ-ポルシェ・917Kを操りジィズ・ヴァン・レネップと組んで総合優勝を果たした。このレースで更新された走行距離記録の5335.313 kmは、2010年に破られるまで長らく保持された。

1972年タルガ・フローリオでは、安全上の懸念があるにもかかわらず、数分の遅れを取り戻すため、ファステストラップを更新して追い上げたが、最終的には数秒差で敗れ2位となった。このとき、同5月21日にマルコがアルファロメオ・ティーポ 33で記録した33分41秒(平均128.253km/h)は、720kmのレース中のラップタイムとしてはタルガ・フローリオ史上最速記録である[2][3]

だが数週間後の7月2日、クレルモン・フェランで開催されたF1 1972年フランスグランプリで、縁石のないコーナーをカットした前車エマーソン・フィッティパルディのマシンが小石を跳ね上げ、これが後ろを走る彼のバイザーを突き抜けて目に当たった。失明こそ逃れたがレーシングに必要な視力は戻らず、その年でレーシングドライバーとしてのキャリアは終了した[4]

ドライバー引退後[編集]

1967年に法学博士号を取得し弁護士の資格も持っていたので、レースキャリア終了後はグラーツ近郊に2つのホテルを開くが、その後もモータースポーツとの関係は継続的なものだったようである。後のゲルハルト・ベルガーカール・ヴェンドリンガーのマネージャーとして良く知られているが、ベルガーのモータースポーツキャリアに関しては決定的な役割を果たした。see also (1982年の終わりころ、それまで直接面識のない人物がベルガーを訪ねてきた。云々)

1990年から、F3F3000のチーム、RSMマルコの運営を開始し、1996年にはヨルグ・ミューラー国際F3000選手権でチャンピオンを獲得した。

そして、RSMマルコはドリンクメーカーのレッドブルが運営する若手ドライバー育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」に化けてマルコはその責任者となり、セバスチャン・ベッテルらを育てた。

2004年11月のジャガーチーム買収直後からチームの役員として登記されているが、この時期のディレクターは、マルコと、ディートリヒ・マテシッツと、COOのダニー・バハール(Dany Bahar(英語))であり、バハールの2007年3月のフェラーリへの移動[5]後に漸くにして、クリスチャン・ホーナーがディレクター職に就任する。

この間、バハールは企業のビジネス開発とブランディングを担当し、レッドブル メディア ハウスの創設を主導した。

この時期のホーナーは、ディレクター職では無いチーム代表で、レースチームのオペレーションに専念していた。

マルコのF1レッドブル・レーシングアドバイザー職の自称は、自身が独裁者であることを隠蔽するための隠れ蓑に過ぎない[6]

現在でも、PU開発凍結を目指した山本雅史マルコとの陰謀はこの両者間で隠密裏に企画進行され、ホーナーには後で伝えられたという。

国際F3000 年度別成績[編集]

選手権 チーム 国籍 車体 エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 D.P D.C T.P T.C
1990 国際F3000 オーストリアの旗 RSMマルコ オーストリアの旗オーストリア ローラ

T90/50

フォード・

コスワース

A DON SIL PAU JER MNZ PER HOC BRH BIR BUG NOG 2 13th
39 オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー DNQ 14 DNQ Ret Ret 5 DNQ 10 9 2 21th
39 ドイツの旗 エレン・ローア DNQ 0 NC
1991 国際F3000 オーストリアの旗 RSMマルコ オーストリアの旗オーストリア レイナード

91D

フォード・

コスワース

A VLL PAU JER MUG PER HOC BRH SPA BUG NOG 6 9th
39 オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー 5 Ret 3 Ret Ret 6 12th
1992年-1995年:「RSMマルコ」は競技せず
1996 国際F3000 オーストリアの旗 RSMマルコ オーストリアの旗オーストリア ローラ

T96/50

Zytek A NÜR PAU PER HOC SIL SPA MAG EST MUG HOC 57 2nd
11 オーストリアの旗 オリバー・ティッヒー 11 DNQ 6 Ret Ret 8 Ret Ret 7 3 5 10th
33 ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー 2 1 2 2 Ret 1 3 2 2 Ret 52 1st
1997 国際F3000 オーストリアの旗 RSMマルコ オーストリアの旗オーストリア ローラ

T96/50

Zytek A SIL PAU HEL NÜR PER HOC A1R SPA MUG JER 40.5 2nd
1 オーストラリアの旗 クレイグ・ラウンズ 14 Ret Ret Ret 4 Ret Ret Ret 21 9 3 17th
2 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ Ret 1 Ret 4 11 5 1 DSQ 3 1 37.5 2nd
1998年:「RSMマルコ」は競技せず
1999 国際F3000 オーストリアの旗 RSMマルコ

/ Red Bull

Junior Team

オーストリアの旗オーストリア ローラ

B99/50

Zytek A IMO MON CAT MAG SIL A1R HOC HUN SPA NÜR 3 15th
39 ブラジルの旗 エンリケ・ベルノルディ 9 15 Ret 12 20 Ret 5 8 DNQ DNQ 2 18th
40 オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー DNQ DNQ DNQ 0 NC
ブラジルの旗 リカルド・マウリシオ DNQ DNQ 15 DNQ 9 6 Ret 1 22nd
2000 国際F3000 オーストリアの旗 Red Bull

Junior Team F3000

オーストリアの旗オーストリア ローラ

B99/50

Zytek A IMO SIL CAT NÜR MON MAG A1R HOC HUN SPA 9 9th
15 ブラジルの旗 リカルド・マウリシオ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 3 7 4 17th
16 ブラジルの旗 エンリケ・ベルノルディ Ret 4 Ret Ret Ret 23 14 6 6 10 5 16th
2001 国際F3000 オーストリアの旗 Red Bull

Junior Team F3000

オーストリアの旗オーストリア ローラ

B99/50

Zytek A INT IMO CAT A1R MON NÜR MAG SIL HOC HUN SPA MNZ 22 5th
17 オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー Ret 5 8 Ret 13 10 4 19 11 4 10 Ret 8 13th
18 スペインの旗 アントニオ・ガルシア Ret 16 10 Ret 0 NC
ブラジルの旗 リカルド・マウリシオ 6 5 Ret 7 17 2 3 6 14 8th
2002 国際F3000 オーストリアの旗 Red Bull

Junior Team

オーストリアの旗オーストリア ローラ

B02/50

Zytek A INT IMO CAT A1R MON NÜR SIL MAG HOC HUN SPA MNZ 23 5th
9 オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー 10 5 11 5 2 4 7 7 Ret 6 16 Ret 14 10th
10 ブラジルの旗 リカルド・マウリシオ 3 Ret 4 15 7 9 Ret 10 Ret 11 5 Ret 9 11th
2003 国際F3000 オーストリアの旗 Red Bull

Junior Team

オーストリアの旗オーストリア ローラ

B02/50

Zytek A IMO CAT A1R MON NÜR MAG SIL HOC HUN MNZ 75 2nd
16 イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ 4 Ret 4 Ret 2 4 3 4 9 4 39 4th
17 オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー 2 Ret Ret 11 5 3 1 2 36 5th
オーストリアの旗 ベルンハルト・アウインガー 11 9 0 NC
    
1999 国際F3000 フランスの旗 Cica

Team Oreca

フランスの旗フランス ローラ

B99/50

Zytek A IMO MON CAT MAG SIL A1R HOC HUN SPA NUR 15 7th
24 フランスの旗 ソエイル・アヤリ Ret Ret 10 8 4 2 12 4 Ret 4 15 7th
23 フランスの旗 グレゴール・デ・ガルザイン DNQ DNQ DNQ DNQ 0 NC
2000年

RSMマルコが吸収

ドイツの旗 アレックス・ミュラー DNQ DNQ DNQ DNQ 0 NC
フランスの旗 スティーブ・イエス DNQ 0 NC
フランスの旗 ロマン・デュマ DNQ 0 NC
1999 国際F3000 イギリスの旗 European

Edenbridge Racing

イギリスの旗イギリス ローラ

B99/50

Zytek A IMO MON CAT MAG SIL A1R HOC HUN SPA NUR 4 13th
17 イギリスの旗 オリバー・ギャビン 12 4 DNQ DNQ 14 DNQ DNQ DNQ 9 8 3 16th
18 イギリスの旗 ジェイミー・デーヴィス 7 13 7 DNQ 12 DNQ 9 12 12 6 1 21th
2000 国際F3000 イギリスの旗 European

Arrows F3000

イギリスの旗イギリス ローラ

B99/50

Zytek A IMO SIL CAT NUR MON MAG A1R HOC HUN SPA 21 5th
25 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー 3 1 Ret Ret Ret 16 4 3 9 16 21 3rd
European Minardi の前身 26 オランダの旗 クリスチャン・アルバース Ret Ret 12 Ret Ret 7 Ret DNQ Ret 8 0 25th

年度別成績[編集]

F1[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

エントラント 車体 エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 WDC 得点
1971 マクラーレン
エキュリー・ボニエ
M7C フォード コスワース
DFV 3.0 V8
G RSA ESP MON NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA NC 0
オーストリアの旗 マルコ DNS
ヤードレー・チーム
・BRM
P153 BRM P142
3.0L V12
F 11 Ret 12
P160 13
1972 マールボロ・BRM F ARG RSA ESP MON BEL FRA GBR GER AUT ITA CAN USA NC 0
P153 BRM P142
3.0L V12
オーストリアの旗 マルコ 10 14
P153B 8 10
P160B Ret


ル・マン24時間[編集]

チーム No コ・ドライバー 車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
出典
1970年 ドイツの旗 マルティーニ・インターナショナル・レーシング・チーム 27 オーストリアの旗 ルディ・リンス ポルシェ・908/02 LH P3.0 335 3位 1位 [7]
1971年 22 オランダの旗 ジィズ・ヴァン・レネップ ポルシェ・917K S5.0 397 1位 1位 [8]
1972年 イタリアの旗 アウトデルタSpA 17 イギリスの旗 ヴィック・エルフォード アルファロメオ・ティーポ33TT3 S3.0 232 DNF DNF [9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ F1デビューから50年、遂に母国の表彰台の頂点に立ったヘルムート・マルコ博士”. TopNews (2021年6月28日). 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ Targa Florio (1906 - 1977)” (英語). 2008年6月30日閲覧。
  3. ^ 56^ TARGA FLORIO” (英語、イタリア語). 2008年6月30日閲覧。
  4. ^ “トップ10:オールドサーキット”. ESPN F1. (2010年6月10日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/19718.html 2011年9月23日閲覧。 
  5. ^ Bahar confirmed at Ferrari”. grandprix.com. 2022年12月10日閲覧。
  6. ^ レッドブル、ミック・シューマッハのジュニアプログラム勧誘を除外”. F1-Gate.com (2018年12月15日). 2018年12月25日閲覧。
  7. ^ Le Mans Register - 1970”. F2 Register. 2015年7月25日閲覧。
  8. ^ Le Mans Register - 1971”. F2 Register. 2015年7月25日閲覧。
  9. ^ Le Mans Register - 1972”. F2 Register. 2015年7月25日閲覧。
タイトル
先代
ハンス・ヘルマン
リチャード・アトウッド
ル・マン24時間優勝者
1971 with:
ジィズ・ヴァン・レネップ
次代
アンリ・ペスカロロ
グラハム・ヒル