スリム・ボルグッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スリム・ボルグッド
基本情報
フルネーム カール・エドワード・トミー・ボルグッド
国籍  スウェーデン
出身地 同・カルマル県ボリホルム
生年月日 (1946-11-25) 1946年11月25日(73歳)
F1での経歴
活動時期 1981-1982
所属チーム '81 ATS
'82 ティレル
出走回数 15 (10スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1981年サンマリノGP
最終戦 1982年アメリカ西GP
テンプレートを表示

カール・エドワード・トミー・"スリム"・ボルグッドKarl Edward Tommy "Slim" Borgudd, 1946年11月25日 - )は、スウェーデン出身のミュージシャン、元レーシングドライバーである。ATSティレルよりF1に参戦した。

経歴[編集]

ボルグッドは、カルマル県ボリホルムに生まれた。

ボルグッドの初期のキャリアはミュージシャンとしてのもので、主にジャズ・ロック・バンドでドラマーを務めた。著名なバンドでは、メイド・イン・スウェーデン(Made In Sweden)、ソーラー・プレクサス(Solar Plexus)に参加した。また、ABBAの初期の数曲でドラムを担当した。ビョルン・ウルヴァースとは、ABBA以前にもフーテナニー・シンガーズ(Hootenanny Singers)でともに活動した。

ボルグッドは1960年代中盤にロータスフォーミュラ・フォードでレース活動を開始した。ボルグッドのレース活動が本格的になるのは1972年のことで、このシーズンはクラブイベントのスポーツカーレースで5勝を挙げた。ボルグッドは1972年から1975年までスウェーデンツーリングカー選手権に参戦し、ヒルマン・インプボルボ・122をドライブした。1972年は同選手権で2位となった。ボルグッドは並行して参戦した同年のスカンジナビアン・フォーミュラ・フォードでも2位となり、翌1973年には同選手権でタイトルを獲得した。

1976年、ボルグッドはF3にステップアップしたが、1977年までは散発的な参戦にとどまった。1978年にボルグッドは自らのチームを立ち上げ、スウェーデンの国内シリーズとヨーロッパシリーズにラルトトヨタでフル参戦を果たした。ボルグッドは1979年にスウェーデンシリーズのチャンピオンを獲得し、ヨーロッパシリーズでは選手権3位を獲得した。1980年、F2へのステップアップに失敗したボルグッドはモナコグランプリのF3レースに参戦した。このレースでは3位まで順位を上げることに成功したが、ボディワークが緩み、ボルグッドはボディを片手で押さえながらレースをフィニッシュした。

1981年オランダグランプリにて(後方はエリセオ・サラザール

1981年、34歳のボルグッドはついにF1デビューを果たした。サンマリノGPでATSから参戦したボルグッドのマシンには、ABBAのロゴがサイドポッドに貼られていた(ロゴのみでスポンサー料は無かった)。しかしこれは優良なスポンサーであり、他の出資者の魅力となった。ボルグッドは予選落ちを続けたが、1981年イギリスグランプリでは前車のリタイヤにも助けられながらも1ポイントを獲得した。以後も奮戦を続けたが、それ以上のポイントを獲得することはできなかった。

1982年、ボルグッドはケン・ティレルと契約し、ミケーレ・アルボレートのチームメイトになった。ボルグッドは1981年には数回にわたりアルボレートよりも上位の予選順位を獲得していた。ボルグッドはこのチームに適応することができず、自身が持ち込んだスポンサーマネーが底をつくと、シーズン序盤に突然チームを去った。

1983年から1985年まで、ボルグッドは散発的にレース活動を行い、1985年にはマカオグランプリに参戦した。1987年にはル・マン24時間レースに参戦し、1989年にはイングランドのツーリングカーレース、ウィルハイア24時間(en:Willhire 24 Hour)でフォード・シエラをドライブして勝利を挙げた。ボルグッドは1986年からトラックレースで名をなした。1986年、ボルグッドはヨーロッパ・トラックレーシングカップのディビジョン2のチャンピオンとなり、翌1987年にはディビジョン3のチャンピオンを獲得した。1992年にはクラスが改められた同シリーズで、クラスBの3位となった。

1993年、ボルグッドはフルタイムのレーシングドライバーとして復帰した。ボルグッドはマツダのワークスチームに加入し、 クセドス6をドライブして英国ツーリングカー選手権(BTCC)に参戦したが、成績を残すことができなかった。ボルグッドは翌1994年に同じマシンでノルディックツーリングカー選手権に参戦し、チャンピオンを獲得した。マツダは翌1995年にBTCCへ復帰する計画を立てたが、その計画は頓挫した。

1994年、ボルグッドはトラックレーシングカップの第一線に戻り、シーズンを通じてタイトルを争ったが、イギリス人のスティーブ・パリッシュに敗れた。翌1995年には、ボルグッドはパリッシュとマルクス・エストライヒに大差をつけてタイトルを獲得した。1996年と1997年のボルグッドは選手権5位と4位に留まると、他のドライバーを優遇しているとメルセデス・ベンツを非難し現役からの引退を発表した。以後、ボルグッドはアマチュアレベルのレースに散発的に参戦した。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1981年 ATS D4 USW BRA ARG SMR
13
MON
DNPQ
20位 1
HGS1 BEL
DNQ
ESP
DNQ
FRA
DNQ
GBR
6
GER
Ret
AUT
Ret
NED
10
ITA
Ret
CAN
Ret
CPL
DNQ
1982年 ティレル 011 RSA
16
BRA
7
USW
10
SMR BEL MON DET CAN NED GBR FRA GER AUT SUI ITA CPL NC
(20位)
0

(key)

References[編集]

先代:
アンデルス・オロフソン
スウェーデンF3チャンピオン
1979
次代:
トルビョルン・カールソン