オシャレ30・30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オシャレ30・30
ジャンル トーク番組
演出 大垣信良
倉増吉継
ほか
出演者 古舘伊知郎
阿川泰子
オープニング 伊集加代子グループ「オシャレ30・30のテーマ」
製作
プロデューサー 大垣信良
倉増吉継
ほか
各話の長さ 30分
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年1月4日 - 1994年6月26日
放送時間 日曜 22:00 - 22:30

オシャレ30・30』(おしゃれサーティーズ・サーティー)は、日本テレビ系列局ほかで放送された日本テレビ製作のトーク番組。製作局の日本テレビでは1987年1月4日から1994年6月26日まで、毎週日曜 22:00 - 22:30 (JST) に放送。

資生堂一社提供番組だが、番組初期は英語による提供読みが行われていた[要出典]。前身として平日昼に放送されていた『おしゃれ』があったが、『午後は○○おもいッきりテレビ』の開始による同枠撤廃を控え、改めて日曜夜に資生堂枠が新設された。

概要[編集]

司会はフリーアナウンサーの古舘伊知郎と、ジャズシンガーの阿川泰子。番組タイトルの30・30とは「30歳代のための30分のトーク番組」という意味があり、古舘と阿川が当時30歳代であったこともあり、番組は主に30代の芸能人・著名人をゲストに迎えた。テーマ曲は、前田憲男作曲で高橋達也&東京ユニオンが演奏し、コーラスは伊集加代子グループが担当した[要出典]

番組の最後には古舘がゲストに「あなたにとっておしゃれとは?」と聞いていき、それに対しゲストは自分の考えを述べ(たとえば、島田紳助がゲストの際には「少年のこころを忘れない」と答えた。)併せて、番組オリジナルの純金の会員証に番組内でのトークから古舘が考えたゲストのキャッチフレーズを書き込んでプレゼントする。阿川がゲストとのトークのあと、歌のプレゼントを披露したり、資生堂のインフォマーシャルにピアニストの鈴木宏昌と出演した[要出典]

TBSで放映されていたトーク番組『Ryu's Bar 気ままにいい夜』(毎日放送製作)の司会者・村上龍が当番組にゲストで出演したことがある。同時期に放送されていたトーク番組の司会者同士がトークを行う異例の回になり、『Ryu's Bar ~』の舞台裏等話もされた。この時の番組開始は通常のテーマ曲の代わりに『Ryu's Bar~』のテーマ曲『クレオパトラの夢』が流され、村上本人が登場する演出がなされた[要出典]

スタッフ[編集]

  • 構成:笠博勝、藤井青銅、腰山一生、飯田まち子、下尾雅美
  • 音楽:前田憲男、服部克久鳥山雄司
  • 音楽協力:OFFICE NO.3
  • TD:松本晃
  • カメラ:南良郎、鈴木博、小林宏義、工藤恂児
  • 技術:竹内一也、佐々木伸郎、坂東秀明
  • 調整:今井正、川島正義、葉満田修、藤原慶太、斎藤智徳
  • 照明:松村登貴雄
  • 音声:吾妻光良、古川誠一
  • 音効:見浪史郎
  • 美術:山浦俊夫
  • デザイン:田原英二、道勧英樹
  • 装置:和田俊輔、佐藤正男
  • 小道具:松崎純一、川蔦佳代子、今野輝昭
  • タイトル画:北田哲哉
  • スタイリスト:永作由美子、COCE、平山睦子、橋本美香、村田恵津子、関恵美子、中村のん
  • ヘアメイク:浅井昭彦、尚司芳和、猪畠明良、こばやしあきら
  • 編集:宮原明男、吉森浩
  • TK:野口かず実、山田眞由美
  • MA:中田順一、西村善雄
  • 広報:保坂朱美、野口和子
  • 演出:大垣信良、倉増吉継、宮坂博隆、高鳥一郎、土屋泰則、橋口洋之
  • プロデューサー:大垣信良、倉増吉継、油井慎次郎、高鳥一郎、宮坂博隆
  • 制作:原薫太郎
  • 製作著作:日本テレビ

ネット局[編集]

系列は当番組終了時(1994年6月)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ 同時ネット
青森県 青森放送 遅れネット
→同時ネット
[1]
岩手県 テレビ岩手 同時ネット
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形テレビ テレビ朝日系列 1993年3月まで[2]
山形放送 日本テレビ系列 1993年4月から[3]
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州 遅れネット
→同時ネット
[4]
静岡県 静岡第一テレビ 同時ネット
富山県 北日本放送
石川県 北陸放送 TBS系列 遅れネット 1990年3月まで
テレビ金沢 日本テレビ系列 同時ネット 1990年4月開局から
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
島根県
鳥取県
日本海テレビ 遅れネット
→同時ネット
[5]
広島県 広島テレビ 同時ネット
山口県 山口放送
香川県
岡山県
西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
徳島県 四国放送
福岡県 福岡放送
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列 同時ネット
→遅れネット
1991年3月まで[6]
長崎国際テレビ 日本テレビ系列 同時ネット 1991年4月開局から
熊本県 くまもと県民テレビ
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列 遅れネット 1994年3月まで[7]
鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列 同時ネット 1994年4月開局から
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 遅れネット [8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 番組開始から1991年9月までは、土曜17:30 - 18:00に放送。その後1991年10月の青森朝日放送開局に伴い、同時ネットとなった。
  2. ^ 放送当時はフジテレビ系列。1993年4月の山形放送移行後は、『日曜洋画劇場』(テレビ朝日系列)に切り替えられた。
  3. ^ ネット開始以前は『日曜洋画劇場』を放送していた。なお山形県では、この放映権移行により『日曜洋画劇場』と本番組が交換と言う現象が発生した。
  4. ^ 番組開始から1991年3月までは、当該時間帯で『日曜洋画劇場』を同時ネットしていた関係で、1週遅れの日曜18:00 - 18:30に放送していた。その後1991年4月の長野朝日放送開局に伴い、同時ネットとなった。
  5. ^ 番組開始から1989年9月までは、当該時間帯で『日曜洋画劇場』を同時ネットで放送していた関係で、6日遅れの土曜22:00 - 22:30に放送していた。その1989年10月にNNSマストバイ局になった事により、同時ネットとなった。
  6. ^ 番組開始から1990年9月までは同時ネットで、その後1990年10月から1991年3月までは遅れネットだった(KTNの日テレ系脱退のため)。
  7. ^ 当該時間帯がフジテレビ系列の同時ネット枠だった関係で、1週遅れの日曜22:30 - 23:00に放送していた。なお1992年10月から1994年3月までは、『新伍&紳助のあぶない話』(関西テレビ制作)・本番組と、一社提供のトーク番組を2本連続で放送するという、全国の日本テレビ・フジテレビ両系列局の中でもKTSだけの大変珍しい編成が組まれていた。
  8. ^ 番組開始から1988年3月までは木曜19:00 - 19:30に放送されていたが、その後同年4月からは月曜19:30 - 20:00に移行していて、後継番組の『おしゃれカンケイ』や現在も放送中の『おしゃれイズム』に至るまでこの時間帯での遅れネットは2015年3月まで放送されていた(月曜に移動後は、1時間スペシャル時には19:00から放送されていた。なお、同年4月以降は月曜19時台がネットワークセールス枠に転換されたことに伴い金曜19:27 - 19:57の5日遅れで放送されている。)。
日本テレビ系列 日曜22:00 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
オシャレ30・30
日本テレビ系列 資生堂一社提供枠
おしゃれ
(月曜 - 金曜13:15 - 13:30)
おしゃれ
&
オシャレ30・30
【1987年1 - 3月は並行放送】

オシャレ30・30
おしゃれカンケイ