ホモジェニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホモジェニック
ビョークスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル オルタナティヴ・ロック、オルタナティヴ・ダンス、エレクトロニカ
時間
レーベル ワン・リトル・インディアン
プロデュース ビョーク、マーク・ベル、ガイ・シグスワース、ハウィー・B
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(フランス[1]
  • 3位(ノルウェー[2]
  • 4位(イギリス[3]
  • 5位(オーストリア[4]、スウェーデン[5]
  • 6位(オーストラリア[6]、ニュージーランド[7]、ベルギー・フランデレン地域[8]
  • 10位(ドイツ[9]、フィンランド[10]
  • 12位(オランダ[11]
  • 13位(スイス[12]、ベルギー・ワロン地域[13]
  • 16位(日本[14]
  • 28位(アメリカ[15]
  • ビョーク 年表
    テレグラム
    (1996年)
    ホモジェニック
    (1997年)
    セルマソングス〜ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク
    (2000年)
    テンプレートを表示

    ホモジェニック』(Homogenic)は、アイスランド出身のミュージシャン、ビョーク1997年に発表した4作目のスタジオ・アルバム。日本初回限定盤には6曲のボーナス・トラック(収録曲のリミックスを含む)が追加収録された[16]

    背景[編集]

    ビョーク自身は、本作を「私が子供の頃に聴いた音楽にとても近い」「とてもアイスランド的なレコード」と位置付けている[17]。収録曲「バチェラレット」は、前スタジオ・アルバム『ポスト』(1995年)収録曲「イゾベル」の続編に当たる[18]

    評価[編集]

    本作は、アメリカではグラミー賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス部門にノミネートされた[19]。イギリスでは、全英アルバムチャートで自身3度目のトップ5入りを果たし[3]、1998年2月9日に開催されたブリット・アワードにおいて、ビョークが自身3度目の「Best International Female」を受賞した[20]

    2011年2月14日、Slant Magazineのスタッフが選出した「'90年代のベスト・アルバム」が発表され、本作が1位となった[21]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はビョーク作。

    1. ハンター - "Hunter" - 4:15
    2. ヨーガ - "Jóga" (Björk, Sjón) - 5:05
    3. アンラヴェル - "Unravel" (Björk, Guy Sigsworth) - 3:21
    4. バチェラレット - "Bachelorette" (Björk, Sjón) - 5:12
    5. オール・ネオン・ライク - "All Neon Like" - 5:53
    6. 5イヤーズ - "5 Years" - 4:29
    7. イマチュア(マーク・ベルズ・ヴァージョン) - "Immature (Mark Bell's Version)" - 3:06
    8. アラーム・コール - "Alarm Call" - 4:19
    9. プルートウ - "Pluto" (Björk, Mark Bell) - 3:20
    10. オール・イズ・フル・オブ・ラヴ(ハウィーズ・ヴァージョン) - "All Is Full of Love (Howie's Version)" - 4:32

    日本初回限定盤ボーナス・トラック[編集]

    1. ヨーガ(ハウィーB) - "Jóga (Howie B Main Mix)" (Björk, Sjón) - 5:00
    2. サド・オフ - "Sod Off" - 2:54
    3. イマチュア(ビョークス・ヴァージョン) - "Immature (Björk's Version)" - 2:48
    4. ソー・ブロークン - "So Broken" - 5:59
    5. ネイチャー・イズ・エインシャント - "Nature Is Ancient" (Björk, M. Bell) - 3:39
    6. ヨーガ(アレックス・エンパイア・ミックス) - "Jóga (Alec Empire Remix)" (Björk, Sjón) - 8:44

    シングル[編集]

    本作からのシングルのチャート最高順位を示す。

    タイトル チャート 最高順位
    ヨーガ オランダ[22] 95
    スイス[23] 49
    スウェーデン[24] 37
    ニュージーランド[25] 43
    フィンランド[26] 16
    バチェラレット イギリス[3] 21
    オランダ[22] 96
    フランス[27] 17
    ハンター イギリス[3] 44
    フランス[27] 55
    アラーム・コール イギリス[3] 33
    オール・イズ・フル・オブ・ラヴ イギリス[3] 24

    参加ミュージシャン[編集]

    • ビョーク - ボーカルキーボード編曲
    • マーク・ベル - キーボード、プログラミング
    • ガイ・シグスワース - キーボード、クラヴィコード、パイプ・オルガン
    • マーカス・ドラヴス - プログラミング
    • リチャード・ブラウン - プログラミング
    • マリウス・デ・ヴライス - プログラミング
    • ハウィー・B - プログラミング
    • トレヴァー・モライス - エレクトロニック・ドラム
    • coba - アコーディオン
    • アラスデア・マロイ - グラス・ハーモニカ
    • エミール・デオダート - オーケストレーション、編曲
    • The Icelandic String Octet - ストリングス(on 1. 2. 6. 9.)
      • Sigrun Edvaldsdottir - ヴァイオリン
      • Sigurbjorn Bernhardsson - ヴァイオリン
      • Sif Tulinius - ヴァイオリン
      • Una Sveinbjarnardottir - ヴァイオリン
      • Gudrun Hrund Hardardottir - ヴィオラ
      • Moeidur Anna Sigurdardottir - ヴィオラ
      • Sigurdur Bjarki Gunnarsson - チェロ
      • Jon R. Ornolfsson - チェロ
    • イゾベル・グリフィス - オーケストラ・コントラクター
    • ギャヴィン・ライト - ヴァイオリン
    • ウィルフ・ギブソン - ヴァイオリン
    • ピーター・オクサー - ヴァイオリン
    • ロジャー・ガーランド - ヴァイオリン
    • ジム・マクラウド - ヴァイオリン
    • ベン・クラフト - ヴァイオリン
    • ペリー・モンタギュー=メイソン - ヴァイオリン
    • ヴォーン・アーモン - ヴァイオリン
    • Maciej Rakowski - ヴァイオリン
    • マーク・ベロウ - ヴァイオリン
    • ジョージ・ロバートソン - ヴィオラ
    • ピーター・レイル - ヴィオラ
    • ロジャー・チェイス - ヴィオラ
    • ビル・ホークス - ヴィオラ
    • マーティン・ラヴデイ - チェロ
    • ヘレン・リーブマン - チェロ
    • ポール・ケッグ - チェロ
    • ジョン・タンネル - チェロ
    • クリス・ローレンス - コントラバス
    • マイク・ブリッテン - コントラバス
    • ジェフ・ブライアント - ホルン
    • マイク・トンプソン - ホルン
    • ポール・ガーダム - ホルン
    • ポール・プリチャード - ホルン
    • スティーヴ・ヘンダーソン - ティンパニ
    • フランク・リコッティ - ミリタリー・スネア
    • ヘレン・タンストール - ハープ
    • トニー・スタントン - 筆記

    脚注[編集]

    [ヘルプ]