フットワーク・FA17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フットワーク・FA17
カテゴリー F1
コンストラクター フットワーク
デザイナー アラン・ジェンキンス
先代 フットワーク・FA16
後継 アロウズ・A18
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) プッシュロッド, ウィッシュボーン
サスペンション(後) プッシュロッド, ウィッシュボーン
エンジン ハート 830 72度 V8
トランスミッション アロウズ製 6速 縦置き セミAT
燃料 カストロール
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム フットワーク・ハート
ドライバー 16. リカルド・ロセット
17. ヨス・フェルスタッペン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

フットワーク・FA17は、フットワーク1996年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカーシムテックから移籍したヨス・フェルスタッペンと、去年の国際F3000シリーズ2位のリカルド・ロセットがドライブした。

フットワークはシーズン始めに、アロウズ創始者の一人であるジャッキー・オリバーと、トム・ウォーキンショーによって買収された。そのため、チームの焦点は1997年シーズンに向けられることとなり、1996年は失望のシーズンとなった。フェルスタッペンはアルゼンチンで6位に入りポイントを獲得したが、ハートV8エンジンの開発停滞、パワー不足によってチームはテールエンダーの常連となった。これに加えて翌年からF1に参戦したブリヂストンとの契約に従ったテストのため、マシンの開発はさらに妨げられた。

シーズンを通してフェルスタッペンは予選で常に中段につけるなど、そこそこの見せ場は作ったが、完走率はかなり低く、シーズン前半での完走はオーストラリアとアルゼンチンのみであった。彼は多くの機械的トラブルに苦しめられ、その中にはスロットルが戻らなくなって大事故につながったベルギーのようなレースもあった。また、イモラではピットアウトの際に燃料ホースを引き裂くという一歩間違えると大惨事になるような事故もあった。対照的にロセットは前半を終えた時点で新人ドライバーとしては安定していたが、フェルスタッペンに予選で全敗するなど結果を残せなかった。結局両名ともシーズン限りで放出され、フェルスタッペンはティレルに移籍。ロセットはローラに移籍した。翌年は前年度チャンピオンのデイモン・ヒルウィリアムズから移籍するという驚くべき決定をし、ペドロ・ディニスがセカンドドライバーとして加入した。

チームは結局1ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング9位でシーズンを終えた。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1996年 フットワーク・FA17 ハート 830
V8, 3.0
G オーストラリアの旗
AUS
ブラジルの旗
BRA
アルゼンチンの旗
ARG
欧州連合の旗
EUR
サンマリノの旗
SMR
モナコの旗
MON
スペインの旗
ESP
カナダの旗
CAN
フランスの旗
FRA
イギリスの旗
GBR
ドイツの旗
GER
ハンガリーの旗
HUN
ベルギーの旗
BEL
イタリアの旗
ITA
ポルトガルの旗
POR
日本の旗
JPN
1 9位
16 ブラジルの旗 リカルド・ロセット 19 Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 11 8 9 Ret 14 13
17 オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン 10 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 8 Ret 11


参照[編集]