新原浩朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新原 浩朗(にいはら ひろあき、1959年9月10日[1] - )は、日本の経産官僚。現職は経済産業政策局長。福岡県出身。海城高等学校東京大学経済学部経済学科卒[1]

人物・経歴[編集]

家族[編集]

書籍[編集]

  • 「日本の優秀企業研究 企業経営の原点-6つの条件」新原浩朗(2003)日本経済新聞社
  • 「フランチャイズ組織の分権的進化と多元化」新原浩朗・高岡美佳(2004)『組織科学』
  • 「わが国のコーポレート・システムをめぐる現状認識と課題」新原浩朗(2008)『旬刊商事法務』
  • 「転換期の日本企業とコーポレート・ガバナンスー経営者と株主の対話の基盤づくりー」新原浩朗(2009)『旬刊商事法務』

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『政官要覧 令和元年秋号』36、政官要覧社、2019年、991頁。
  2. ^ 菊池桃子さんと結婚のエリート経産官僚に「次官レース大逆転説」急浮上 週刊ダイヤモンド編集部・堀内亮(ダイヤモンド・オンライン)、ASCII、2019年11月12日
  3. ^ “菊池桃子が再婚 お相手は60歳初婚のエリート官僚”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年11月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911040000779.html 2019年12月11日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
内田俊彦
厚生労働省審議官(職業能力開発担当)
2013年 - 2014年
次代:
中山峰孝
先代:
前川守
内閣府政策統括官(経済財政運営担当)
2016年 - 2018年
次代:
多田明弘
先代:
糟谷敏秀
経済産業省経済産業政策局長
2018年 -
次代: