ポルトガルグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Portugal.svg Portuguese Grand Prix
アルガルヴェ・インターナショナル・サーキット
(2020年)
Autódromo de Algarve.svg
レース情報
周回 66
コース長 4.648 km (2.905 mi)
レース長 306.768 km (191.730 mi)
開催回数 26
初回 1951年
最終開催 2020年
最多勝利
(ドライバー)
イギリスの旗 ナイジェル・マンセル (3)
フランスの旗 アラン・プロスト (3)
最多勝利
(コンストラクター)
イタリアの旗 フェラーリ (7)
最新開催(2020年):
ポールポジション イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
メルセデス
1:16.652
決勝順位 1. イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
メルセデス
1:29:56.828
2. フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
メルセデス
+25.592s
3. オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-ホンダ
+34.508s
ファステストラップ イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
メルセデス
1:18.750

ポルトガルグランプリポルトガルGP, Portuguese Grand Prix)は、ポルトガルで行われていたF1グランプリのレース。1958年1960年ポルトボアビスタ)で、1959年モンサントで、1984年から1996年までエストリルで行われた。1996年を最後にF1カレンダーから脱落していたが、後述の理由で2020年にポルティマンのアルガルヴェ・サーキットでポルトガルGPが復活した。

主なレース[編集]

1961年以降開催が途絶えたポルトガルグランプリは、1984年にエストリルで復活した。エストリルでのポルトガルGPでのあわやという出来事はしばしば注目を集めた。

  • 1987年
    プロストがF1通算28勝目を記録し、当時のF1最多勝記録を更新した。また予選ではゲルハルト・ベルガーが初のポールポジションを獲得した。
  • 1988年
    レース1周目の終了時にマクラーレンのセナがチームメイトのプロストに対し直線で幅寄せし、2人の確執の始まりを予感させた。
  • 1989年
    フェラーリを駆るナイジェル・マンセルがピットインの際にオーバーランし、定位置までリバースギアで逆走する違反を犯した。マンセルはピットインを命ずる黒旗を提示されがそのまま走行を続け、第1コーナーでセナと接触し、共にストップした。黒旗に従わなかった事とプロストとチャンピオンシップを争っていたセナをリタイアさせた事で、マンセルの行動は論議を呼んだ。マンセルはこのレースを失格とされ、続くスペインGPへの出走を禁じられた。
  • 1990年
    ポールポジションを獲得したマンセルは、スタート直後にチームメイトでセナとチャンピオンシップを争っていたプロストに対して幅寄せするような挙動を見せた。予選2位だったプロストは同3位のセナに抜かれ、最終的にマンセルが優勝、セナが2位、プロストは3位となった。マンセルはこの年限りでフェラーリを去ることが確定しており、この幅寄せは物議を醸した。
  • 1991年
    レースをリードしていたマンセルは、ピット作業ミスによりピットレーンでタイヤが外れた。タイヤをピットの所定外の場所で取り付け直して出走したために失格となった。
  • 1992年
    決勝レース中、ピットに向かうベルガーに、その直後を走行していたリカルド・パトレーゼが追突した。マシンは上方へと跳ね上げられ、あやうくコース上に架かるブリッジに衝突する寸前だった。激しいクラッシュながら、両者ともに怪我は無かった。
  • 1995年
    決勝のスタート直後に片山右京のマシンが数回転する大クラッシュが発生し、パーツなどが散らばった。片山は病院に運ばれたが一命を取り留めた。

2020年[編集]

1996年を最後にF1カレンダーから脱落していたが、2017年頃にポルティマオのアルガルヴェ・サーキットがF1側と交渉[1]を行い、グランプリ復活へ向けた動きを見せたが進展はないままであった。ところが、2020年新型コロナウイルス感染症の拡大により開催できなくなったレースが多数発生したため、スケジュールの見直しが余儀なくされ、その過程で同コースでのポルトガルGP開催が急浮上[2]。最終的に2020年7月24日にシーズン第12戦としてアルガルヴェ・サーキットでのF1開催が発表された[3]。このレースでルイス・ハミルトンが通算92勝目を挙げ、ミハエル・シューマッハを抜いてF1通算勝利数の単独トップとなった[4]

過去の結果と開催サーキット[編集]

ポルト (1958, 1960)
モンサント (1959)
エストリル (1984–1993)
ポルトガルGPの開催地

F1世界選手権として開催されたレースのみ記載する。

決勝日 ラウンド サーキット 勝者 コンストラクター 結果
1958 08月24日 9 ポルト イギリスの旗 スターリング・モス ヴァンウォール 詳細
1959 08月23日 7 モンサント イギリスの旗 スターリング・モス クーパー-クライマックス
ロブ・ウォーカー
詳細
1960 08月14日 8 ポルト オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 詳細
1984 10月21日 16 エストリル フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
1985 04月21日 2 エストリル ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータス-ルノー 詳細
1986 09月21日 14 エストリル イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
1987 09月20日 12 エストリル フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
1988 09月25日 13 エストリル フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレン-ホンダ 詳細
1989 09月24日 13 エストリル オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 詳細
1990 09月23日 13 エストリル イギリスの旗 ナイジェル・マンセル フェラーリ 詳細
1991 09月22日 13 エストリル イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ-ルノー 詳細
1992 09月27日 14 エストリル イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ルノー 詳細
1993 09月26日 14 エストリル ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ ベネトン-フォード 詳細
1994 09月25日 13 エストリル イギリスの旗 デイモン・ヒル ウィリアムズ-ルノー 詳細
1995 09月24日 13 エストリル イギリスの旗 デビッド・クルサード ウィリアムズ-ルノー 詳細
1996 09月22日 15 エストリル カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズ-ルノー 詳細
2020 10月25日 12 ポルティマン イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細

複数回優勝したドライバー[編集]

回数 ドライバー 優勝年
3 フランスの旗 アラン・プロスト 1984, 1987, 1988
イギリスの旗 ナイジェル・マンセル 1986, 1990, 1992
2 イギリスの旗 スターリング・モス 1958, 1959

複数回優勝したコンストラクター[編集]

回数 コンストラクター 優勝年
7 イタリアの旗 フェラーリ 1951, 1952, 1953, 1954, 1964, 1989, 1990
6 イギリスの旗 ウィリアムズ 1986, 1991, 1992, 1994, 1995, 1996
3 イギリスの旗 クーパー 1959, 1960, 1965
イギリスの旗 マクラーレン 1984, 1987, 1988
2 イタリアの旗 マセラティ 1955, 1957
  • 太字2020年のF1世界選手権に参戦中のコンストラクター。
  • ピンク地はF1世界選手権以外で開催された年。

複数回優勝したエンジン[編集]

回数 メーカー 優勝年
7 イタリアの旗 フェラーリ 1951, 1952, 1953, 1954, 1964, 1989, 1990
6 フランスの旗 ルノー 1985, 1991, 1992, 1994, 1995, 1996
3 アメリカ合衆国の旗 フォード * 1965, 1966, 1993
2 日本の旗 ホンダ 1986, 1988
ルクセンブルクの旗 TAG ** 1984, 1987
イギリスの旗 クライマックス 1959, 1960
イタリアの旗 マセラティ 1955, 1957

脚注[編集]

  1. ^ ポルトガルGP復活に向け、アルガルベ・サーキットとF1オーナーが協議www.as-web.jp(2017年6月17日)2020年7月25日閲覧。
  2. ^ F1ポルトガルGP、24年ぶりに復活? 9月末にポルティマオで2連戦かformula1-data.com(2020年6月14日)2020年7月25日閲覧。
  3. ^ F1改定カレンダー第3版、ポルティマオ、イモラ、ニュルブルクリンク正式決定formula1-data.com(2020年7月24日)2020年7月25日閲覧。
  4. ^ F1ポルトガル決勝:ハミルトン、圧勝! F1最多勝記録の92勝目。フェルスタッペンは3位”. motorsport.com (2020年10月26日). 2020年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]