トルコグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Turkey.svg Turkish Grand Prix
イスタンブール・パーク
Istanbul park.svg
レース情報
周回 58
コース長 5.338 km (3.317 mi)
レース長 309.396 km (192.250 mi)
開催回数 8
初回 2005年
最終開催 2020年
最多勝利
(ドライバー)
ブラジルの旗 フェリペ・マッサ (3)
最多勝利
(コンストラクター)
イタリアの旗 フェラーリ (3)
最新開催(2020年):
ポールポジション カナダの旗 ランス・ストロール
レーシング・ポイント-BWTメルセデス
1:47.765
決勝順位 1. イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
メルセデス
1:42:19.313
2. メキシコの旗 セルジオ・ペレス
レーシング・ポイント-BWTメルセデス
+31.633s
3. ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
フェラーリ
+31.960s
ファステストラップ オーストラリアの旗 ランド・ノリス
マクラーレン-ルノー
1:36.806

トルコグランプリトルコGP, Turkish Grand Prix)は、トルコで行われるF1レース。2005年に完成した新しいサーキットであるイスタンブール・パークで行われる。

2011年を最後にF1の開催カレンダーから外されたが、2020年に新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けて多数のレースが中止に追い込まれたのを補う形で9年ぶりに開催されることになった[1]

最近の新設サーキットと同様、ヘルマン・ティルケの設計によるサーキットであるが、これまで多く見られたような「ミッキーマウス」型のサーキットではなく、自然の起伏を生かし、かつチャレンジングなレイアウトに仕上がったことから、2005年トルコGPでは特に12コーナーにおいて、レース中に多くの追い越しシーンが見られた。この為、この年のベスト・レースの1つにあげる声が多く聞かれた。

特筆すべきレース[編集]

ルノーフェルナンド・アロンソとのチャンピオンシップポイント差を26点ビハインドで迎えたマクラーレンキミ・ライコネンポールポジションからスタートするも、ルノーのジャンカルロ・フィジケラにスタート直後に交わされた。しかし1周目の12コーナー手前でフィジケラをで追い越すとそのまま独走態勢に入り、中盤以降はチームメイトのファン・パブロ・モントーヤと1-2体制を築いた。しかし、レース終盤にモントーヤがジョーダンティアゴ・モンテイロと接触した影響からコースアウトする間に、アロンソが2位を奪い返し、チャンピオンシップ争いの「失点」を最小限に食い止めることに成功した。また、予選においては、B・A・Rジェンソン・バトン佐藤琢磨が8コーナーでのコースアウトにより大きくタイムロス、フェラーリミハエル・シューマッハザウバージャック・ヴィルヌーヴはスピンを喫するなどの波乱が見られた。
2006年から2008年までフェラーリのフェリペ・マッサが3連覇をマッサの得意のポール・トゥ・ウィンできめた。マッサが得意としてるサーキットと言える。マッサが3連覇を達成した際のインタビューでは『これで永住権をもらえるかね。』と笑顔でジョークを語った。
雨の中行われた予選は、ランス・ストロールレーシング・ポイント)が自身初のポールポジションを獲得した一方、この年圧倒的な差を見せていたメルセデス勢がルイス・ハミルトン6番手、バルテリ・ボッタス9番手に沈んだ[2]。決勝は開始前の降雨によりウエットレースで行われ、前半はストロールとセルジオ・ペレスのレーシング・ポイント勢がリードするが、ハミルトンが抜群のタイヤマネージメントによって首位に立ってからは独走でレースを制し、4年連続7回目のドライバーズチャンピオンを決定させた[3]

2006年の表彰式問題[編集]

2006年の表彰式のプレゼンターに、国際的に承認されていない北キプロス・トルコ共和国大統領メフメト・アリ・タラートが起用され、国際映像の字幕で彼を同国の大統領と表示したことで、政治的中立を保つべきF1グランプリを政治利用したとしてFIAは主催者側に500万ドルの罰金を科すことを決めた。

2007年の世界ツーリングカー選手権では、同サーキットで開催予定だったトルコでのレースがシーズン開幕直前にFIAによって突然キャンセルされている。これは理由の告知が全くない異例のもので、この表彰台での一件に関するトルコ側の対応が不満視されたためと見られている。

その後、F1興行面を取り仕切るバーニー・エクレストンがイスタンブール・パークを買収、2021年までのF1開催保証をした。しかし契約金の交渉で決裂したため2012年のF1レースの開催カレンダーから外れることとなった。ジャーナリストのサイモン・アロンはカーグラフィック誌連載のコラムで、2006年以降は赤字だったこと、また表彰式問題でエクレストンの心証は(行動とは裏腹に)非常に悪かったと指摘している。

過去のレース結果[編集]

決勝日 ラウンド サーキット 勝者 コンストラクター 結果
2005 08月21日 14 イスタンブール フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 詳細
2006 08月27日 14 イスタンブール ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 詳細
2007 08月26日 12 イスタンブール ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 詳細
2008 05月11日 5 イスタンブール ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 詳細
2009 06月07日 7 イスタンブール イギリスの旗 ジェンソン・バトン ブラウン-メルセデス 詳細
2010 05月30日 7 イスタンブール イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレン-メルセデス 詳細
2011 05月08日 4 イスタンブール ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 詳細
2012
-
2019
開催されず
2020 11月15日 14 イスタンブール イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細

複数回優勝したドライバー[編集]

回数 ドライバー 優勝年
3 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ 2006, 2007, 2008
2 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン 2010, 2020

複数回優勝したコンストラクター[編集]

回数 コンストラクター 優勝年
3 イタリアの旗 フェラーリ 2006, 2007, 2008
2 イギリスの旗 マクラーレン 2005, 2010

複数回優勝したエンジン[編集]

回数 メーカー 優勝年
4 ドイツの旗 メルセデス * 2005, 2009, 2010, 2020
3 イタリアの旗 フェラーリ 2006, 2007, 2008

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]