BRM・P138

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
BRM・P138
Surtees at 1969 Dutch Grand Prix.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ブリティッシュ・レーシング・モータース
デザイナー レン・テリー
先代 P133
後継 P139
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
トレッド 前:1,575 mm (62.0 in)
後:1,575 mm (62.0 in)
ホイールベース 2,375 mm (93.5 in)
エンジン BRM 2,998 cc (182.9 cu in) V12 自然吸気, ミッドエンジン
トランスミッション BRM 5速 マニュアル
重量 540kg
燃料 シェル
タイヤ 1968年: グッドイヤー
1969年: ダンロップ
主要成績
チーム オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
ドライバー メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス
イギリスの旗 ジョン・サーティース
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1968年スペイングランプリ
出走 優勝 ポール Fラップ
10 0 0 0
テンプレートを表示

BRM・P138 は、ブリティッシュ・レーシング・モータース1968年および1969年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーレン・テリーが設計し、3.0リッターの自社製V12エンジンを搭載した。

レース戦績[編集]

1968[編集]

P138は1968年シーズンの2戦に投入されたが、いずれのレースもエンジントラブルでリタイアとなった。第9戦ではペドロ・ロドリゲスがドライブし、第11戦ではボビー・アンサーがドライブした[2][3]

BRMは28ポイントを獲得しコンストラクターズランキング5位でシーズンを終えたが、すべてのポイントがP126ととP133によるものであった。

1969[編集]

開幕戦南アフリカグランプリではジョン・サーティースジャッキー・オリバーが起用された。サーティースはP138をドライブし、オリバーはP133をドライブした。サーティースはエンジントラブルでリタイアした[4]。第2戦のスペイングランプリでサーティースは5位に入賞した[5]。モナコグランプリでサーティースはギアボックスのトラブルが生じ、ジャック・ブラバムが追突してリタイアとなった[6]。オランダグランプリでは9位で完走する[7]。BRMは続くフランスグランプリをチーム再建のため欠場し、イギリスグランプリにはP139を投入した。しかしながらドイツグランプリでは再びP138が投入された。ジャッキー・オリバーはオイル漏れのためリタイアした[8]。イタリアグランプリではオリバーが2台目のP139をドライブしたためP138は使用されなかった。カナダグランプリではカナダ人ドライバーのビル・ブラックがP138をドライブ、10周遅れのため非完走扱いとなった[9]。アメリカグランプリからブラックに代わってジョージ・イートンが起用されたが、アメリカではエンジントラブルでリタイア、最終戦メキシコグランプリではギアボックストラブルでリタイアとなった[10][11]

BRMは7ポイントを獲得しコンストラクターズランキング5位でシーズンを終えたが、ポイントを獲得したのはP133P139であった。

F1における全成績[編集]

(key)(太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1968年 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P142 3.0l V12 G RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
28 1 5位 1
ペドロ・ロドリゲス Ret
ボビー・アンサー Ret
1969年 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P142 3.0l V12 D RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
7 2 5位 2
ジョン・サーティース Ret 5 Ret 9
ジャッキー・オリバー Ret
ビル・ブラック NC
ジョージ・イートン Ret Ret
Source:[1][12]

^1 ポイントはBRM・P126BRM・P133による。
^2 ポイントはBRM・P133BRM・P139による。

参照[編集]

  1. ^ a b Stats F1. “BRM P138”. 2014年5月1日閲覧。
  2. ^ Grand Prix results, Italian GP 1968”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  3. ^ Grand Prix results, United States GP 1968”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  4. ^ Grand Prix results, South African GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  5. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  6. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  7. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  8. ^ Grand Prix results, German GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  9. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  10. ^ Grand Prix results, United States GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  11. ^ Grand Prix results, Mexican GP 1969”. grandprix.com. 2016年10月12日閲覧。
  12. ^ Small, Steve (1994). The Guinness Complete Grand Prix Who's Who. Guinness. pp. 79, 124, 271, 321, 371 and 396. ISBN 0851127029.