鈴鹿サーキットクイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴鹿サーキットクイーン
Suzuka Circuit Queen
2011 WTCC Race of Japan (Race 2).jpg
鈴鹿サーキット
基本情報
職種 キャンペーンガール
業種 一般人
詳細情報
適性能力 プロモーション、アテンド
就業分野 鈴鹿サーキット
関連職業 レースクイーンモデル

鈴鹿サーキットクイーン(すずかサーキットクイーン、Suzuka Circuit Queen)は、日本サーキットである鈴鹿サーキットイメージガールである。

概要[編集]

一般から参加者を募り、オーディションで選ばれる。任期は1年もしくは2年。

主な業務は、鈴鹿サーキット内で行われるレースやイベントへの参加や、親会社であるホンダの事業及び関連事業のPR活動への参加で、他のレースクイーンイベントコンパニオンとの兼務は出来ない。

歴代のサーキットクイーン[編集]

2013年に鈴鹿サーキットクイーン35期生として活動した田中梨乃東京ゲームショウ2016にて)

注:太文字はグランプリ、斜字は途中脱退者。

年度 メンバー 応募者数 参考
1期生 1979年 根本律子、小川ひとみ、原大万美(はら・たまみ[1])、国田恵子、大楠節子、水野真由美、田中美智子、阪野悦子、小島万智子、堀木美佐子、岡本礼子[2] 根本は「花のクイーン」、小川は「準クイーン」、その他9名は「プリンセス」
2期生 1980年 水野律子、山添麻子、鈴木晴美、円実礼子、野々山由梨子、中沢寿美子、奥田小百合、岩田真由美、佐野木の美、窪田利恵子、小林恵美子[3] 水野は「ミス英国フェア」他の10名は「花のクイーン」
3期生 1981年 小林純子、谷口京子、今川奈々子、北波美樹子、野草佐和子、伊藤結香子、野村千鶴子、林真記、壁谷きみ子、安藤千鶴、田中繁子[4] 小林は「ミス・フランスフェア」他の10名は「花のクイーン」
4期生 1982年 堀美佐子、山口博美、板ゆかり、杉本治子、細川真三代、東山美奈子、古山幸子、伊藤美智代、荻野里美、三井寿子、盛川圭子、南早百合[5] 「レースクイーン」と改称、堀は「グランプリ」
5期生 1983年 土橋明美、山本靖子、西野令子、的場浩美、増田公子、山形美和子、庄司恵子、浜津有里、井上雅世、村杉悦子、早川佳江、森川晴恵[6]
6期生 1984年 池内博美、江崎ひろ子、大槻恭子、沖津志津代、近藤じゅん子、柴由美子、鈴木由美子、野田作喜子、文元和美、松下世千代、松葉真由子、森美由紀 松下は同年の準ミス・ナゴヤ[7]
池内は翌年のミス・ナゴヤ[8]
江崎は翌々年のミス・ユニバース日本代表
7期生 1985年 日高三代子、石川雅恵、吉川小百合、井上尚美、和田智子、伊藤裕得、松波利佳、藤原詳子、浅井圭子、吉田明美、古川明美、大野友子[9]
8期生 1986年
9期生 1987年 飯島久恵、上野美和、清本順子、国武万里黒澤美和子、後藤美恵子、代田記子、中村明美、濱口真由美、樋田由夏、松沼博子、森田愛子[10] 後藤は「準グランプリ」
10期生 1988年 福冨真理、三井由紀子、石原多華子、岡墻由紀、奥真紀子、小牧美鈴、赤代員子、瀬尾えりこ、半澤まりか、古川真理子[11]
11期生 1989年 足羽亨子、川村千絵、瀬古友美、高木洋子、宝田仁子、辻環、中村由加里、花井美代子、松下美和子、宮澤陽子[12] 花井は「準グランプリ」
12期生 1990年 有山幸子、大谷悦子、奥村弥生、桑原恵、後藤育子、後藤真奈美、高橋澄代、竹内かなえ、田村まり、中島順子、前川由木子、松本真貴子、三谷美紀、山本訓子、湯浅真理子[13] 有山は「準グランプリ」
13期生 1991年 青木真由美、伊藤喜美子、加藤あゆみ、倉角暁子、小泉純子、小林陽子、田畑弥生、中村悦子、西井香澄、野口佳奈子、渡部亜子[14] 小泉は「準グランプリ」
14期生 1992年 飯田千恵、香中孝予、河野恵理子、桑原皆子、小林亜紀恵、澤田富美恵、高田充規、田中ひかり、辻知美、寺岡知美[15]
15期生 1993年 稲泉裕子、小川景子、佐藤愛、芝田由香、西山浩代、野村ひとみ、松野浩子、薮田里奈、山本紫可(しより)、渡邊よしこ[16] 「鈴鹿サーキットクイーン」と改称、山本は「準グランプリ」
16期生 1994年 江本美華、木庭己幸、佐伯愛、佐藤博美、清水里美、伴野由加子、日置佐保美、藤井靖代、増田訓子、柳沢恵利、李絵津子
17期生 1995年 小幡優子、後藤美紀子、清水由巳子、下條仁子、高井美香、田中真美、長屋美智留、丸井玲香、若園ゆきか
18期生 1996年 飯野みのり、石川美津穂、梅北由美、大石優子、大賀聡子、加藤友美、斎藤奈々、鈴木万美子、大工原忍、村松加王里、安田香織、和嶋聡子
19期生 1997年 石川綾乃、伊藤雅代、近藤桃子、斉藤美紀、徳田美智子、冨江麻紀子、芳賀まり、廣田美路、福田佐和子、藤田雅子、分部志保 約480名
20期生 1998年 大前ちづる、片岡加奈子、癸生川優里子、酒井美代子、重久裕貴、高瀬絵里、田中真純、寺地直子、中野舞子
21期生 1999年 後藤夏織、勝目あや子、木寺由佳理、紀藤裕子、須田真奈美、比嘉マリーゼ美智子三輪恭子山崎友美 約450名 比嘉、三輪、山崎は1999年のみ
22期生 2000年 相川清美、今西香織、坂本みどり、鈴木智晴、瀬谷尚美、高倉宏恵、林茂波、松本明子
23期生 2001年 前原千晶、古田真美、近藤雅子、境紘子、新本真巳
24期生 2002年 市川愛子、横倉絵美、林清夏、宮川直己
25期生 2003年 藤田亜美、片岡真移、片野朋美、片平サクラ、奥田理恵、川澄人己
26期生 2004年 安達麗、濱中美祐、福島アグネス、中村文香、久田かおり
27期生 2005年 雑賀千佳、原智美、田中真未、山本絢子、山本紗有里、鈴木結佳里、鈴木桜
28期生 2006年 吉永美沙子・板倉淳美・萩原綾香・下村祥子・本田梨花
29期生 2007年 鵜飼梨恵・菊井真理子・本間茜・山本佳世子・杉浦さゆり 約130名 [1]
30期生 2008年 中川愛菜・伊藤有里・春崎まり・田中小夜美・大塚亜美・村信遥 約150名 [2]
31期生 2009年 磯部晃名岡田亜由美・北村奈緒・美村あや・小池淑乃・渡部愛 約200名 [3]
32期生 2010年 前田真実・長門亜弥・古川みゆき・山岸美穂・後藤和江 約100名 [4]
33期生 2011年 田中朋恵・中川祐佳・早川采伽・中橋舞・松井かれん 約100名 [5]
34期生 2012年 近澤志穂、中島彩乃、鬼頭果住、橘奈緒、元井麻有 約100名 [6]
35期生 2013年 板垣里奈、野中一希田中梨乃鈴木知葉 約100名 [7]
36期生 2014年 椿壱縷、山口ミカ、大谷桃子、岡坂実那子、辻井珠美、中川早織 105名 [8]
37期生 2015年 森江由衣、福田りえ、内田智子、岡本麻佑、宮まなみ、梅田あゆみ 100名 [9]
38期生 2016年 白川さくら、山上ゆりな、内山愛優、有田汐里 [10]
39期生 2017年 名取りな、本部由奈、亀山めぐみ、近藤美妃 [11]
40期生 2018年 吉原あや香、出井みさこ、佐藤杏美、荒木エリカ、松村しんり [12]

コスチューム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原さんら準ミスに ミスかきつばた『中日新聞』1980年5月5日10面
  2. ^ "花のクイーン"に根本さん 鈴鹿サーキット オランダフェア『中日新聞』1979年4月30日18面
  3. ^ ミス英国フェアに岡崎の水野さん『中日新聞』1980年4月30日18面
  4. ^ ミスフランスフェア 四日市の小林さんに 鈴鹿サーキット『中日新聞』1981年4月30日18面
  5. ^ グランプリに堀さん 鈴鹿サーキットでレースクイーンコンテスト『中日新聞』1982年4月30日18面
  6. ^ "京美人"グランプリ 鈴鹿クイーンコンテスト『中日新聞』1983年4月30日20面
  7. ^ ミスナゴヤに名古屋瑞穂区の日比さん『中日新聞』1984年5月24日20面
  8. ^ ミスナゴヤ"ひろみ"トリオ『中日新聞』1985年5月28日22面
  9. ^ 鈴鹿レースクイン決まる『中日新聞』1985年4月29日18面
  10. ^ グランプリに一宮の黒沢さん 鈴鹿・レースクイン『中日新聞』1987年5月4日18面
  11. ^ レースクイーン決まる『中日新聞』1988年4月30日22面
  12. ^ 「レースクイーン」美競う『中日新聞』1989年4月30日26面
  13. ^ サーキットの花 クイーン決まる 鈴鹿『中日新聞』1990年4月30日22面
  14. ^ レースクイーン決まる『中日新聞』1991年4月30日22面
  15. ^ レースの"花"決まる 鈴鹿サーキット『中日新聞』1992年4月30日22面
  16. ^ 鈴鹿女王はバレエ教師『中日新聞』1993年4月30日22面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]