シムテック・S951

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シムテック・S951
Simtek S951 1995.PNG
カテゴリー F1
コンストラクター シムテック
デザイナー ニック・ワース
ポール・クルックス
先代 S941
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード-コスワース EDB 3000 cc V8 (75°) NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン 6速 セミオートマ 横置き
重量 595 kg (1,310 lb)
(ドライバーを含む)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム MTV シムテック・フォード
ドライバー 11. イタリアの旗 ドメニコ・スキャッタレーラ
12. オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン
初戦 1995年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
5 0 0 0
テンプレートを表示

シムテック・S951 (Simtek S951) は、シムテック1995年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。11番車はドメニコ・スキャッタレーラ、12番車はヨス・フェルスタッペンがドライブした。テストドライバーは野田英樹。シーズン第6戦からは野田がスキャッタレーラに代わって11番車をドライブする予定であったが、チームは第5戦終了後にF1から撤退した[1]

エンジンはフォード-コスワース EDB 3.0リッターV型8気筒を搭載した[2][3]。チームのメインスポンサーはMTVであった[4]

設計と製作[編集]

S951はシムテックのオーナーであり技術部長でもあったニック・ワースと、シムテック・リサーチのチーフデザイナーのポール・クルックスが設計した[5][6]。前年型のS941の直接の発展型であり[7]ローランド・ラッツェンバーガーの死亡事故を踏まえて、堅実で単純なマシンとなった[8]

前年型からの大きな変更点は、エンジンとギアボックスであった。ギアボックスはベネトン製を採用し、エンジンはコスワースHBからEDBに変更された。ベネトン製のギアボックスは、ベネトンのテストドライバーであったフェルスタッペンを起用することの代償として貸与された物であった。S951は1995年のF1カーの中で最後に完成したマシンで、テストは最低限の回数しか行われなかった[8]

レース戦歴[編集]

S951はS941よりはるかに競争力を持っていた。フェルスタッペンとスキャッタレーラは何度か完走を果たした。フェルスタッペンは予選で中位クラスに付け、彼の最高位はアルゼンチンでの14位であった。決勝ではトランスミッションのトラブルでリタイアに終わった[8]。また、決勝における最高のパフォーマンスは同じくアルゼンチンで、一時は6位を走行した[9]。しかしながらチームにとっての最高成績はスキャッタレーラのアルゼンチンにおける9位であった。

第5戦モナコでは両名ともスタートに失敗する。最終戦となったこのレースではいずれもリタイアとなっている。チームは設立からの18ヶ月で600万ポンドの累積債務を抱え、ワースは次戦のカナダGPを欠場し、スポンサーからの資金を確保してフランスGPへの参加を目指したが失敗に終わった。チームは破産し、撤退を余儀なくされた。S951は1995年7月に行われたオークションで売却され、フェルスタッペン車が1万8000ポンド、スキャッタレーラ車は1万6000ポンドで落札された[1]

S951は1995年から展示されていたが、2006年に初めて走行した。2007年にはEuroBOSS選手権で使用され、ポール・スミスとピーター・アレクサンダーがドライブした[10][11]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1995年 シムテック フォード コスワース V8 G BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
ドイツの旗
PAC
日本の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 13位
ドメニコ・スキャッタレーラ Ret 9 Ret 15 DNS
ヨス・フェルスタッペン Ret Ret Ret 12 Ret

参照[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b Simtek - Profile”. F1 Rejects (2004年10月13日). 2008年3月28日閲覧。
  2. ^ Simtek Grand Prix”. All Formula One Info. 2008年3月28日閲覧。
  3. ^ The F1 Cars - 1992 - 1999”. euronet.nl. 2008年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月28日閲覧。
  4. ^ Domenico Schiatterella”. Grand Prix Racing. 2008年3月28日閲覧。
  5. ^ Verstappen signs for Simtek”. GrandPrix.com (1995年2月23日). 2007年3月17日閲覧。
  6. ^ Car Model - Simtek S951”. ChicaneF1. 2008年3月28日閲覧。
  7. ^ Simtek S951”. Grand Prix Racing. 2008年3月28日閲覧。
  8. ^ a b c Henry (ed.), p.62
  9. ^ Henry (ed.), p.99
  10. ^ GPLIVE EUROBOSS TEST DAY!”. EuroBOSS.com (2007年3月19日). 2008年3月28日閲覧。 “With the time lost due to conditions and with few laps under their belt, Jodie Hemming in the striking 'snake head' Jordan and the two beautiful 1995 Simteks of Paul Smith and Peter Alexander, used the little time the weather allowed, to sort their cars for the forthcoming 16 race series.”
  11. ^ Russell, Scott. “Resurrection: Simtek Lives! An interview with EuroBOSS driver Peter Alexander”. Chequered Flag Motorsport. 2008年3月28日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]