ティレル・023

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティレル 023
1995年イギリスGPでの023 片山右京がドライブ
1995年イギリスGPでの023
片山右京がドライブ
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
主要諸元
エンジン ヤマハOX10C
主要成績
チーム ティレル
ドライバー 片山右京
ミカ・サロ
ガブリエル・タルキーニ
出走時期 1995年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 5
初戦 1995年ブラジルGP
最終戦 1995年オーストラリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ティレル 023は、ティレル1995年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカーで、ハーベイ・ポスルスウェイトが設計した。1995年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

概要[編集]

この年新たに携帯電話端末製造会社のノキアをタイトルスポンサーに迎えた。

023には、1993年いっぱいで禁止されてしまったアクティブサスペンション同様の機能を発揮し、セッティングの幅が広くしかもセッティング変更の時間も短縮できるといわれた新機構、油圧式のハイドロリンクサスペンションを装備していた。しかし、シーズン開幕直後からマシンには速さが見られず、第9戦ドイツGP以降は022に搭載されていたものと同じノーマルサスペンション(パッシブサスペンション)に変更されてしまった。

サイドポンツーン後方は高さも幅も022より格段に細くコンパクトにされていた。また、センターディフューザー上で左右ステップボトム後端を合流させることでダウンフォースの増加にも努めた。しかし、対照的にフロント周りは022と酷似したデザインだった。

1995年シーズン[編集]

第13戦ポルトガルGPのスタート直後に大クラッシュに遭った片山右京は第14戦ヨーロッパGPを欠場した。代役にテストドライバーのガブリエル・タルキーニがたてられた。第15戦からは再び右京が復帰した。

1994年の活躍から、さらに躍進が期待されたティレルだったが、ミカ・サロの3度の入賞による5ポイントしか獲得できないシーズンを送った。ノキアはこの年いっぱいでスポンサーから撤退した。

スペック[編集]

1995年イギリスGPでの023
ミカ・サロがドライブ

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ヤマハOX10C
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,000cc
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 アジップ
  • イグニッション ザイテック
  • インジェクション ザイテック

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
PAC
太平洋共同体の旗
AUS
オーストラリアの旗
1995 3 日本の旗 片山右京 Ret 8 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 Ret Ret 10 Ret INJ 14 Ret Ret 5 8位
3 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ 14
4 フィンランドの旗 ミカ・サロ 7 Ret Ret 10 Ret 8 15 8 Ret Ret 8 5 13 10 12 6 5

脚注[編集]