カスカイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cascais
Brasão de カスカイス Bandeira de カスカイス
Cascais - Portugal 011.jpg
Marina de Cascais
Localização de {{{município}}}
住民呼称 cascaense、cascalense
面積 99.07 km²
人口 206,429 人 (2011年[1]
人口密度 2,083.67 人/km²
教区数 6
首長 Carlos Carreiras
創設 1364年
地方(NUTS II) リジュボーア
下位地方(NUTS III) グランディ・リジュボーア
リジュボーア
(旧)州 イシュトリマドゥーラ
守護聖人 Nossa Senhora da Assunção
記念日 6月13日
ウェブサイト www.cm-cascais.pt
Flag of Portugal.svg ポルトガルの自治体

カスカイスポルトガル語: Cascais ポルトガル語発音: [kɐʃˈkajʃ])は、ポルトガルリスボン県の都市である。市内には、国際的なリゾート地であるエストリルを含む。

また、ユーラシア大陸最西端のロカ岬へのバスがここから発着している。

歴史[編集]

カスカイスが町として形成しだしたのは、12世紀のころである。町が形成されだした初期のころは、行政面では、隣の町であるシントラに多く依存していた。13世紀になると、漁業や農業が盛んになり、リスボンへ食糧を供給するようになっていった。

14世紀になると人口も増え、行政面では、1364年に、シントラからの独立を達成し、カスカイス及び周辺の村々は、ジョアン・ダス・レグラス卿が統括する地域になった。

中世以来、カスカイスは、漁業、リスボンへの航路の港町であったことから発展した海運業、ワインオリーヴオイル穀物果物を生産する農業が盛んであり、テージョ川に近いという地理的要因もあり、リスボンを守る防衛拠点ともなった。1488年ごろ、ジョアン2世は、海の側に小さな要塞を建設した。この要塞は、最終的には防衛上、何一つ役に立つことはなく、1580年のスペインとポルトガルの同君連合が成立した際も、貢献することはなかった。この城塞は、フィリペ1世の時代に、ルネサンス建築カスカイス城塞ポルトガル語版へと拡張された。また、カスカイス周辺の海岸線には、多くの城塞が建築され、多くが現存する。

1755年リスボン地震において、カスカイスも大きな被害を受けた。1774年ポンバル侯爵セバスティアン・デ・カルヴァーリョの経済政策により、カスカイス近郊のカルカヴェロスのワイン生産の保護化、王立の羊毛工場が建設され、19世紀初頭まで、残った。半島戦争の期間は、カスカイスも他のポルトガルの都市同様、フランス軍に占領された経験を持つ。

軍事都市の性格を帯びていたカスカイスが国際的なリゾート地へ脱皮するきっかけとなったのがルイス1世による城塞を王族の夏の離宮とする転換であった。1870年から1908年の間、王族は夏の間、カスカイスで滞在することが多かった。また、カスカイスでは、ポルトガルで初めて、電灯が灯ったことでも有名である。リスボンやシントラへの道路が整備されると同時に、カジノ闘牛場、スポーツクラブが作られ、人口は増え始め、1889年には、鉄道も開通した。この頃建てられた新古典主義建築カストロ・ギマランイス伯宮殿ポルトガル語版は、博物館として公開されている。

観光[編集]

交通[編集]

姉妹都市[編集]

ギャラリ ー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]