パーマストンノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PalmerstonNorthSquare1.jpg

パーマストンノース: Palmerston Northマオリ語: Te Papa-i-oea)は、ニュージーランド北島にある都市。日本ではパーマストン・ノースとも表記される。

首都ウェリントンから約200キロ北に位置する学生の街でもある。マナワツ・ワンガヌイ地方の中心の都市である。ニュージーランドで11番目に大きい面積で、7番目の人口をもつ市である。人口の多くは、マッセー大学、UCOLもしくは、インターナショナル・パシフィック大学の学生が大きな割合を占めている。

市街にパーマストンノース空港がある。

地名の由来[編集]

もともとの名前は、19世紀半ばのイギリス首相のパーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルにちなみ名付けられた。しかし1971年、パーマストンという地名は南島にも存在したため、区別するためノース(北島)が付け加えられた。

マオリ語では、パムタナ(Pamutana)という。しかし、パムタナと呼ぶ事は少なくパパイオエア(Papaioea)と呼ばれる。パパイオエアの意味は、なんて美しい!(How beautiful it is!)である。

マナワツ川[編集]

マナワツ地区を流れる川。マナワツゴージュという渓谷が隣町のウッドビルに行く途中にある。

スクエアー[編集]

町の中心にある正方形の公園。真ん中に時計台があり夜はライトアップされる。スクエアを囲むように、お店が存在する。

公園[編集]

エスプラナーデは休日は家族ずれでにぎわう公園である。ブランコや滑り台、アスレチックが多数設置されている。また、ガス式のBBQセットも2つ設置されていて開園時であれば誰でも自由に使う事が出来る。また、バラ園、子供用プールやカフェなどもある。バラ園、子供用プールの使用はもちろん無料である。

教育[編集]

パーマストンノースは教育面で知られている町で、レジャー面では 余りない。学生の出入りが多い町である。 学生が多いせいか、警察のパトロールも激しい。パーマストンノースには、スクエアから真っ直ぐFitzherbert Avenueを辿って丘の方に (Massey)マッセー大学があり、反対方向にはニュージーランド初の私立4年制大学であるインターナショナル・パシフィック大学(International Pacific College)(IPC)がある。毎年9月に行われるパーマストンノース桜祭りでは、IPCの学生たちが民族衣装をまとい、パフォーマーとして、料理人あるいは売り子として活躍している。 郊外にマヌワツ ポリテクニックという専門学校があったが、UCOLと名称を変更し、施設も町中心部に移設した。ポリテクの 古い施設はマセイ大学のティーチャーズカレッジになった。高校も、男子、女子高をはじめ、アワタプ、フライバーグ、クィーンズと複数存在し、特にパーマストンノース男子校は、学問、スポーツ、音楽と あらゆる面で競争率を重視しており、寄宿学校でもある。 パーマストンノースでの就職活動は 困難で、卒業した多くの生徒が町に残る事は 余りない。

経済[編集]

歴史[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]