アロウズ・A19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アロウズ・A19
Mika Salo Arrows A19 Sinsheim Baden-Württemberg.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター アロウズ
デザイナー ジョン・バーナード
先代 アロウズ・A18
後継 アロウズ・A20
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン アロウズ 72度 V10
トランスミッション アロウズ製 6速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ダンカ・ゼプター・アロウズ
ドライバー 16. ペドロ・ディニス
17. ミカ・サロ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

アロウズ・A19は、アロウズ1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ジョン・バーナードが設計した。チーム2年目のペドロ・ディニスと、ジョーダンに移籍したデイモン・ヒルに代わってティレルから移籍してきたミカ・サロがドライブした。

開発の経緯[編集]

トップチームを渡り歩いてきたバーナードが、中堅チームのアロウズで手掛けたマシン。設計作業はバーナードやマイク・コフランが在籍するB3テクノロジーズで行われた。元々、この施設は母国イギリスでの仕事を好む彼が、フェラーリ在籍時に開設したデザインスタジオ (FDD) だった。しかし、アロウズとの関係は短期間で終わり、バーナードはプロストの技術コンサルタントに就任した。

バーナードはコークボトルラインを始めとして、個性的なサイドポンツーンのアイデアを発表してきたが、A19ではポンツーン後部側面を切り落としてラジエーターの廃熱ダクトを開口した。ほかには、カーボン (CFRP) 製のギアボックスケーシングが特徴である。カラーリングは前年のA18の青×白から黒一色に様変わりした。

エンジンはヤマハとの2年契約を解消し、トム・ウォーキンショーハートエンジンを買収し、「アロウズエンジン」に改称して搭載した。アロウズは1977年のBRM以来の自製エンジンを搭載したイギリスチームとなった。しかしながらハートの予算は他の主要コンストラクターに比べると十分ではなく、車の開発は思うように進まなかった。

A19はシーズンを通して信頼性が低く、出走レースのほとんどがリタイアに終わった。しかしながら、モナコGPではサロが4位、ディニスが6位と2台とも入賞を果たす。エンジン出力がそれほど重要で無いサーキットでは競争力を発揮し、シャシーの素性の良さを証明した。その後もリタイアは多く、ディニスがベルギーGPで5位に入ったのみであった。

結局チームの獲得ポイントは6となり、コンストラクターズランキング7位でシーズンを終えた。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1998年 アロウズ アロウズ V10 B AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
LUX
ルクセンブルクの旗
JPN
日本の旗
6 7位
ペドロ・ディニス Ret Ret Ret Ret Ret 6 9 14 Ret Ret Ret 11 5 Ret Ret Ret
ミカ・サロ Ret Ret Ret 9 Ret 4 Ret 13 Ret Ret 14 Ret DNS Ret 14 Ret

参照[編集]