ペンスキー・PC3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペンスキー・PC3
PC3(モントランブラン、2009年)
PC3(モントランブラン、2009年)
カテゴリー F1
コンストラクター アメリカ合衆国の旗 ペンスキー
デザイナー ジェフ・フェリス
先代 ペンスキー・PC1
後継 ペンスキー・PC4
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード・コスワースDFV 2993cc V8 NA
トランスミッション ヒューランドFGA400 5速 MT
重量 590kg
燃料 スノコ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム シティバンクチーム・ペンスキー
ドライバー イギリスの旗 ジョン・ワトソン
出走時期 1975 - 1976
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 2
初戦 1975年アメリカGP
最終戦 1976年モナコGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
8 0 0 0
テンプレートを表示

ペンスキー・PC3(Penske PC3)は、ペンスキーが開発・製作したフォーミュラ1カーである。デザイナーはジェフ・フェリス

概要[編集]

PC3(ライムロック・パーク、2009年)

ペンスキーが初めて製作したF1マシン、PC1の戦闘力不足により1975年シーズン中に開発が行われ、最終戦のアメリカGPに1号車“PC3-1”が登場した。全体的なスタイリングはスポーツカーノーズやラジエターの配置など、PC1にかわって購入したマーチ・751と似ていたが、サイドポンツーン側面の傾斜やラジエター上部に備え付けられたスパッツなど、細部は異なる(フェリスによれば前輪のアップライト以外は独自のものという[2])。

ジョン・ワトソンのドライブにより予選12位を記録したが、決勝は電気系統のトラブルのためPC1に乗り換えた[3](このため、決勝のスタートは最後尾からとなった[4])。シーズンオフに2台目のシャシー“PC3-2”が製作される。

1976年は引き続いてワトソンがドライブ。ノンタイトルレースでの事故でPC3-2が破損後は、再びPC3-1で出走するが、南アフリカGPで5位入賞したのみで、ベルギーGP以降は新型車のPC4が投入され、役目を終えた。

クラッシュしたPC3-2は修復後売却されてオランダGPボイ・ハイエがドライブした。

F1における全成績[編集]

ワークス[編集]

(key)

エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1975 フォード
コスワースDFV
G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
2* 12位
28 イギリスの旗 ワトソン PO
1976 フォード
コスワースDFV
G BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
20** 5位
28 イギリスの旗 ワトソン Ret 5 NC Ret 7 10

* ペンスキー・PC1が獲得。
** ペンスキー・PC4による18ポイントを含む。

ノンワークス[編集]

(key)

チーム エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
1976 F&S Properties フォード
コスワースDFV
G ブラジルの旗
BRA
南アフリカの旗
RSA
アメリカ合衆国の旗
USW
スペインの旗
ESP
ベルギーの旗
BEL
モナコの旗
MON
スウェーデンの旗
SWE
フランスの旗
FRA
イギリスの旗
GBR
ドイツの旗
GER
オーストリアの旗
AUT
オランダの旗
NED
イタリアの旗
ITA
カナダの旗
CAN
アメリカ合衆国の旗
USA
日本の旗
JPN
39 オランダの旗 ハイエ Ret

脚注[編集]

  1. ^ STATS F1 - Penske PC3”. Statsf1.com. 2012年9月24日閲覧。
  2. ^ 『AUTO SPORT YEAR '75/'76』(三栄書房、1976年)p.65。
  3. ^ 751がオーストリアGPでの事故で全損したため。
  4. ^ 林信次『F1全史 1971 - 75』(ニューズ出版、1993年)p.133。

参考文献[編集]

  • 大串信「1000分の1秒のヒーロー列伝 FILE54 ペンスキー・PC3-1」 『F1グランプリ特集』1995年1月号、p.127 - 131