ランキン・タクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ランキンタクシー
Rankin Taxi - Shimbashi - July 5 2016.jpg
基本情報
出生名 白濱 隆
生誕 (1953-02-09) 1953年2月9日(65歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
ジャンル レゲエ
職業 歌手
活動期間 1989年 -
レーベル RIDDIM ZONE

ランキン・タクシー: RANKIN TAXI1953年2月9日 - )は、日本レゲエミュージシャンサウンドシステム「タクシー・ハイファイ(Taxi Hi-Fi)」オーナー。本名は白濱 隆[1]横浜国立大学卒業。

「日本のレゲエ界の草分け的歌手」[2]、「日本レゲエ界の大御所」などと評される[3]

概略[編集]

大学卒業後建設会社に技師として勤務していたが、30歳を過ぎてからレゲエと出会い1991年ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。政治問題にも関心を持っており、日米地位協定破棄、脱原発等を主張する左派色の強い作品も残している。

児童の権利に関する条約が日本でも発効した1994年には「『子どもの権利条約』を子どもへ」と題したラップを歌い、小学校で特別授業をおこない、その模様を収録した同名のビデオが保坂展人の監督で作成された[1][4]

東日本大震災後に発表した「原発がっかり音頭」の歌詞の内容を、被災者を揶揄したものだと受け取られ、被災者や[要出典]脱原発支持派の一部から強い批判を浴びた。大麻の規制緩和について明言しており、合法化を求める内容のラップ作品「マリファナ音頭」(2012年)などを発表しているほか、毎年5月に東京で開催されるパレード「マリファナマーチ」では例年MCを務めている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 見た目が大事(1991年7月25日)
  • 言い出せなかった秘密(1991年11月28日)
  • ハリケーン・ラブ(1995年5月19日)
  • 今夜はB-13(1996年6月21日)
  • タワワ・ギャル・ソカ~お宝ガールズ~(2002年8月7日)
  • マリファナ音頭 (2005年9月10日)

アルバム[編集]

  • 火事だぁ(1989年12月10日)インディーズアルバム
  • ワイルドで行くぞ(1991年3月25日)
  • さっすがぁスティーブン~ワイルド・ダブ・アルバム(1991年11月28日)
  • アワワ(1992年11月28日)
  • ランキン・タクシー全発言記録(1994年4月25日)ベストアルバム
  • Ruff Biz Today(1995年7月21日)
  • WA TA TING(1996年7月19日)
  • スーパー・ランキン・タクシー(1998年8月26日)ベストアルバム
  • エイ ヨウ ヤロオ(2002年11月27日)
  • Oyajinal Best(2005年7月6日)ベストアルバム
  • アミシャツ魂(2005年7月20日)
  • 百人組手part.2 RANKIN TAXI version(2006年7月20日)
  • Let's Go Rockers(2006年9月13日)
  • 死ぬまで生きる(2008年3月26日)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 阿部八重子 (1994年7月18日). “「子どもの権利条約」歌やマンガで受け皿作り(きょういく94)”. 朝日新聞・朝刊: p. 11  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ “[DISK情報]ポップス パティ・スミスの「ゴーン・アゲイン」ほか”. 読売新聞・東京夕刊: p. 8. (1996年8月17日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  3. ^ 棚部秀行 (2004年8月21日). “レゲエのリズム、盆踊り熱くアツく--きょうから仙台・錦町公園”. 毎日新聞・宮城: p. 23  - 毎索にて閲覧
  4. ^ 人権啓発ビデオ詳細データ 題名「子どもの権利条約」を子どもへ”. 静岡県人権啓発センター. 2018年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]