トールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トールマン
活動拠点 {{{活動拠点}}}
創設者 テッド・トールマン
スタッフ {{{スタッフ}}}
ドライバー {{{ドライバー}}}
参戦年度 1981 - 1985
出走回数 57
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 26
表彰台(3位以内)回数 3
ポールポジション 1
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 1981年サンマリノGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1985年オーストラリアGP
テンプレートを表示

トールマンToleman)はかつてF1に参加していたイギリスのマシン製造者(コンストラクター)、レーシングチームである。

概要[編集]

このチームは、自動車運搬車を販売していたテッド・トールマンの支援を受けた、フォーミュラ・フォード2000のチームを起源とする。その後チームはF2にステップアップし、1978年はマーチ、1979年にはラルトシャーシで参戦した。1980年には、ロリー・バーンの設計したオリジナルシャーシTG280にハートエンジン、ピレリタイヤの組み合わせで圧倒的な速さを見せ、ヨーロッパF2選手権で1,2位を独占した。この勢いに乗って同年11月、翌年からのF1参戦を発表した。

1981年、ヨーロッパラウンドの始まりである第4戦サンマリノGPでF1デビュー。F2時代にも使用したハートのエンジンは、新設計のターボ付き415Tとなり、シャーシはロリー・バーンによる新設計のTG181、ドライバーも、前年のF2でのドライバーと同じく、ブライアン・ヘントンデレック・ワーウィックという組み合わせでの参戦となった。しかし、非力で重いマシンに苦しみ、各ドライバーとも予選通過1回という結果に終わった。

1982年は、ドライバーのヘントンがチームを離れ、テオ・ファビを新たに迎えた。前年同様、予選に苦しんだが、オランダGPではワーウィックがファステストラップを記録した。

1983年から規定の変更により全車フラットボトムに変わり、前年型をレギュレーションに合わせたTG183Bを投入。フロント/リアウイングに特徴を持つこのマシンは強力なダウンフォースを得て競争力は急速に高まっていった。ワーウィックが第12戦オランダグランプリから4戦連続入賞し、コンストラクターズ9位を記録した。

1984年のモナコGPにて2位になったトールマンTG184

1984年には、アイルトン・セナがトールマンからデビューを果たした。1983年のイギリス・フォーミュラ3選手権を制したセナは、2戦目の南アフリカGPで早くも6位入賞を果たすと、大雨で短縮されたモナコGPでは優勝したアラン・プロストをあわやというところまで追い詰める走りで2位表彰台を獲得、その後イギリスGPでも3位表彰台を獲得する活躍を見せた。この活躍に目をつけたロータスはセナと翌1985年から契約することを発表したが、セナとトールマンとの契約は翌年もまだ残っていたため、ペナルティとしてイタリアGPではセナの代わりにステファン・ヨハンソンを出走させた[1]。最終戦ポルトガルGPではこの年の予選最高位となる3番グリッドからスタートしレースでも3位に入ったセナは、このシーズンをもってロータスへ移籍した。なおジョニー・チェコットがイギリスGPで負傷し出走不能となったが、イタリアGPまで代役を立てずセナのみの1カーエントリーで計3戦走った。

1985年にはミシュランの撤退によりタイヤ供給に関する問題に直面し、開幕より3戦まで出走することができなかった。その後、倒産したスピリットが使っていたピレリ製タイヤを引き継いでようやく出走可能となった。同年には、ティレルアルファロメオを支援していたベネトンとの大口スポンサー契約を取り付けた。なお、この年のドイツGPでは、テオ・ファビがチーム史上唯一となるポールポジションを獲得している。

ベネトンは1985年シーズン終了後にトールマンを買収し、チームは1986年にベネトン・フォーミュラと改名された。その後、このチームは2001年にルノーによって買収され2002年よりルノーF1として参戦していたが、ルノーのワークス参戦休止により2011年からはロータスに改名、2016年から再びルノーが買収し、ルノー・スポールF1チームとして活動を継続している。

F1における成績[編集]

シャシ タイヤ Drivers 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 Point WCC
1981 TG181 P USW BRA ARG SMR BEL MON ESP FRA GBR GER AUT NED ITA CAN LVS 0 NC
B. Henton DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 10 DNQ DNQ
D. Warwick DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ Ret
1982 TG181C
TG183
P RSA BRA USW SMR BEL MON USE CAN NED GBR FRA GER AUT SUI ITA CPL 0 NC
D. Warwick Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret 15 10 Ret Ret Ret Ret
T. Fabi DNQ DNQ DNQ NC Ret DNQ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret DNQ
1983 TG183B P BRA USW FRA SMR MON BEL USE CAN GBR GER AUT NED ITA EUR RSA 10 9th
D. Warwick 8 Ret Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret Ret 4 6 5 4
B. Giacomelli Ret Ret 13 Ret DNQ 8 9 Ret Ret Ret Ret 13 7 6 Ret
1984 TG183B
TG184
P


M

BRA RSA BEL SMR FRA MON CAN DET DAL GBR GER AUT NED ITA EUR POR 16 7th
A. Senna Ret 6 6 DNQ Ret 2 7 Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 3
J. Cecotto Ret Ret Ret NC Ret Ret 9 Ret Ret DNQ
S. Johansson 4 Ret 11
P. Martini DNQ
1985 TG185 P BRA POR SMR MON CAN DET FRA GBR GER HUN ITA BEL ESP EUR RSA AUS 0 NC
T. Fabi Ret Ret Ret 14 Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret Ret Ret
P. Ghinzani DNS Ret DNS Ret Ret Ret Ret

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1981 Candy Toleman Motorsport TG181 P ハート415T(直4ターボ) BP ブライアン・ヘントン
デレック・ワーウィック
- -
1982 Candy Toleman Motorsport TG181C
TG183
P ハート415T(直4ターボ) BP デレック・ワーウィック
テオ・ファビ
- -
1983 Candy Toleman Motorsport TG183B P ハート415T(直4ターボ) BP デレック・ワーウィック
ブルーノ・ジャコメリ
9 -
1984 Toleman Group Motorsport TG183B
TG184
P

M

ハート415T(直4ターボ) Agip アイルトン・セナ
ステファン・ヨハンソン
ジョニー・チェコット
ピエルルイジ・マルティニ
7 -
1985 Toleman Group Motorsport TG185 P ハート415T(直4ターボ) Agip テオ・ファビ
ピエルカルロ・ギンザーニ
- -

脚注[編集]

  1. ^ ヨハンソンの車両は通常はカーナンバー20であるが、このペナルティでセナの車両(カーナンバー19)をヨハンソンがドライブした。尚、カーナンバー20にピエルルイジ・マルティニが1戦だけスポット参戦し、これがマルティニのF1デビューにもなっている。

関連項目[編集]