1961年アメリカグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国 1961年アメリカグランプリ
レース詳細
1961年F1世界選手権全8戦の第8戦
ワトキンズ・グレン(1956–1970)
ワトキンズ・グレン(1956–1970)
日程 1961年10月8日
正式名称 IV United States Grand Prix
開催地 ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ワトキンズ・グレン
コース 恒久的レース施設
コース長 3.78 km (2.35 mi)
レース距離 100周 378 km (235 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)、気温:72 °F (22 °C)、風速:8.9マイル毎時 (14.3 km/h)[1]
ポールポジション
ドライバー クーパー-クライマックス
タイム 1:17.0
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス
タイム 1:18.2 (28周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 ポルシェ
3位 BRM-クライマックス

1961年アメリカグランプリ (1961 United States Grand Prix) は、1961年のF1世界選手権第8戦(最終戦)として、1961年10月8日ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキットで開催された。

F1世界選手権の一戦として3年目を迎えたアメリカGPは、本年からキャメロン・アーゲットシンガー英語版によって創設されたワトキンズ・グレンで通年行われるようになった。シーズン最終戦はイネス・アイルランドが制し、コーリン・チャップマン率いるチーム・ロータスに初勝利をもたらした。アイルランドにとってはF1キャリアで唯一の勝利となった。アイルランドは8番手からスタートし、スターリング・モスのエンジンが壊れてリードを奪い、2位のダン・ガーニーに4.3秒差を付けて優勝した。

レース概要[編集]

前戦イタリアGPでアメリカ人初のドライバーズチャンピオンを獲得したカリフォルニア州出身のフィル・ヒルにとって、本レースは凱旋レースになるはずだった。しかし、フェラーリは前戦イタリアGPのヴォルフガング・フォン・トリップスの事故死により、フィル・ヒルのドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンの二冠が決定したことで、本レースを欠場した。

ポルシェ2台を除く全車がクライマックスエンジンを使用し、クーパーワークスジャック・ブラバムロブ・ウォーカー・レーシングチームロータスをドライブするモスの2台のみ開発途上のFWMV(V型8気筒)を使用することができた。モスは土曜日にFPF(直列4気筒)エンジンで1分18秒2、FWMV(V8)で1分17秒2を記録したが、決勝は古いFPFエンジンで臨むことを決めたため、2列目の3番グリッドでブルース・マクラーレンと並ぶことになった。ブラバムは1分17秒0でポールポジションを獲得した。BRMグラハム・ヒルがモスとマクラーレンより0秒1速い2位で、ブラバムとフロントローに並ぶことになった。チーム・ロータスはジム・クラークが5位、アイルランドは8位だった。アイルランドは金曜日にステアリングの故障でスピンを喫し、翌日はギアボックスが故障したが、決勝までに修理が施された。多くの北米出身のドライバーがスポット参戦したが、地元ファンの期待に応えられず後方のグリッドに沈んだ。カナダ出身のピーター・ライアンは本レースが唯一のF1出走だったが、ウォルト・ハンスゲンロジャー・ペンスキーハップ・シャープジム・ホールロイド・ルビーを抑えた。ペンスキーのマシンはデュポンアンチフリーズの明るい黄色に塗られており、これがF1における最初のスポンサーシップとなった。

日曜日の決勝には28,000人(練習走行と予選を含めると60,000人)の観衆が集まり、スポンサーを喜ばせたことで将来のレース開催に弾みを付けた。1コーナーでブラバムがトップに立つが、1周目が終わる前にモスが追い抜いた。以下、アイルランド、グラハム・ヒル、ダン・ガーニーマステン・グレゴリー、マクラーレンが続いた。3周目、アイルランドがストレートエンドに撒かれていたオイルでスピンして11位に後退するが、10周目に4位まで順位を戻した。レースの約3分の1が経過した34周目、首位ブラバムのV8エンジンが水漏れのため過熱してしまい、ブラバムはモスに首位の座を明け渡し、左エキゾーストから煙が噴き出したところでピットへ入り、水の補給を行いコースへ復帰したものの、過熱のダメージが大きかったためリタイアした。これでモスが首位を独走するが59周目に油圧が低下してリタイアとなり、アイルランドが首位に浮上した。アイルランドを追うグラハム・ヒルはマシンに問題を抱えて順位を落とし、ロイ・サルヴァドーリもエンジントラブルでリタイアとなり、アイルランドが優勝した。地元出身のガーニーが4.3秒差の2位、本レースをもってF1から引退したトニー・ブルックスが3位表彰台を獲得した。

アイルランドにとってはF1キャリア唯一の勝利で、かつチーム・ロータスの最初の勝利であった。そしてアメリカGPで初めて利益を出し、翌年の開催を確実なものとした。モスは翌年4月の開幕前に行われた非選手権レースのグローヴァー・トロフィー(グッドウッド・サーキット)で瀕死の重傷を負い引退したため、これが最後のF1世界選手権レース参戦となった。

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
イギリスの旗 クーパー・カー・カンパニー 1 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー T58 クライマックス FWMV 1.5L V8
2 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン T55 クライマックス FPF 1.5L L4
アメリカ合衆国の旗 ハップ・シャープ 3 アメリカ合衆国の旗 ハップ・シャープ クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
イギリスの旗 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 4 イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM P48/57 クライマックス FPF 1.5L L4
5 イギリスの旗 トニー・ブルックス
アメリカ合衆国の旗 ジョン・M・ワイアット三世 6 アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ペンスキー クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
イギリスの旗 R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 7 イギリスの旗 スターリング・モス ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
クライマックス FWMV 1.5L V8 1
イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 8 アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル 2 フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
9 アメリカ合衆国の旗 リッチー・ギンサー 2
10 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス 2
西ドイツの旗 ポルシェ・システム・エンジニアリング 11 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
12 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー
イギリスの旗 チーム・ロータス 14 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス 21 クライマックス FPF 1.5L L4
15 イギリスの旗 イネス・アイルランド
カナダの旗 J・ホィーラー・オートスポーツ 16 カナダの旗 ピーター・ライアン ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
アメリカ合衆国の旗 ジム・ホール 17 アメリカ合衆国の旗 ジム・ホール ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
イギリスの旗 ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 18 イギリスの旗 ジョン・サーティース クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
19 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ
イギリスの旗 UDT・レイストール・レーシングチーム 21 ベルギーの旗 オリビエ・ジャンドビアン ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
22 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー
南アフリカの旗 ルィーズ・ブライデン=ブラウン 23 アメリカ合衆国の旗 ケン・マイルス 2 ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
アメリカ合衆国の旗 J・フランク・ハリソン 26 アメリカ合衆国の旗 ロイド・ルビー ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
アメリカ合衆国の旗 モモ・コーポレーション 60 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ハンスゲン クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
ソース:[2]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - モスは予選でV8エンジンと直列4気筒エンジンを併用したが、決勝は直列4気筒エンジンを使用した
  • ^2 - エントリーしたが出場せず

結果[編集]

予選[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1:17.0 1
2 4 イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM-クライマックス 1:18.1 + 1.1 2
3 7 イギリスの旗 スターリング・モス ロータス-クライマックス 1:18.2 + 1.2 3
4 2 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:18.2 + 1.2 4
5 14 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:18.3 + 1.3 5
6 5 イギリスの旗 トニー・ブルックス BRM-クライマックス 1:18.3 + 1.3 6
7 12 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー ポルシェ 1:18.6 + 1.6 7
8 15 イギリスの旗 イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1:18.8 + 1.8 8
9 18 イギリスの旗 ジョン・サーティース クーパー-クライマックス 1:18.9 + 1.9 9
10 11 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ ポルシェ 1:18.9 + 1.9 10
11 22 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー ロータス-クライマックス 1:19.1 + 2.1 11
12 19 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 1:19.2 + 2.2 12
13 16 カナダの旗 ピーター・ライアン ロータス-クライマックス 1:20.0 + 3.0 13
14 60 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ハンスゲン クーパー-クライマックス 1:20.4 + 3.4 14
15 21 ベルギーの旗 オリビエ・ジャンドビアン ロータス-クライマックス 1:20.5 + 3.5 15
16 6 アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ペンスキー クーパー-クライマックス 1:20.6 + 3.6 16
17 3 アメリカ合衆国の旗 ハップ・シャープ クーパー-クライマックス 1:21.0 + 4.0 17
18 17 アメリカ合衆国の旗 ジム・ホール ロータス-クライマックス 1:21.8 + 4.8 18
19 26 アメリカ合衆国の旗 ロイド・ルビー ロータス-クライマックス 1:21.8 + 4.8 19
ソース:[3]

決勝[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 15 イギリスの旗 イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 100 2:13:45.8 8 9
2 12 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー ポルシェ 100 + 4.3 7 6
3 5 イギリスの旗 トニー・ブルックス BRM-クライマックス 100 + 49.0 5 4
4 2 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 100 + 58.0 4 3
5 4 イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM-クライマックス 99 + 1 Lap 2 2
6 11 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ ポルシェ 98 + 2 Laps 10 1
7 14 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス 96 + 4 Laps 6
8 6 アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ペンスキー クーパー-クライマックス 96 + 4 Laps 16
9 16 カナダの旗 ピーター・ライアン ロータス-クライマックス 96 + 4 Laps 13
10 3 アメリカ合衆国の旗 ハップ・シャープ クーパー-クライマックス 93 + 7 Laps 17
11 21 ベルギーの旗 オリビエ・ジャンドビアン
アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー
ロータス-クライマックス 92 + 8 Laps 15
Ret 19 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 96 エンジン 12
Ret 17 アメリカ合衆国の旗 ジム・ホール ロータス-クライマックス 76 燃料漏れ 18
Ret 26 アメリカ合衆国の旗 ロイド・ルビー ロータス-クライマックス 76 マグネット 19
Ret 7 イギリスの旗 スターリング・モス ロータス-クライマックス 58 エンジン 3
Ret 1 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 57 オーバーヒート 1
Ret 22 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー ロータス-クライマックス 23 ギアボックス 11
Ret 60 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ハンスゲン クーパー-クライマックス 14 アクシデント 14
Ret 18 イギリスの旗 ジョン・サーティース クーパー-クライマックス 0 エンジン 9
WD 23 イギリスの旗 ケン・マイルス ロータス-クライマックス
ソース:[4]
ラップリーダー

ランキング[編集]

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Weather information for the "1961 United States Grand Prix"”. The Old Farmers' Almanac. 2013年6月26日閲覧。
  2. ^ USA 1961 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年4月15日閲覧。
  3. ^ USA 1961 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年4月15日閲覧。
  4. ^ 1961 United States Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。

参照文献[編集]

  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0
  • James T. Crow (January, 1962). "U.S. Grand Prix". Road & Track, 68-72.
  • Doug Nye (1978). The United States Grand Prix and Grand Prize Races, 1908-1977. B. T. Batsford. ISBN 0-7134-1263-1
  • J.J. O'Malley and Bill Green (1998). Watkins Glen, From Griswold to Gordon: Fifty Years of Competition At the Home of American Road Racing.

外部リンク[編集]

前戦
1961年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
1961年シーズン
前回開催
1960年アメリカグランプリ
アメリカ合衆国の旗 アメリカグランプリ次回開催
1962年アメリカグランプリ