オーストリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Austria.svg Austrian Grand Prix
レッドブル・リンク
Circuit Red Bull Ring.svg
レース情報
周回 71
コース長 4.318 km (2.683 mi)
レース長 306.452 km (190.420 mi)
開催回数 34
初回 1963年
最多勝利
(ドライバー)
スイスの旗 ジョー・シフェール (3)
フランスの旗 アラン・プロスト (3)
最多勝利
(コンストラクター)
イギリスの旗 マクラーレン (6)
イタリアの旗 フェラーリ (6)
最新開催(2020年):
ポールポジション フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
メルセデス
1:02.939
決勝順位 1. フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
メルセデス
1:30:55.739
2. モナコの旗 シャルル・ルクレール
フェラーリ
+2.700s
3. イギリスの旗 ランド・ノリス
マクラーレン-ルノー
+5.491s
ファステストラップ イギリスの旗 ランド・ノリス
マクラーレン-ルノー
1:07.475

オーストリアグランプリオーストリアGP: Austrian Grand Prix: Großer Preis von Österreich)は、オーストリアで行われているF1グランプリのレース。

オーストリア国内で行われた、オーストリアGP以外の名称を持つF1レースも本項目で記述する。

歴史[編集]

1964年ツェルトベクで、1970年から1987年まではエステルライヒリンクで行われ、一時休止していたがコースを改修して1997年から2003年までA1リンクで行われた。

1987年のグランプリでは、スタート直後のクラッシュが繰り返し発生し、2度の赤旗中断、再スタートを含め計3回のスタートとなった。3度目のスタートでも追突が発生したり、アイルトン・セナがエンジンストールし一時コース上に取り残されるなど、荒れたレースとなった。

2013年7月、サーキットを保有するレッドブルは11年ぶりに開催されると発表した[1][2]。コース名称もA1リンクからレッドブル・リンクと改められて再開した2014年から2017年までメルセデスが4連勝していたが、2018年マックス・フェルスタッペンレッドブル・レーシングにホームグランプリ初優勝をもたらし、翌2019年もフェルスタッペンが制し、同年からレッドブルへパワーユニットの供給を開始したホンダ2015年のF1復帰以来初めての優勝をもたらした[3]

2020年新型コロナウイルス感染症の世界的流行により開幕戦として開催され[4]、翌週も同サーキットで「シュタイアーマルクグランプリ: Styrian Grand Prix: Großer Preis der Steiermark)」として開催されることになった[5]。感染拡大防止のため、両レースとも無観客レースとして開催された[6]

過去の結果と開催サーキット[編集]

オーストリアGP[編集]

F1世界選手権[編集]

ツェルトベク飛行場(1963-1964)
エステルライヒリンク(1969-1976)
エステルライヒリンク(シケイン追加、1977-1987)
A1リンク (1997-2003)
レッドブル・リンク (2014-2016)
決勝日 ラウンド サーキット 勝者 コンストラクター 結果
1964 8月23日 7 ツェルトベク イタリアの旗 ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 詳細
1970 8月16日 9 エステルライヒリンク ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 詳細
1971 8月15日 8 エステルライヒリンク スイスの旗 ジョー・シフェール BRM 詳細
1972 8月13日 9 エステルライヒリンク ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 詳細
1973 8月19日 12 エステルライヒリンク スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 詳細
1974 8月18日 12 エステルライヒリンク アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 詳細
1975 8月17日 12 エステルライヒリンク イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ マーチ-フォード 詳細
1976 8月15日 11 エステルライヒリンク イギリスの旗 ジョン・ワトソン ペンスキー-フォード 詳細
1977 8月14日 12 エステルライヒリンク オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ シャドウ-フォード 詳細
1978 8月13日 12 エステルライヒリンク スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 詳細
1979 8月12日 11 エステルライヒリンク オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
1980 8月17日 10 エステルライヒリンク フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャブイーユ ルノー 詳細
1981 8月16日 11 エステルライヒリンク フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェ-マトラ 詳細
1982 8月15日 13 エステルライヒリンク イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス ロータス-フォード 詳細
1983 8月14日 11 エステルライヒリンク フランスの旗 アラン・プロスト ルノー 詳細
1984 8月19日 12 エステルライヒリンク オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マクラーレン-TAG 詳細
1985 8月18日 10 エステルライヒリンク フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
1986 8月17日 12 エステルライヒリンク フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
1987 8月16日 10 エステルライヒリンク イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
1988
-
1996
開催されず
1997 9月21日 14 A1リンク カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズ-ルノー 詳細
1998 7月26日 10 A1リンク フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 詳細
1999 7月25日 9 A1リンク イギリスの旗 エディ・アーバイン フェラーリ 詳細
2000 7月16日 10 A1リンク フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 詳細
2001 5月13日 6 A1リンク イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 詳細
2002 5月12日 6 A1リンク ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2003 5月18日 6 A1リンク ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2004
-
2013
開催されず
2014 6月22日 8 レッドブル・リンク ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 詳細
2015 6月21日 8 レッドブル・リンク ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 詳細
2016 7月03日 9 レッドブル・リンク イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2017 7月09日 9 レッドブル・リンク フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 詳細
2018 7月01日 9 レッドブル・リンク オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 詳細
2019 6月30日 9 レッドブル・リンク オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 詳細
2020 7月05日 1 レッドブル・リンク フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 詳細

F1世界選手権外[編集]

1963年はF1非選手権レース、1965-1969年はスポーツカーレースとして開催された。

決勝日 サーキット 勝者 コンストラクター 結果
1963 9月01日 ツェルトベク オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 詳細
1965 8月22日 ツェルトベク オーストリアの旗 ヨッヘン・リント[7] フェラーリ [8]
1966 9月11日 ツェルトベク 西ドイツの旗 ゲルハルト・ミッター
西ドイツの旗 ハンス・ヘルマン[7]
ポルシェ [9]
1967 8月20日 ツェルトベク オーストラリアの旗 ポール・ホーキンス[7] フォード [10]
1968 8月25日 ツェルトベク スイスの旗 ジョー・シフェール[7] ポルシェ [11]
1969 8月10日 エステルライヒリンク スイスの旗 ジョー・シフェール
西ドイツの旗 クルト・アーレンスJr.[7]
ポルシェ 詳細

複数回優勝したドライバー[編集]

回数 ドライバー 優勝年
3 スイスの旗 ジョー・シフェール 1968, 19691, 1971
フランスの旗 アラン・プロスト 1983, 1985, 1986
2 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン 1973, 1978
オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ 1977, 1979
フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン 1998, 2000
ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 2002, 2003
ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ 2014, 2015
オランダの旗 マックス・フェルスタッペン 2018, 2019
フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス 2017, 2020

複数回優勝したコンストラクター[編集]

回数 コンストラクター 優勝年
6 イギリスの旗 マクラーレン 1984, 1985, 1986, 1998, 2000, 2001
イタリアの旗 フェラーリ 1964, 1965, 1970, 1999, 2002, 2003
5 ドイツの旗 メルセデス 2014, 2015, 2016, 2017, 2020
4 イギリスの旗 ロータス 1972, 1973, 1978, 1982
3 ドイツの旗 ポルシェ 1966, 1968, 1969
イギリスの旗 ウィリアムズ 1979, 1987, 1997
2 イギリスの旗 ブラバム 1963, 1974
フランスの旗 ルノー 1980, 1983
オーストリアの旗 レッドブル 2018, 2019
  • 太字2020年のF1世界選手権に参戦中のコンストラクター。
  • ピンク地はF1世界選手権以外で開催された年。

複数回優勝したエンジン[編集]

回数 メーカー 優勝年
10 アメリカ合衆国の旗 フォード * 1967, 1972, 1973, 1974, 1975, 1976, 1977, 1978, 1979, 1982
8 ドイツの旗 メルセデス ** 1998, 2000, 2001, 2014, 2015, 2016, 2017, 2020
6 イタリアの旗 フェラーリ 1964, 1965, 1970, 1999, 2002, 2003
3 ドイツの旗 ポルシェ 1966, 1968, 1969
ルクセンブルクの旗 TAG *** 1984, 1985, 1986
フランスの旗 ルノー 1980, 1983, 1997
2 日本の旗 ホンダ 1987, 2019

シュタイアーマルクGP[編集]

決勝日 ラウンド サーキット 勝者 コンストラクター 結果
2020 7月12日 2 レッドブル・リンク イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細

脚注[編集]

  1. ^ Die Formel 1 kommt zurück nach Österreich auf orf.at, abgerufen am 23. Juli 2013 um 12:42
  2. ^ http://www.gmx.at/themen/sport/formel1/60aimog-formel-1-kehrt-oesterreich-spielberg#.hero.Formel%201%20zur%C3%BCck%20in%20%C3%96sterreich.696.624
  3. ^ フェルスタッペンが首位チェッカー! ホンダに2006年以来の勝利をもたらす”. motorsport.com (2019年7月1日). 2019年7月1日閲覧。
  4. ^ 2020年F1序盤ヨーロッパラウンドの日程が正式決定。7月5日開幕、10週に8戦の超過密スケジュール”. autosport web (2020年6月2日). 2020年7月6日閲覧。
  5. ^ 2020年F1、イギリスとオーストリアでの2戦目は『70周年記念GP』と『シュタイアーマルクGP』の名称に”. autosport web (2020年6月3日). 2020年7月6日閲覧。
  6. ^ 【F1】いつ観客の前でレースができるかはまだ決められない”. Top News (2020年6月17日). 2020年7月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e Higham, Peter (1995). The Guiness Guide to International Motor Racing. p. 350. ISBN 0851126421 
  8. ^ Zeltweg 200 Miles 1965 - Race Results”. Racing Sports Cars. 2020年3月8日閲覧。
  9. ^ Zeltweg 500 Kilometres 1966 - Race Results”. Racing Sports Cars. 2020年3月8日閲覧。
  10. ^ Zeltweg 500 Kilometres 1967 - Race Results”. Racing Sports Cars. 2020年3月8日閲覧。
  11. ^ Zeltweg 500 Kilometres 1968 - Race Results”. Racing Sports Cars. 2020年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]