フットワーク・FA16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フットワーク・FA16
Massimiliano Papis 1995 Britain.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター フットワーク
デザイナー アラン・ジェンキンス
先代 フットワーク・FA15
後継 フットワーク・FA17
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン ハート 830, 2,996 cc (182.8 cu in), V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション アロウズ / Xtrac製 6速 セミAT
燃料 サソル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム フットワーク ハート
ドライバー 9. イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ
9. イタリアの旗 マックス・パピス
10. 日本の旗 井上隆智穂
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1995年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

フットワーク・FA16は、フットワーク1995年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。デザイナーはアラン・ジェンキンス

開発と経緯[編集]

FA16は前年のコスワースHBエンジンに換えて、プライベートビルダーであるハートエンジンを搭載した。チーム2年目となるジャンニ・モルビデリと、スポンサーを持ち込んだ井上隆智穂がドライブした。チームの資金不足のため、モルビデリはシーズン中盤にマックス・パピスと交代した。

そのパフォーマンスはかなりのものであることが判明したが、チームはテストと開発を行うための予算を欠いていた。モルビデリは第6戦のカナダGPで6位に入り1ポイントを獲得した。これ以上のポイント加算は無いものと考えられたが、最終戦のオーストラリアGPでは多数の車がリタイアし、モルビデリは3位入賞、自身初の表彰台を獲得した。シーズン中盤に未経験なパピスと交代させられたモルビデリにとって、これは士気の上がる出来事であった。

牽引される井上隆智穂のFA16、モナコGPで

井上はオフィシャルカーとの2件のアクシデントで記憶される程度の速さでしかドライブできなかったが、それでもパピスよりはコンスタントに速かった。モナコGPではプラクティス後に牽引されてピットに戻る最中、オフィシャルカーに衝突されて横転するアクシデントに見舞われた。幸運にも彼はまだヘルメットを装着したままだったため怪我すること無く、決勝に参加することができた。

ハンガリーGPでは井上自身がレスキューカーに接触した。彼のFA16はエンジントラブルで停止し、消火器を持って火を消そうとした井上にコースカーがぶつかった。このときも彼は大きな怪我をすることは無かった。

チームは結局5ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング8位でシーズンを終えた。モルビデリが表彰台に上ったことで、チームは同ポイントを獲得したティレルよりも上位となった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1995年 フットワーク ハート 830
V8
G BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
PAC
太平洋共同体の旗
AUS
オーストラリアの旗
5 8位
ジャンニ・モルビデリ Ret Ret 13 11 9 6 14 Ret Ret 3
マックス・パピス Ret DNS Ret Ret 7 DNS 12
井上隆智穂 Ret Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret Ret Ret 12 8 15 DNS Ret 12 Ret

現在[編集]

その後は人手に渡りエンジンも積み替えられていたが、当時のドライバーである井上隆智穂に引き取られて現役当時の姿にレストアされている。

参照[編集]

  • Henry, Alan (ed.) (1995). AUTOCOURSE 1995-96. Hazleton Publishing. pp. 60-61. ISBN 1-874557-36-5. 

外部リンク[編集]