BRM・P57

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BRM・P57は、トニー・ラッドによって設計されたBRMF1マシン。

概要[編集]

BRM・P57(ドライバーはグラハム・ヒル

1962年シーズン用に開発され、、グラハム・ヒルのみシーズンを通して使用し、リッチー・ギンザー車のみ第3戦から投入された。エンジンは自社製V型8気筒を搭載。

成績[編集]

マシンの完成度が非常に高く、エースのヒルが9戦中4勝をマークし、ドライバーズタイトル、コンストラクターズタイトル獲得に貢献した。

1963年シーズンも引き続き使用され、ヒルが2勝を記録しているが、ロータスジム・クラークがシーズン7勝と差をつけられ、ランキング2位に終わっている。

記録[編集]

1962年
  • コンストラクターズタイトル獲得
  • ドライバーズタイトル獲得:グラハム・ヒル(1PP 4勝)
  • ドライバーズランキング8位:リッチー・ギンザー(予選最高位2位1回 決勝最高位2位1回)
1963年
  • コンストラクターズランキング2位
  • ドライバーズランキング2位:グラハム・ヒル(2PP 2勝)
  • ドライバーズランキング3位:リッチー・ギンザー(予選最高位4位3回 決勝最高位2位3回)