クリーブランド・バーク・レイクフロント空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯41度31分03秒 西経081度41分00秒 / 北緯41.51750度 西経81.68333度 / 41.51750; -81.68333

クリーブランド・バーク・レイクフロント空港
Cleveland Burke Lakefront Airport
Cleveland Burke Lakefront Airport.jpg
管制塔とターミナルビル。
IATA: BKLICAO: KBKLFAA: BKL
概要
空港種別 公共
所有者 クリーブランド市
供給都市 オハイオ州クリーブランド
標高 583 ft / 178 m
滑走路
方向 全長 表面
ft m
6L/24R 6,198 1,889×45 アスファルト
6R/24L 5,197 1,584×30 アスファルト
統計 (2004年)
Aircraft operations 84,101
Based aircraft 72
出典:FAA[1]、公式サイト[2]

クリーブランド・バーク・レイクフロント空港 (Cleveland Burke Lakefront Airport) は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドに所在する空港。クリーブランド市北東部、エリー湖岸に位置する。同空港は一般空港として分類され、クリーブランドの主要空港であるクリーブランド・ホプキンス国際空港の混雑緩和のための空港として指定される。連邦航空局のデータによると、同空港は2008年度オハイオ州において4番目に多忙な空港であった。空港の名は元クリーブランド市長であり上院議員であったトーマス・A・バークに因んで命名された。

クリーブランド・バーク・レイクフロント空港はクリーブランド市が所有、運営している。同空港ではビジネスジェットや近距離チャーター便の就航数が増加している。2005年には20,618便のチャーター便が発着し、2006年には23,370便に増加した。2007年度は最初の10ヶ月で18,595便が発着した。同空港の発着便数は年平均87,000便である(2000年から2006年)。2007年の最初の10ヶ月間の総便数は60,013便である。

就航便[編集]

2006年末以来、同空港には商業路線が就航していない。ディスティネイション・ワン社が短期間定期チャーター便をデトロイトおよびシンシナティ近郊の空港、ヒルトン・ヘッド空港サウスカロライナ州)との間に運行していたが、現在は廃止されている。ライト・エアラインズは破産宣告前の1970年代から80年代にかけて同空港を拠点として運行していた。1979年、ミッドウェイ・エアラインズがシカゴのシカゴ・ミッドウェー国際空港との間に定期便を運行していた。

イベント[編集]

クリーブランド・バーク・レイクフロント空港はチャンプカー・ワールド・シリーズの1戦、グランプリ・オブ・クリーブランドの開催地として使用されていたが、最後に開催されたのは2007年のことであった。同空港はアメリカ合衆国における、安全で高速走行可能なカーレースが開催できる唯一の空港であった。また、毎年労働者の日の週末にクリーブランド国際航空ショーが開催される。

参照[編集]

外部リンク[編集]