ビョークのディスコグラフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビョークのディスコグラフィ

ボルタ・ツアー英語版間のロック・オン・セーヌ英語版での公演(2007年)。
リリースリスト
スタジオ・アルバム 8
コンピレーション・アルバム 1
シングル 32
映像作品 15
ミュージック・ビデオ 35
サウンドトラック 2
脚注

アイスランドの歌手ビョークは1976年のラジオ・ワンの番組で初めて公の場に出、"I Love to Love"を歌った。レコード会社と契約し、1977年、11歳の時最初のソロアルバム『ビョーク』をリリースした。

その後ビョークはいくつかのバンドを結成した。タッピ・ティカラス、ククル、シュガーキューブスなどであり、とくにシュガーキューブスが最も成功した。シュガーキューブスが1992年に解散すると、ビョークは1993年からソロのキャリアをはじめ、アルバム『デビュー』を出した。このアルバム以降、UKではワン・リトル・インディアン・レコーズ、ヨーロッパ及びその他の地域ではポリドール・レコードユニバーサル・レコードと契約している。北米では2007年までエレクトラ・レコードアトランティック・レコードと契約していたが、今ではワーナー・ミュージック・グループの一部であるノンサッチ・レコードと契約し、ワーナー・ブラザース・レコードにより楽曲が頒布されている。

アルバム[編集]

主要アルバム[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル 詳細 チャートのピーク順位 認定
AUS
[1]
AUT
[2]
BEL (FL)[3] BEL (WA)[4] CAN
[5]
FRA
[6]
GER
[7]
JPN
[8]
NLD
[9]
NZ
[10]
NOR
[11]
SWE
[12]
SWI
[13]
UK
[14]
US
[15]
『ビョーク』
  • 発売日: 1977年12月18日
  • レーベルl: Fálkinn
  • フォーマット: LP · カセット
デビュー』/Debut
  • 発売日: 1993年7月5日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · 2LPs · カセット · CD · DD · MD · ダウンロード
10 27 40 25 24 65 5 5 9 2 18 3 61
ポスト』/Post
  • 発売日: 1995年6月13日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · 2LPs · カセット · CD · DD · MD · ダウンロード
2 13 5 3 4 26 6 26 5 4 4 2 5 2 32
ホモジェニック』/Homogenic
  • 発売日: 1997年9月22日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · 2LPs · カセット · CD · DD · MD · ダウンロード
6 5 6 13 20 2 10 16 12 6 3 5 13 4 28
ヴェスパタイン』/Vespertine
  • 発売日: 2001年8月27日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2LPs · カセット · CD · DD · DVD · ダウンロード
9 5 10 2 2 1 3 6 20 32 1 7 3 8 19
『メダラ』/Medúlla
  • 発売日: 2004年8月30日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2LPs · カセット · CD · DD · DVD · 2DVDs · ダウンロード
17 6 4 1 6 1 5 10 20 35 3 7 3 9 14
ヴォルタ』/Volta
  • 発売日: 2007年5月7日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2LPs · CD · CD/DVD · ダウンロード
20 5 9 14 6 3 9 12 17 32 1 11 3 7 9
『バイオフィリア』/Biophilia
  • 発売日: 2011年10月10日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2LP · CD · 2CDs · ボックス・セット · ダウンロード · アプリ
31 17 13 16 27 4 14 18 17 18 17 14 9 21 27
ヴァルニキュラ』/Vulnicura
  • 発売日: 2015年1月20日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード · アプリ
26 19 12 4 12 10 11 30 10 30 4 26 6 11 20
『ユートピア』/Utopia
  • 発売日: 2017年11月24日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード · アプリ
22 23 18 34 - 31 26 48 - - - 28 12 25 75
"—" denotes items which were not released in that country or failed to chart.

サウンドトラック[編集]

 タイトル 詳細 チャートのピーク順位 認定
AUS
[1]
AUT
[2]
BEL (FL)[3] BEL (WA)[4] CAN
[5]
FRA
[6]
GER
[7]
JPN
[8]
NLD
[9]
NZ
[10]
NOR
[11]
SWE
[12]
SWI
[13]
UK
[14]
US
[15]
セルマソングス〜ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク』/Selmasongs: Music from the Motion Picture Soundtrack Dancer in the Dark
  • 発売日: 2000年9月18日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · カセット · CD · DD · ダウンロード
54 21 38 31 4 22 17 85 2 12 20 34 41
『拘束のドローイング9』/Drawing Restraint 9
  • 発売日: 2005年7月25日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · 2LPs · カセット · CD · DD · ダウンロード
51 67 212 141
"—" denotes items which were not released in that country or failed to chart.

コンピレーション[編集]

タイトル 詳細 チャートのピーク順位 認定
AUS
[1]
AUT
[2]
BEL (FL)[3] BEL (WA)[4] CAN
[5]
FRA
[6]
GER
[7]
JPN
[8]
NLD
[9]
NZ
[10]
NOR
[11]
SWE
[12]
SWI
[13]
UK
[14]
US
[15]
『グレイテスト・ヒッツ』/Greatest Hits
  • 発売日: 2002年11月4日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2LPs · カセット · CD · ダウンロード
84 64 42 18 71 20 52 24 54 115
"—" denotes items which were not released in that country or failed to chart.

その他[編集]

リミックス[編集]

詳細
『ザ・ベスト・ミクシーズ・フロム・ザ・アルバム・デビュー・フォー・オール・ザ・ピープル・フー・ドント・バイ・ホワイト・レーベルズ』/The Best Mixes from the Album Debut for All the People Who Don't Buy White Labels
  • 発売日: 1994年9月
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · カセット · CD · ダウンロード
『テレグラム』Telegram
  • 発売日: 1996年11月25日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP · 2LPs · カセット · CD · ダウンロード
  • 『ポスト』からのリミックス楽曲集。ブロンスキ・カルテットやデオダートのミックスの他、未発表曲も含む。[31]
『アーミー・オブ・ミー』/Army of Me: Remixes and Covers
  • 発売日: 2005年5月2日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード
  • "Army of Me"のリミックス集。ファンがビョークのサイトにリミックスを送り、ビョークが中から12種類選んだ。収益は2004年のスマトラ島沖地震_(2004年)のためのUNICEF義捐金となった。[32] 2006年1月時点で、250000ポンドを集めた。[33]
『バスターズ』/Bastards
  • 発売日: 2012年11月19日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2LPs · CD · ダウンロード
  • The album features remixes from Biophilia previously released on The Crystalline Series and Biophilia Remix Series. The songs were remastered by Mandy Parnell.[34]

ライヴ盤[編集]

詳細
Celebrating Wood and Metal
  • 発売日: 1997年4月
  • レーベル: One Little Indian
  • Format: CD
  • 1997年にビョークのファンクラブにプロモーション用として配られた無料CD。MTVアンプラグドで披露した楽曲が含まれている。[35]
『デビュー・ライヴ』Debut Live
  • 発売日: 2004年4月14日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード
  • 『ライヴボックス』に含まれていたものが単独のアルバムとして2004年に再発。[36]
『ポスト・ライヴ』/Post Live
  • 発売日: 2004年4月14日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード
『ホモジェニック・ライヴ』/Homogenic Live
  • 発売日: 2004年4月14日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード
『ヴェスパタイン・ライヴ』/Vespertine Live
  • 発売日: 2004年4月14日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: CD · ダウンロード
『ソングス・フロム・ザ・ヴォルタ・ツアー』/Songs from the Volta Tour
  • 発売日: 30 June 2009年6月30日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: LP/CD · CD · CD/DVD · ダウンロード
  • 2007年のロンドンオリンピックスタジアムで行われたライヴを収録。ヴォルタ・ツアー中にパリとレイキャヴィクで披露したパフォーマンスも収録されている。[37][38][39]
『ビョーク:バイオフィリア・ライヴ』/Björk: Biophilia Live
  • 発売日: 2014年11月24日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 2CDs/DVD · 2CDs/ブルーレイ · 3LPs/DVD · ダウンロード
  • ロンドンのアレグザンドラ・パレスで行われたバイオフィリア・ツアーの最後のショーを収録。ピーター・ストリックランドとニック・フェントンが監督・脚本をつとめた。コンサート映画として2014年のトライベッカ映画祭で2014年に初上映されたのち、世界各地の映画館で上映された。[40][41][42] 東京の日本科学未来館での映像も含まれている。[43]

ボックス・セット[編集]

Album details Notes
『ファミリー・トゥリー』/ Family Tree
  • 発売日: 2002年11月4日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 5Mini CDs/CD · ダウンロード
  • 『グレイテスト・ヒッツ』と同時にリリースされたボックス。[44]
『ライヴ・ボックス』/Live Box
  • 発売日: 2003年8月18日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 4CDs/DVD · ダウンロード
  • 『デビュー・ライヴ』『ポスト・ライヴ』『ホモジェニック・ライヴ』『ヴェスパタイン・ライヴ』及びテレビ出演やライヴを収録したDVDを含む。[45]
『サラウンド』/Surrounded
  • 発売日: 2006年6月27日
  • レーベル: One Little Indian
  • Format: 7DDs
  • 5枚のスタジオアルバムと2枚のサウンドトラックを含む限定版。[46][47]
『ヴォルタイック』/Voltaïc
  • 発売日: 2009年6月23日
  • レーベル: One Little Indian
  • フォーマット: 3LPs/2CDs/2DVDs · 2CDs/2DVDs · ダウンロード
  • 『ヴォルタ』関連楽曲のボックスセット。Songs from the Volta TourやDVDを含む。[39][48]

コラボレーション[編集]

Album details Notes
『グリン・グロ』/Gling-Gló
  • 発売日:1990年10月10日
  • レーベル: Smekkleysa
  • フォーマット: LP · カセット · CD · ダウンロード
  • Tríó Guðmundar Ingólfssonarと製作したアルバム。オリジナル曲の他、ジャズのスタンダードやアイスランド語の楽曲を収録。[49]
『マウント・ウィッテンベルク・オルカ』/Mount Wittenberg Orca
  • 発売日: 2010年6月30日
  • レーベル: Domino Recording Company
  • フォーマット: ダウンロード · CD · LP

楽曲[編集]

シングル[編集]

ソロ楽曲[編集]

List of singles, with selected chart positions, showing year released and album name
Year タイトル チャートのピーク順位 アルバム
UK
[14]
US
[51][52]
US
Alt

[53]
US Dance
[54]
AUS
[55]
FRA
[56]
ITA IRE EUR
1993 "Human Behaviour" 36 109 2 2 63 『デビュー』
"Venus as a Boy" 29 92
"Play Dead" (featuring David Arnold) 12 65 16
"Big Time Sensuality" 17 88 5 1 62
1994 "Violently Happy" 13 4 94 31
1995 "Army of Me" 10 108 21 35 22 『ポスト』
"Isobel" 23 67
"It's Oh So Quiet" 4 109 6 57 7
1996 "Hyperballad" 8 1 31
"Possibly Maybe" 13
1997 "I Miss You" 36 1 29
"Jóga" 70 34 『ホモジェニック』
"Bachelorette" 21 95 17 23
1998 "Hunter" 44 55 13
"Alarm Call" 33 36
1999 "All Is Full of Love" 24 8 4
2001 "Hidden Place" 21 54 20 24 『ヴェスパタイン』
"Pagan Poetry" 38 49 20
2002 "Cocoon" 35 74 61
"It's in Our Hands" 37 97 98 『グレイテスト・ヒッツ』
2004 "Who Is It" 26 62 19 65 『メダラ』
2005 "Triumph of a Heart" 31 63 90
2007 "Earth Intruders" 78 84 64 8 『ヴォルタ』
"Innocence" 9 31 50
2008 "Declare Independence" 68 19 31 104
"Wanderlust" 67 18
"The Dull Flame of Desire" (アントニー・ヘガティと。) 72 29
"Náttúra" 102 292 アルバム未収録曲
2010 "The Comet Song"
2011 "Crystalline" 『バイオフィリア』
"Cosmogony"
"Virus"
"Moon"
2017 "The Gate" 89 『ユートピア』
"Blissing Me"
2018 "Arisen My Senses"
"—" denotes releases that did not chart

他アーティストの楽曲に参加[編集]

List of featured singles, with selected chart positions, showing year released and album name
Year タイトル チャートのピーク順位 アルバム
UK
[14]
IRE
1991 "Ooops" 808ステイト 42 24 Ex:el
2011 "Surrender" オロフ・アルナルズ Innundir skinni
"—" denotes releases that did not chart

プロモーション用シングル[編集]

List of promotional singles, with selected chart positions, showing year released and album name
Year タイトル チャートのピーク順位 アルバム
US
[51][52]
IRE
2000 "I've Seen It All" (トム・ヨークと) 『セルマソングス〜ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク』
2004 "Oceania" 120 5 『メダラ』
"—" denotes releases that did not chart

ゲストとして[編集]

タイトル アルバム アーティスト
1983 "Afi" Örugglega Björgvin Gíslason
1987 "Jólakötturinn" Hvít er Borg og Bær Compilation
1991 "Qmart" (808 State) ex:el 808 State
"Ooops" (808 State)
1992 "Ó Borg Mín Borg" (KK Band) Sódóma Reykjavík サウンドトラック
"Takk" (þórhallur)
1993 "Opening Titles" (David Arnold) The Young Americans サウンドトラック
"Leaving London" (David Arnold)
"Play Dead" (David Arnold)
1994 "Vísur Vatnsenda-Rósu" Chansons des mers froides Hector Zazou
1995 "Icelandic Christmas Song" How the ... Stole Christmas Compilation
1996 "Keep Your Mouth Shut" (Tricky) Nearly God トリッキー
"Yoga" (Tricky)
"Nu Flyver Anton" Anton サウンドトラック
"Travessia"[A] Red Hot + Rio コンピレーション
1997 "Short Term Affair" (Tony Ferrino) Phenomenon Tony Ferrino
"My Spine" (Evelyn Glennie) Her Greatest Hits Evelyn Glennie
"Oxygen" (Evelyn Glennie)
"You Only Live Twice"[A] Shaken and Stirred: The David Arnold James Bond Project David Arnold
"Lilith" (with Plaid) Not for Threes Plaid
1998 "Gloomy Sunday" Stormy Weather コンピレーション
2000 "Amphibian" マルコヴィッチの穴 サウンドトラック
2004 "Prayer of the Heart" (John Tavener) A Portrait John Tavener
"Synchronicity" Hot Chocolate サウンドトラック
2005 "North" Versations/Tetralogia Gabríela Friðriksdóttir
2007 "The Boho Dance" A Tribute to Joni Mitchell コンピレーション
2010 "Surrender" (Ólöf Arnalds) Innundir skinni Ólöf Arnalds
"Flétta" (Antony and the Johnsons) Swanlights アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ
"Trance" Tribute video to Alexander McQueen Showstudio.com
"The Comet Song" [Moomins and the Comet Chase サウンドトラック
2012 "Gotham Lullaby" Monk Mix コンピレーション
2014 "Up My Sleeves" (Death Grips) The Powers That B Death Grips
"Billy Not Really" (Death Grips)
"Black Quarterback" (Death Grips)
"Say Hey Kid" (Death Grips)
"Have a Sad Cum" (Death Grips)
"Fuck Me Out" (Death Grips)
"Voila" (Death Grips)
"Big Dipper" (Death Grips)
A アルバム収録予定だったが、未発表のままリーク

その他[編集]

Year タイトル アーティスト 役割 アルバム
1982 "Við" Bergþóra Árnadóttir
  • Shaker
Bergmál
1987 "Við Birkiland" Megas
  • Background vocals
Loftmynd
"Björg"
"Plastpokablús"
"Skúli Fógeti"
"Á horninu"
"Ástarsaga"
"Magister Lyngdal"
"Nótt"
"það sem best er"
"Börn í borg"
"Reykjavíkurnætur"
"Filahirðirinn frá Súrin"
1988 "Drukknuð Börn" Höfuðlausnir
"Tæblús"
"(Borðið þér) Orma frú Norma"
"Borgarblús"
"Drengirnir í Bangkok"
"Í Öskjuhlíð"
"Aðeins eina Nótt"
"Álafossúlpan"
"Litla Stúlkan með Eldspýturnar"
"Telpurnar í Bangkok"
"(Öskjuhliðarendi) Homage á Paden Powel"
1990 "Pæklaðar Plómur" Hættuleg hljómsveit & glæpakvendið Stella
"Greip & Eplasafi"
"Ekki Heiti Ég Elísabet"
"Ungfrú Reykjavík"
"Söngur Um Ekkert"
"Styrjaldarminni"
"Hafmeyjarblús"
"Svefn er Allt Sem Þarf"
"Söngur um Ekkineitt"
"World Collapse" Bless Gums
"Younder"
1991 "Falling" Current 93 & Hilmar Örn Hilmarsson Island
1994 "Bedtime_Story" マドンナ
  • 作曲者
ベッドタイム・ストーリーズ
1995 "Party Town (The Groove of Hafnir City)" HAM
  • キーボード
  • 作曲者
  • プロデューサー
Dauður Hestur
"Sodoma Theme"
"Animalia"
"On the Run Again"
1996 "Stressed Out" (Married to the Mob Mix) A Tribe Called Quest
  • リミックス
"Stressed Out"
"Stressed Out" (Dandelions Mix)
"Stressed Out" (Say Dip Mix)
2003 "Cabin in the Sky" Matmos
  • チェレスタ
The Civil War
2006 "Roses and Teeth for Ludwig Wittgenstein"
  • 通訳
The Rose Has Teeth in the Mouth of a Beast

ビデオ[編集]

ビデオアルバム[編集]

  • 1994 - Vessel
  • 1998 - Live at Shepherds Bush Empire
  • 1999 - Volumen
  • 2001 - Live in Cambridge
  • 2002 - MTV Unplugged / Live
  • 2002 - Live at Royal Opera House
  • 2002 - Volumen Plus
  • 2002 - Greatest Hits – Volumen 1993–2003
  • 2003 - Inside Björk
  • 2003 - Later with Jools Holland
  • 2003 - Minuscule
  • 2004 - The Inner or Deep Part of an Animal or Plant Structure
  • 2005 - The Medúlla Videos
  • 2012 - Later with Jools Holland 1995—2011
  • 2014 - When Björk Met Attenborough
  • 2014 - Björk: Biophilia Live

ミュージック・ビデオ[編集]

Year Song Director Album
1993 "Human Behaviour" ミシェル・ゴンドリー デビュー
"Venus as a Boy" Sophie Muller
"Play Dead" Danny Cannon
"Big Time Sensuality" Stéphane Sednaoui
1994 "Violently Happy" Jean-Baptiste Mondino
1995 "Army of Me" ミシェル・ゴンドリー 『ポスト』
"Isobel"
"It's Oh So Quiet" スパイク・ジョーンズ
1996 "Hyperballad" ミシェル・ゴンドリー
"Possibly Maybe" Stéphane Sednaoui
1997 "I Miss You" John Kricfalusi
"Jóga" ミシェル・ゴンドリー 『ホモジェニック』
"Bachelorette"
1998 "Hunter" Paul White
"Alarm Call" アレキサンダー・マックイーン
1999 "All Is Full of Love" クリス・カニンガム
2001 "Hidden Place" Inez and Vinoodh 『ヴェスパタイン』
"Pagan Poetry" Nick Knight
2002 "Cocoon" 石岡瑛子
"It's in Our Hands" Spike Jonze 『グレイテスト・ヒッツ』
"Nature Is Ancient" Lynn Fox Family Tree
2004 "Oceania" 『メダラ』
"Who Is It" Dawn Shadforth
2005 "Triumph of a Heart" スパイク・ジョーンズ
"Where Is the Line" Gabríela Friðriksdóttir
2007 "Earth Intruders" Michel Ocelot 『ヴォルタ』
"Innocence" Fred & Annabelle[A]
"Declare Independence" ミシェル・ゴンドリー
2008 "Wanderlust" Encyclopedia Pictura
"The Dull Flame of Desire" Christoph Jantos,
Masahiro Mogari and
Marçal Cuberta Junca[B]
2010 "The Comet Song" Maria Lindberg N/A
2011 "Crystalline" ミシェル・ゴンドリー 『バイオフィリア』
"Moon" Björk, Inez and Vinoodh,
M/M Paris and
James Merry
2012 "Hollow" Drew Berry
"Mutual Core" Andrew Thomas Huang
A Winners of the "Innocence" music video contest[57]
B Entrants of the "Innocence" music video contest[58]

その他[編集]

楽曲 監督
2000 "I've Seen It All" Floria Sigismondi MTVプロモーション用アニメ
2003 "Unravel" Lynn Fox 『グレイテスト・ヒッツ』
"Pluto"
"It's in Our Hands" (Soft Pink Truth Mix)
"Desired Constellation"[C]
"Nameless" (aka "Storm")
2011 "Thunderbolt" (live) Thirtytwo マンチェスター国際フェスティバルのライヴ
C The Medúlla Videosにも収録

脚注[編集]

  1. ^ a b c Björk discography”. Australian Recording Industry Association Australian-Charts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c Björk discography” (German). International Federation of the Phonographic Industry AustrianCharts.at at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c Björk”. International Federation of the Phonographic Industry (BEA) ultratop.be at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c Björk”. International Federation of the Phonographic Industry (BEA) ultratop.be at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  5. ^ a b c Peak chart positions for albums in Canada:
  6. ^ a b c Björk discography” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique LesCharts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  7. ^ a b c Chartverfolgung/Björk/Longplay” (German). musicline.de PhonoNet. 2014年4月7日閲覧。
  8. ^ a b c Bjork CD album rankings” (Japanese). Oricon. 2014年4月7日閲覧。
  9. ^ a b c Discografie Björk|language=Dutch|publisher=dutchcharts.nl at Hung Medien|accessdate=7 April 2014
  10. ^ a b c Discography Björk”. Recorded Music NZ charts.org.nz at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  11. ^ a b c Discography Björk”. Verdens Gang norwegiancharts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  12. ^ a b c Discography Björk”. Swedish Recording Industry Association swedishcharts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  13. ^ a b c Björk”. Media Control hitparade.ch at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  14. ^ a b c d e Peak chart positions for albums in the United Kingdom:
    • Albums and singles peak: BJORK”. Official Charts Company. 2015年3月16日閲覧。
    • Drawing Restraint 9, "Earth Intruders" and "Náttúra" reference: Chart Log UK 1994–2010”. 2014年4月7日閲覧。
  15. ^ a b c Björk - Chart history”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. 2014年4月7日閲覧。
  16. ^ a b c d e Gold Platinum Database”. Music Canada. 2014年4月7日閲覧。
  17. ^ a b Guld-Platina 1987-1998”. International Federation of the Phonographic Industry. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  18. ^ AWARDS 1996”. International Federation of the Phonographic Industry swisscharts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2014年4月7日閲覧。
  20. ^ a b c RIAA - Gold & Platinum Searchable Database”. 2014年4月7日閲覧。
  21. ^ IFPI Platinum Europe Awards”. 2014年4月7日閲覧。
  22. ^ IFPI Platinum Europe Awards”. 2013年1月6日閲覧。
  23. ^ AWARDS 1998”. International Federation of the Phonographic Industry swisscharts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  24. ^ a b Les Certifications (Albums) du SNEP (Bilan par Artiste)”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2014年4月7日閲覧。
  25. ^ AWARDS 2001”. International Federation of the Phonographic Industry swisscharts.com at Hung Medien. 2014年4月7日閲覧。
  26. ^ "2M" - "ЗОЛОТО" И "ПЛАТИНА" - International 2004” (Russian). 2M. 2009年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  27. ^ "2M" - "ЗОЛОТО" И "ПЛАТИНА" - International 2007” (Russian). 2M. 2009年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  28. ^ Issue” (jp). Riaj.or.jp. 2014年4月7日閲覧。
  29. ^ CAPIF”. CAPIF (2002年10月31日). 2014年4月7日閲覧。[リンク切れ]
  30. ^ Raggett, Ned. “The Best Mixes from the Album Debut (For All the People Who Don't Buy White Labels)”. Allmusic. Rovi Corporation. 2014年4月7日閲覧。
  31. ^ Erlewine, Stephen Thomas. Telegram -Björk - オールミュージック. 2012年9月26日閲覧。
  32. ^ Bjork - Army Of Me - Remixes and Covers”. One Little Indian Records. 2009年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  33. ^ Army of Me : The progress”. bjork.com. 2010年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  34. ^ BJÖRK ANNOUNCES REMIX ALBUM ENTITLED BASTARDS FEATURING HUDMO, DEATH GRIPS”. 2014年4月7日閲覧。
  35. ^ celebrating wood and metal”. 77ísland. 2014年4月7日閲覧。
  36. ^ Live albums and mini things”. bjork.com. 2010年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  37. ^ Voltaic: Songs from the Volta Tour”. Nonesuch Records. 2014年4月7日閲覧。
  38. ^ Voltaic: Songs from the Volta Tour [CD + DVD]”. Nonesuch Records. 2014年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  39. ^ a b Voltaic: Songs from the Volta Tour [Deluxe]”. Nonesuch Records. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  40. ^ Gordon, Jeremy (2014年3月28日). “Björk to Release Biophilia Concert Film”. Pitchfork. 2014年4月26日閲覧。
  41. ^ “Bjork's 'Biophilia' Movie Headed to Tribeca”. Spin. (March 28, 2014). http://www.spin.com/articles/bjork-biophilia-movie-live-concert-film-tribeca/ 2014年4月26日閲覧。. 
  42. ^ Björk Shares Biophilia Live Trailer, Announces Theatrical Run”. Pitchfork. Pitchfork Media Inc. (2014年8月14日). 2014年12月28日閲覧。
  43. ^ Björk's Biophilia Live Concert Film Gets Audio Visual DVD/Blu-Ray Release”. Pitchfork Music (2014年10月17日). 2014年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月1日閲覧。
  44. ^ Family Tree : A taxonomy of songs”. bjork.com. 2010年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  45. ^ Björk LIVE box & book”. bjork.com. 2009年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  46. ^ quadraphonicquad.com (2010年). “Bjork Surrounded Box Set”. 2014年4月7日閲覧。
  47. ^ (______surrounded):”. bjork.com. 2009年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  48. ^ voltaïc”. bjork.com. 2009年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  49. ^ Layne, Joslyn. “Gling-Gló - Björk,Gudmundar Ingólfsson Trio”. Allmusic. Rovi Corporation. 2014年4月7日閲覧。
  50. ^ Mount Wittenberg Orca website. Retrieved 7 April 2014.
  51. ^ a b Björk Album & Song Chart History | Billboard.com. Billboard. Retrieved December 1, 2010.
  52. ^ a b Timbaland Holds At No. 1 On The Hot 100 | Billboard.com. Billboard. Retrieved December 1, 2010.
  53. ^ Björk Album & Song Chart History | Billboard.com. Billboard. Retrieved December 1, 2010.
  54. ^ Björk Album & Song Chart History | Billboard.com. Billboard. Retrieved December 1, 2010.
  55. ^ Peak chart positions:
    • All peaks above fifty: australian-charts.com singles chart search for "Bjork". Hung Medien. Retrieved December 1, 2010.
    • All peaks below fifty pre-2001: Kent, David (2006). Australian Chart Book (1993–2005). Turramurra, N.S.W.: Australian Chart Book, 2006. ISBN 0-646-45889-2. 
    • "Hidden Place": (PDF) The ARIA Report: Week Commencing 13 August 2001. Pandora Archive. オリジナルの2002年2月21日時点によるアーカイブ。. http://pandora.nla.gov.au/pan/23790/20020221-0000/www.aria.com.au/issue598.pdf 2010年12月1日閲覧。. 
    • "Cocoon": (PDF) The ARIA Report: Week Commencing 15 April 2002. Pandora Archive. オリジナルの2002年4月24日時点によるアーカイブ。. http://pandora.nla.gov.au/pan/23790/20020424-0000/www.aria.com.au/Issue633.pdf 2010年12月1日閲覧。. 
  56. ^ lescharts.com singles chart search for "Bjork". Hung Medien. Retrieved December 1, 2010.
  57. ^ bjork.com (2007年). “Innocence Video Winner is...”. 2007年12月6日閲覧。[リンク切れ]
  58. ^ Dull Flames of Desire Next Release Archived 2012年9月13日, at Archive.is

外部リンク[編集]