山本恭司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 恭司
生誕 1956年3月23日(60歳)
出身地 日本の旗 日本島根県松江市
ジャンル J-POP
ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ギタリスト
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1976年 -
共同作業者 BOWWOW
著名使用楽器
ヤマハ・HR
ヤマハ・SF-3000
テンプレートを表示

山本 恭司(やまもと きょうじ、1956年3月23日 - )は、日本ミュージシャン作曲家ギタリストロックバンドBOWWOWのリーダー。島根県松江市出身。
息子はスタジオ・ミュージシャンドラマー作曲家山本真央樹[1]

来歴[編集]

1976年にBOW WOWでデビュー。1977年にはBOW WOWで、キッスエアロスミスの日本ツアーに同行。海外活動にも目を向け、1982年、イギリスで行われたレディング・フェスティバルでは満場のスタンディングオベーションを受けた。VOW WOWでは本格的に活動の場をイギリスに移す(VOW WOWは日本人グループとしては初めてイギリスのミュージシャンズ・ユニオンに加盟している)。その後WILD FLAGや新生BOW WOWを経て、現在はオリジナルメンバーで再結成したBOW WOWと、自身のソロ活動や他アーティストのプロデュースなどを中心に活動している。2001年のウリ・ジョン・ロート日本公演の際にはウリ本人から請われてゲストとして参加した。

年譜[編集]

  • 1972年、島根県立松江南高等学校時代、同級生の佐野史郎らとロックバンド結成[2]
  • 1974年、高校卒業後、ネム音楽院(現:ヤマハ音楽院)に入学。
  • 1975年、BOW WOWを結成。1976年にデビュー。
  • 1980年、Music Life誌の人気投票ギタリスト部門で1位となる。同年5月1stソロアルバム『Horizon』リリース。
  • 1982年1月21日、アルバム『Guitar Man』リリース(BOW WOW及び『Horizon』の楽曲から教材用に再編集されたもの)。
  • 1982年10月21日、ロンドンでレコーディグされた2ndソロアルバム『Electric Cinema』リリース。
  • 1984年、メンバーチェンジでヴォーカル人見元基キーボード厚見玲衣が加入。バンド名をVOW WOWと改める。
  • 1989年、ヤマハよりエレキギターヤマハ・HR山本恭司モデル発売。
  • 1990年、VOW WOW解散。
  • 1990年、WILD FLAG結成。
  • 1994年、ミュージカルの音楽監督や海外アーティストのプロデュースなどを手掛ける。
  • 1995年、新生BOW WOW結成。
  • 1996年、京都RAGへ初出演。
  • 1997年、矢沢永吉ツアーに参加。以後、矢沢のツアーに参加する機会が増える。
  • 1998年、オリジナルBOW WOW再結成。16年ぶり3枚目となるソロ・アルバム『Mind Arc』をリリース。
  • 1999年、Project「R」に参加。
  • 2000年、デビュー25周年を記念してファースト・ソロ・ライブを行う(京都ラグ&渋谷Egg Man)。4thソロアルバム『REQUIEM』をリリース。
  • 2001年、ウリ・ジョン・ロートの日本公演にゲスト出演(大阪・名古屋・東京)。
  • 2004年、5thソロアルバム『TIME』をリリース。
  • 2006年、ソロとしては初のライブ音源『"TIME"〜悠久の時を越えて〜』をCD&DVDにてリリース。
  • 2006年、Yahoo! JAPANのWEBコンテンツ、『月刊チャージャー』上で様々なゲストを招いての対談記事を連載開始。
  • 2006年、ロックバンド、ロードオブメジャーが5月31日にリリースしたシングル『ENERGY』の編曲に参加。
  • 2007年、ロードオブメジャーが2月7日にリリースしたシングル『PLAY THE GAME』の作曲に参加。
  • 2007年8月、初期のソロアルバム3作『Horizon』『Guitar Man』『Electric Cinema』が本人監修のもと初CD化。
  • 2010年8月、ソロアルバム『The Life Album』をリリース。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Horizon(1980年)
  • Guitar Man(1982年)
  • Electric Cinema(1982年)
  • Mind Arc(1998年)
  • REQUIEM(2000年)
  • TIME(2004年)
  • "TIME" 〜悠久の時を越えて〜(2006年)
  • The Life Album(2010年)

DVD[編集]

  • "TIME" 〜悠久の時を越えて〜(2006年)
  • 山本恭司ソロ・コンサート 〜21 JULY 2007〜(2008年)

その他[編集]

  • HEALING COLLECTION〜The Best Of Kyoji Yamamoto〜(2008年) - CDとDVD

セッション参加[編集]

その他、多数。

テレビ番組[編集]

  • 八雲の帰郷〜佐野史郎&山本恭司ギリシャ朗読ライブ〜(2014年10月、山陰放送、JNN中四国ブロック・BS-TBS)

脚注[編集]

  1. ^ 山本恭司氏 × sibeliuski 対談ブログシリーズ#4 Avid Japan Audio Blog 2012年5月9日
  2. ^ 佐野史郎の方が年上だが、他の高校を1年で中退しているためである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]