富士500マイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士500マイル(ふじごひゃくまいる)は、1977年から1992年まで毎年富士スピードウェイで開催されていた耐久レース。

1977年より富士ロングディスタンスシリーズ(富士LD)の一戦として開催される。富士GC用の2座席スポーツカーからツーリングカーまでが様々なカテゴリーのマシンが混走するスタイルだった。 開始当初はFISCOクラブの主催で国内格式だったが、1985年全日本耐久選手権の一戦となり国際格式レースとなった。主催も日産スポーツカークラブ(SCCN)とビクトリーサークルクラブ(VICIC)の共催となり、またそれまで行われなかった予選も行われるようになった。

当初は2座席GCマシンの独擅場だったが、1983年からはグループCの時代に突入し、ポルシェが圧倒的強さを誇るようになる。国産グループCカーの初勝利は1990年の日産・R90CP。 1984年まではシリーズ最終戦として毎年11月頃の開催だったが、1985年以降は毎年7月の開催となる。夏休みの時期に重なったため、国内レースでは毎年屈指の動員を誇る人気イベントとなった。 1993年に全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)の崩壊、および景気後退で中止。以降は開催されなくなった

なお1982年は、9月に台風で延期になったGCとのダブルヘッダーとなったため500kmレースとなり、富士500マイルは開催されていない。

2018年からは8月に開催されているSUPER GTの第5戦が、鈴鹿1000km終了に伴う代替の耐久戦として500マイルで開催される予定で、事実上本レースが復活することになる[1]

歴代優勝車/ドライバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2018年8月のスーパーGT富士戦は500“マイル”レース。時間は5時間ほどか!?,オートスポーツ,2017年8月30日