セオドール・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セオドールから転送)
移動先: 案内検索
セオドールレーシング
徳利賽車隊・香港
Theodore Racing
活動拠点 {{{活動拠点}}}
創設者 {{{創設者}}}
スタッフ {{{スタッフ}}}
ドライバー {{{ドライバー}}}
参戦年度 1978 , 1981 - 1983
出走回数 34
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 2
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1978年南アフリカGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1983年ヨーロッパGP
テンプレートを表示

セオドール中国語名:徳利賽車隊・香港英語名:Theodore Racing)は、1978年と、1981年から1983年までF1に、その後はF3CARTなどに参戦しているレーシングチーム。F1時代の本拠地はイギリス香港イギリスに、現在は中華人民共和国マカオに本拠地を置く。

概要[ソースを編集]

チーム設立[ソースを編集]

徳利賽車隊のフォーミュラマシン
徳利賽車隊のF3マシン(アイルトン・セナ車)
徳利賽車隊のF3マシン。ラルトRT34(ミカ・ハッキネン車のレプリカ)

創立者のテディ・イップ(本名:セオドール・イップ/葉德利)は1907年、オランダ領東インド(現在のインドネシア)生まれの華僑レジスターの販売権を持ち、アジア全域でビジネスを展開し成功を収めイギリスの植民地の香港に移る。

1950年代から自らステアリングを握り、レーシングドライバーとしてマカオグランプリなどに参戦した。その後自らが参戦するだけでなくマカオグランプリの主要運営メンバーとなったほか、同グランプリに「セオドール」の名を冠したレーシングチームのオーナーとしても参戦することになった。

その後もマカオグランプリなどに参戦し、1970年代中盤はアメリカのF5000シリーズ等にも参戦し、この頃に後のシャドウF1のチームオーナーとなるドン・ニコルズ等と知己を得る。

F1参入[ソースを編集]

その後イップは、1974年にF1のエンサイン・チームに「セオドールレーシング」の名でスポンサーとして参入。さらに1977年には同チームからマシンを購入し「セオドールレーシング」として初めてF1にエントリー(パトリック・タンベイ)。

同年の富士スピードウェイで開催された1977年F1日本グランプリにも出場(決勝:リタイヤ)。後にシャドウを買収、その後エンサインも買収しオーナーとして1983年までF1に参戦した。

その他[ソースを編集]

F1活動停止後もマカオを拠点に、地元のマカオグランプリや、日本で行われた国際格式レースであるインターF3リーグインターTECなど、F3やツーリングカーレースに1990年代まで同名での参戦を継続し、マカオグランプリの強豪(名物)チームとしてアジアを中心にモータースポーツ界にその名を轟かせた。

マカオグランプリにおいては、1980年代以降にアイルトン・セナミカ・ハッキネンなど、その後F1でワールドチャンピオンとなる多くのドライバーがセオドールからエントリーしたため、F1撤退後もヨーロッパやアメリカにおいてもその知名度は高かった。

なお、2013年よりテディ・イップJr、元セオドールレーシングのドライバーだったデビッド・ケネディを中心としたSTATUS GPとイタリアのF3チーム プレマパワーチームをテクニカルパートナー、マカオの「第60回マカオグランプリ」に復活。このレースでアレックス・リンが電撃的な優勝を飾っている。

チームとしては1992年までを第一期、2013年からを第二期と定めており、2015年には日本のスーパーフォーミュラへの参戦と、その後のF1参戦への復帰を検討していると発表された。

東南アジア最初のF1チームオーナー[ソースを編集]

なおイップは、マカオの中心部に建てられた「マカオグランプリ博物館」に大きな展示コーナーを供されるなど、マカオグランプリを世界的に著名なものとした立役者として、そして日本以外のアジア諸国で最初のF1チームのオーナーとして歴史にその名を留めることとなった。

F1における歴史[ソースを編集]

第1期[ソースを編集]

セオドール・TR1

参戦初年度は1977年のエンサインを使用。ドライバーはパトリック・タンベイを起用。参戦二年目の1978年のドライバーは、後にワールドチャンピオンとなるフィンランド人ドライバーのケケ・ロズベルグとアメリカ人のエディ・チーバーを揃えた。早くも同年にイギリスで行われたノンタイトルF1レース デイリー・エクスプレス・トロフィーでロズベルグが優勝するなど幸先のいいスタートを飾る。

しかし、このレース以外ではまともな成績を上げられず、途中からウルフ1977年型シャーシである「WR1(実際にはWR3)」、ウイングカーのWR5を購入して参戦を継続した。途中からこの車輌を使用したままイギリス国内F1選手権のオーロラF1選手権へ活動の場を移した(他にニュージーランドのF5000等に混走で参加)。

1978年[ソースを編集]

  • マシン:セオドールTR1・コスワース、ウルフWR3/ウルフWR5コスワース
  • ドライバー
F1世界選手権 :ケケ・ロズベルグ/エディー・チーバー、オーロラF1選手権:デビット・ケネディー

1979年以降[ソースを編集]

セオドール・TY02

1979年以降、スポンサーシップの予算を拡大し徐々にエンサインへのオーナーシップを強めながらも、アメリカ時代の付き合い等からシャドウを買収する。しかしエンサインとの関係も継続しスポンサーシップを継続し、セオドールレーシング(シャドウ)とエンサインの両者にセオドールのロゴが貼られる時期が重複する。

なお、エンサインの流れを汲むマシンはMNまたはNのコード記号が付くが、その影響力が無くなってからはテディ・イップの頭文字を取ってTYと言う記号を与えられる。また1980年以降の財政難に喘いでいたエンサインを買収。設備やマシン等を徐々に統一化していく。

1981年[ソースを編集]

1982年[ソースを編集]

1983年[ソースを編集]

最終的に1983年を持ってF1への参戦を停止するがプライベートチームとしては上々の結果であった。

所属ドライバー[ソースを編集]

F1[ソースを編集]

F3[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]