スチュワート・グランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スチュワート
創設者 ジャッキー・スチュワート
参戦年度 1997 - 1999
出走回数 49
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 1
通算獲得ポイント 47
表彰台(3位以内)回数 5
ポールポジション 1
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1997年オーストラリアGP
初勝利 1999年ヨーロッパGP
最終勝利 1999年ヨーロッパGP
最終戦 1999年日本GP
テンプレートを表示
SF-1を駆るバリチェロ(1997年)

スチュワートスチュワート・グランプリStewart Grand Prix)は、1997年から1999年までF1に参戦していたレーシングチーム。

歴史[編集]

スコットランド国立博物館に展示されているSF-2
SF-3を駆るハーバート(1999年)

往年の名ドライバーであるジャッキー・スチュワートとその息子ポールが共同出資という形で興し、1997年よりF1グランプリへの参戦を開始。

新参チームながら、フォードのワークス待遇やビッグスポンサー(HSBC)との契約など、なかなか恵まれたチーム体制となる。ドライバーはジョーダンからルーベンス・バリチェロをエース待遇で迎い入れ、セカンドドライバーには前年マクラーレンのテストドライバーを勤めていたヤン・マグヌッセンを起用した。1996年チャンピオンに輝きながら当時在籍していたウィリアムズルノーを解雇されたデイモン・ヒルも興味を示したが、「参戦初年度と言う事でリスクが高い」「古くから続くスチュワート一家との関係を拗らせる事はしたくなかった」と言う理由で見送った[1]

1997年には雨のモナコでバリチェロが2位に入り、ルクセンブルクGPでは一時両車入賞圏内を走るなど健闘を見せたが、新規参戦チームへのF1の壁は厚く、入賞はこの1回のみ。初期トラブルが多く完走率が低かった。しかし、予選ではしばしば速さを見せ、度々トップ10内に食い込んで見せた。

マシンのカラーは白地にジャッキー・スチュワートのトレードマークでもあるタータンチェックのラインを入れ、スポンサーロゴを貼るというシンプルな構成だった。

1998年もドライバーはバリチェロとマグヌッセンで変わらず。カーボンファイバー製ギアボックスなど攻めの姿勢でマシン製作を行うが裏目となり、さらにマシン自体が駄作と評され、低迷の原因になる。シーズン中盤にはマグヌッセンを解雇し、ヨス・フェルスタッペンを起用。コンストラクターズランキングは8位と昨年の9位を上回ったが、前年ほどのスピードを感じるさせることはなく、最高位は、波乱の第5戦スペインGPと第7戦カナダGPの5位。この年はたった5点しか獲得できなかった。

1999年はバリチェロとジョニー・ハーバートというラインナップで戦った。車体技術が著しく向上し、この年のアラン・ジェンキンスエグバル・ハミディによってデザインされたシャシーSF-3と軽量コンパクトでありながらハイパワーな新設計のコスワースCR-1エンジンの組み合わせは思いのほか強力で、フェラーリマクラーレンウィリアムズジョーダンといった強豪と互角に渡り合う健闘を見せる。バリチェロは第7戦フランスGPでチーム初となるポールポジションを獲得した。また、第14戦ヨーロッパGPで荒れたレースを制したハーバートがチーム初優勝をもたらし、バリチェロも3位表彰台を獲得した。こうした活躍もあり、1999年はフェラーリ、マクラーレン、ジョーダンに次ぎ、ウイリアムズを凌ぐコンストラクターズ4位と一挙に飛躍した。

だが1999年をもってスチュワートチームはフォードに買収され、ジャガーF1チームとして再出発する。しかしジャガーF1チームは政治的ないさかいに終始した結果、スチュワート時代最後の年の活躍が嘘であったかのように低迷を続け、更にはフォード本社の業績不振に伴い、2004年をもってレッドブルに身売りする結果に終わる。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1997年 スチュワート・フォード SF-1 B フォードZETEC-R テキサコ ルーベンス・バリチェロ
ヤン・マグヌッセン
9 0
1998年 スチュワート・フォード SF-2 B フォードZETEC-R テキサコ ルーベンス・バリチェロ
ヤン・マグヌッセン
ヨス・フェルスタッペン
8 0
1999年 スチュワート・フォード SF-3 B フォードCR-1 テキサコ ルーベンス・バリチェロ
ジョニー・ハーバート
4 1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「デイモン・ヒルインタビュー」『GP CAR STORY』Vol.23 アロウズA18・ヤマハ、三栄書房、 77頁。

関連項目[編集]