ブラバム・BT22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラバム・BT22
2008年のタスマン・リバイバル, オーストラリア、イースタン・クリーク
2008年のタスマン・リバイバル, オーストラリア、イースタン・クリーク
カテゴリー F1 / タスマンシリーズ
コンストラクター イギリスの旗 ブラバム
デザイナー オーストラリアの旗 ロン・トーラナック
先代 ブラバム・BT20
後継 ブラバム・BT23B
主要諸元
サスペンション(前) Ressort, double fourche, cable
サスペンション(後) Ressort, double fourche, cable
エンジン コヴェントリー・クライマックス FPF 2,800 cc (170.9 cu in) L4 ミッドエンジン, 縦置き
燃料 エッソ
サソル
タイヤ グッドイヤー
ファイアストン
主要成績
チーム イギリスの旗 ブラバム・レーシング・オーガニゼーション
スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム
ドライバー ニュージーランドの旗 デニス・ハルム
スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ
イギリスの旗 クリス・アーウィン
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
0 0 0
テンプレートを表示

ブラバム・BT22 (Brabham BT22) は、ブラバムが開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはロン・トーラナックF1世界選手権では1966年に使用された。

開発[編集]

元々はフォーミュラ・リブレ用の車両としてBT11Aを元にして開発された。サスペンションジオメトリーはBT19のものが使用された[1]。2台がBT11Aから改修され、1965年のノンタイトル戦でジャック・ブラバムがドライブした。その後1966年に4戦で使用された。ワークスチームが放出したマシンは南アフリカF1選手権やタスマンシリーズで使用された。

1台のみ新車がスコットランドの顧客用に製作されたが、後にニュージーランド人ドライバーのジム・パーマータスマンシリーズで使用した[1]


F1における全成績[編集]

(key) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ポイント 順位
1966年 ブラバム・レーシング・オーガニゼーション コヴェントリー・クライマックス FPF L4 G MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
NED
オランダの旗
GER
ドイツの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
- -
デニス・ハルム Ret Ret
クリス・アーウィン 7
ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム コヴェントリー・クライマックス FPF L4 F ヨアキム・ボニエ NC

参照[編集]

  1. ^ a b BRABHAM / MOTOR RACING DEVELOPMENT (MRD) CARS”. 2017年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]