ティレル・010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティレル・010
Tyrrell 010 front-left Donington Grand Prix Collection.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル・レーシング・オーガニゼーション
デザイナー モーリス・フィリップ
先代 009
後継 011
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン、プルロッド、コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン、プルロッド、コイルスプリング
エンジン フォード-コスワースDFV 2,993 cc (182.6 cu in), 90度 V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FG 400 6速 MT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
ミシュラン
エイヴォン
主要成績
チーム キャンディ・チーム・ティレル (1980)
ティレル・レーシングチーム (1981)
ドライバー アイルランドの旗 デレック・デイリー
フランスの旗ジャン=ピエール・ジャリエ
アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー
イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1980年南アフリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
23 0 0 0
テンプレートを表示

ティレル・010(Tyrrell 010)は、ティレル1980年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。設計はモーリス・フィリップ

010はそれまでのマシン同様にフォード-コスワースDFVを搭載し、1980年シーズンの第3戦、南アフリカグランプリでデビューを果たした。ドライバーはジャン=ピエール・ジャリエデレック・デイリー。シーズン終盤の2戦ではマイク・サックウェルがサードカーをドライブした。

チームは1981年シーズンも引き続いて010を使用した。アメリカ人ドライバーのエディ・チーバーケビン・コーガンが開幕戦のアメリカグランプリでドライブしたが、コーガンは次戦のブラジルでアルゼンチン人ドライバーのリカルド・ズニーノと交替した。ズニーノも2戦を走っただけで、サンマリノグランプリではイタリア人ドライバーのミケーレ・アルボレートと交替となる。アルボレートはティレルでF1デビューを果たしたが、その後は生涯215戦に参戦し194戦で予選通過、5勝を挙げ2回のポールポジション、表彰台を23回獲得し、1985年シーズンはフェラーリでランキング2位を獲得した。

ティレルは1981年シーズンの途中で010に代えて新型の011を投入した。010の最後のレースは1981年オーストリアグランプリで、アルボレートが予選22位、決勝は40ラップ目にギアボックスのトラブルでリタイアした。010のベストリザルトは4位が2回で、1回はデイリーによる1980年イギリスグランプリ、もう1回はチーバーによる1981年イギリスグランプリであった。チーバーは010による最後のレースとなり、次戦ドイツからは011をドライブした。010は1980年シーズンに9ポイント、1981年シーズンに8ポイントを挙げた。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1980年 キャンディ・チーム・ティレル コスワースDFV
V8 NA
G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
12* 6位
デレック・デイリー Ret 8 9 Ret 11 4 10 Ret Ret Ret Ret Ret
ジャン=ピエール・ジャリエ 7 Ret 5 Ret 14 5 15 Ret 5 13 7 NC
マイク・サックウェル Ret DNQ
1981年 ティレル・レーシングチーム コスワースDFV
V8 NA
M


A

USW
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
CPL
アメリカ合衆国の旗
10** 10位
エディ・チーバー 5 NC Ret Ret 6 5 NC 13 4
ケビン・コーガン DNQ
リカルド・ズニーノ 13 13
ミケーレ・アルボレート Ret 12 Ret DNQ 16 Ret DNQ Ret

* ティレル・009による3ポイントを含む。
** ティレル・011による2ポイントを含む。