リカルド・ズニーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リカルド・ズニーノ
基本情報
フルネーム リカルド・ヘクトール・ズニーノ
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
出身地 同・サンフアン
生年月日 (1949-04-13) 1949年4月13日(69歳)
F1での経歴
活動時期 1979-1981
所属チーム '79-'80 ブラバム
'81 ティレル
出走回数 11 (10スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1979年カナダGP
最終戦 1981年アルゼンチンGP
テンプレートを表示

リカルド・ズニーノRicardo Héctor Zunino[1], 1949年4月13日 - )は、アルゼンチン出身の元F1ドライバー

来歴[編集]

1977年、ユーロレーシングからヨーロッパF2選手権に参戦。翌1978年マーチのワークスチームから出走し、選手権12位に入る[2]1979年オーロラF1選手権に参加、ブランズ・ハッチで優勝するなど39ポイントを獲得しランキング5位を記録した[2]

この年のカナダGPでF1デビュー。ズニーノがレース観戦のためモントリオールに訪れた[3]際に、ブラバムニキ・ラウダがフリー走行後突然引退し、その後釜としてブラバムでテスト走行の経験があったズニーノが急遽出走する事になった[3]。そのため、予選にはラウダが残していったヘルメットとレーシングスーツを着用して臨んだ[4]。このレースで最高位4位を記録し最終的に7位で完走[3]、翌アメリカGPでは予選9位に入る[3]1980年はブラバムのレギュラードライバーとして出走し、アルゼンチン、ブラジルGPでそれぞれ7位・8位完走を果たすが、以降は低速しフランスGPを最後に解雇される[3]。翌1981年、非選手権レースとして開催された南アフリカGPでブラバムに戻って出走[2]した後、ブラジルGPからティレルに加入するも2戦出走後、ミケーレ・アルボレートと交代する形で再びシートを失う。その後、1982年フォークランド紛争が起こったためF1参戦を断念した[3]

引退後は地元アルゼンチンのバレアルでリゾートホテルを経営している[3]

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1979年 パルマラット (ブラバム) BT49 ARG BRA RSA USW ESP BEL MON FRA GBR GER AUT NED ITA CAN
7
USA
Ret
NC
(24位)
0
1980年 ARG
7
BRA
8
RSA
10
USW
Ret
BEL
Ret
MON
DNQ
FRA
Ret
GBR GER AUT NED ITA CAN USA NC
(23位)
0
1981年 ティレル 010 USW BRA
13
ARG
13
SMR BEL MON ESP FRA GBR GER AUT NED ITA CAN CPL NC
(30位)
0

(key)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Recardo Zunino”. ESPN F1. 2013年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c Recardo Zunino - biography”. F1 Rejects. 2013年2月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『F1 RACING日本版』 三栄書房、2010年6月号、31頁。
  4. ^ 『オートスポーツ』 三栄書房、1979年12月1日号、83頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]