新原浩朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新原浩朗(にいはら ひろあき)は経産省の筆頭局長・経済産業政策局長。福岡県出身。

人物・経歴[編集]

  • 1959年9月10日生 福岡県出身 B型
  • 私立海城高等学校 東京大学経済学部経済学科卒
  • 1984年 通商産業省入省
  • 1992年 米国留学(ミシガン大学大学院経済学博士課程)
  • 1997年 通商産業省大臣官房総務課課長補佐(法令審査委員)
  • 1998年 通商産業省産業政策局総務課課長補佐(法令審査委員)
  • 1999年 通商産業省産業政策局総務課企画調査官
  • 2000年 通商産業省産業政策局商務流通企画調査官
  • 2001年 経済産業省産業技術環境局政策企画官
  • 2002年 経済産業省商務情報政策局情報経済課長
  • 2004年 経済産業省製造産業局紙業生活文化用品課長
  • 2006年 米国ハーバード大学経済学部客員研究員
  • 2007年 経済産業省経済産業政策局産業組織課長
  • 2009年 経済産業省大臣官房参事官(商務流通グループ・総合調整担当)
  • 2010年 内閣総理大臣秘書官
  • 2011年 経済産業省大臣官房審議官(経済産業政策局担当)
  • 2011年 資源エネルギー庁エネルギー・新エネルギー部長
  • 2013年 厚生労働省大臣官房審議官(健康医療戦略・職業能力開発担当)
  • 2014年 内閣府大臣官房審議官(経済財政運営担当)
  •      (併)内閣官房一億総活躍推進室次長
  • 2016年 内閣府政策統括官 (経済財政運営担当)
  •      (併)内閣官房働き方改革実現推進室長代行補
  • 2017年  (併)内閣官房人生100年時代構想推進室長代行補
  • 2018年 経済産業省・経済産業政策局長 就任   
  •      (併)内閣官房日本経済再生総合事務局長代理補

家族[編集]

  • 妻は菊池桃子(2019年11月に結婚)。菊池の子2人と養子縁組み。

書籍[編集]

  • 「日本の優秀企業研究 企業経営の原点-6つの条件」新原浩朗(2003)日本経済新聞社
  • 「フランチャイズ組織の分権的進化と多元化」新原浩朗・高岡美佳(2004)『組織科学』
  • 「わが国のコーポレート・システムをめぐる現状認識と課題」新原浩朗(2008)『旬刊商事法務』
  • 「転換期の日本企業とコーポレート・ガバナンスー経営者と株主の対話の基盤づくりー」新原浩朗(2009)『旬刊商事法務』

脚注[編集]