この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ふくい舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふくい舞
生誕 (1984-12-17) 1984年12月17日(32歳)
出身地 日本の旗 日本京都市上京区
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 2008年 -
レーベル J-more、Can Can
共同作業者 Shingo.S
公式サイト ふくい舞 OFFICIAL WEBSITE
ハンソンアラニス・モリセット

ふくい舞(ふくい まい、1984年12月17日 - [1])は、日本女性シンガーソングライター

京都市上京区出身。血液型A型2011年1月1日、アーティスト表記を「福井舞」から「ふくい舞」に変更[2][3]

来歴・人物

中学2年生の時に、兄が持っていたハンソンCDを聴き、音楽に興味を持つ。中学の終わり頃には友人と組んだバンドドラムを担当する[4][5]。18歳の時に京都府内の大学へ進学し、軽音楽サークルに入りボーカルを担当する[6]。この頃よりプロの歌手を志すようになる。自身で作詞作曲を始めるようになり、最初の楽曲「Lucky」を書き上げる。音楽に集中することと学業との両立ができないことから、大学を中退して音楽活動を始めるようになる[6][7]2004年末より、地元京都で活動するインディーズバンド「POPLAR」のボーカルとして加入[1]。2枚のアルバムを発表後、ソロ活動に転身するため2006年に脱退する[4]

2007年10月[8]、初めて作ったデモCDが現在の所属プロダクションおよびエイベックスに渡り、デビューのきっかけをつかむ。

2008年2月下旬に京都より上京[8]8月20日シングル「アイのうた」でデビューTBS系ドラマ『恋空』主題歌に起用され、9月には同曲の着うた配信ダウンロード数が150万ダウンロードを超える。11月19日には、デビューのきっかけとなった「Lucky」を2枚目のシングルとして発表。同年には日本レコード大賞新人賞を受賞した[9]

2009年2月4日、3枚目のシングル「Can Can/Promise You」を発表。3月4日には初のアルバム『MY SONG FOR YOU』を発表。

2011年1月1日、4枚目のシングル「いくたびの櫻」のリリースにあわせてアーティスト表記を「福井舞」から「ふくい舞」に変更[2][3]。5月22日にはニューヨークで行われた JAPAN DAY@CENTRAL PARK 2011 に出演[10]、「いくたびの櫻」などを演奏した[11]。11月には、同曲を作詞した山上路夫が第44回日本作詩大賞を受賞。12月10日には、同曲が第44回日本有線大賞を受賞した[12]

2011年に発売されたゲームソフト『ファイナルファンタジーXIII-2』(PS3版)主題歌「約束の場所」歌手に抜擢された[13]。「いくたびの櫻」「約束の場所」などが収録されたアルバム『Beautiful Days』は、オリコンチャートで最高位11位を記録した[14]。同年12月31日大阪府立体育会館で行われたWBC世界ミニマム級タイトルマッチ(井岡一翔の2度めの防衛戦)では日本国歌を歌唱[15]

2014年には所属レーベルのJ-moreから離れ、自主レーベルを立ち上げた[16]2015年ミラノ万博日本館の応援曲「おいしいもの食べよう」を制作[17]10月16日には、独立後初のアルバム『Breakaway』を発表[14]

弟の福井大将吉本興業がプロデュースするユニットL.A.F.U.のメンバーとして芸能界デビューを果たした[18]

音楽性

作曲は幼少期に習っていたピアノを使って行う。作詞は、先に英語で書き上げ、その後日本語に変換して完成させるという[4]。作詞および作曲のクレジットは「Maifukui」名義となっている。

フェイバリットアーティストに挙げているのはハンソンの他に、アラニス・モリセットP!NKネリー・ファータドナターシャ・ベディングフィールド等、女性シンガーソングライターにも影響を受けていると公言している[4]WBA女子世界ミニマム級王者の多田悦子は、自身の入場曲として「Can Can」を使用している。

サポートメンバー

ディスコグラフィー

作品の詳細は各項目を参照。

シングル

発売日 タイトル 最高位
1st 2008年8月20日 アイのうた 16位
2nd 2008年11月19日 Lucky 119位
3rd 2009年2月4日 Can Can / Promise You 125位
4th 2011年2月2日 いくたびの櫻 35位
5th 2011年11月23日 約束の場所/たったひとりの味方 26位
6th 2014年8月22日 ゴーイングマイウェイ

アルバム

発売日 タイトル 最高位
1st 2009年3月4日 MY SONG FOR YOU 55位
2nd 2010年7月28日 Lucky Charm 205位
3rd 2011年12月14日 Beautiful Days 11位
4th 2015年10月26日 Breakaway

配信限定楽曲

  1. アイのうた(Winter Mix) - 2008年12月17日
  2. You are everything(福井舞 + PHATE) - 2009年7月29日
    • 「着うた」・「着うたフル」限定配信

参加作品

  • Disney's Dream Pop TRIBUTE TO TOKYO DISNEY RESORT® 25TH ANNIVERSARY - 2009年1月28日
  • 「ホール・ニュー・ワールド(新しい世界)」カバー収録

タイアップ

曲名 タイアップ
アイのうた TBSドラマ「恋空」主題歌
Lucky 日本テレビ音楽戦士 MUSIC FIGHTER」2008年11月度POWER PLAY
Can Can TBS「CDTV」2009年1月度エンディングテーマ
Hate Myself 河合塾マナビスCMソング
希望のうた ミズノランニングCMソング
明日はグッデイ シオノギ製薬ポポンピュメリCMソング
やさしい人になりたい テレビ東京たけしのニッポンのミカタ!」2010年7月 - 9月度エンディングテーマ
いくたびの櫻 NHK正月時代劇隠密秘帖』」・「土曜時代劇隠密八百八町』」主題歌
約束の場所 ゲームソフト『ファイナルファンタジーXIII-2』(PS3版)主題歌
たったひとりの味方 東海テレビ昼ドラ花嫁のれん』主題歌

出演

テレビ

ラジオ

出典・脚注

  1. ^ a b PROFILE1”. peoplesrecords.net. 2008年10月27日閲覧。
  2. ^ a b 公式サイトNews4thシングル「いくたびの櫻」のリリースにあわせてアーティスト表記を変更 2010年12月31日閲覧。
  3. ^ a b 公式ブログ 2011年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c d シングル「アイのうた」販促用フライヤーより。
  5. ^ ドラムの演奏は、楽曲「Can Can」のPVでも披露している。
  6. ^ a b 大橋美貴子. “escala cafe|福井舞 Special Interview”. escala cafe. 2008年9月6日閲覧。
  7. ^ 大橋美貴子. “福井舞『話題のドラマ「恋空」主題歌でデビュー!期待のニューカマーに迫る!!』-ニューカマー ORICON STYLE ミュージック”. ORICON STYLE. 2008年9月6日閲覧。
  8. ^ a b 産経ニュース. “新人の福井舞が「恋空」主題歌射止めた! - MSN産経ニュース”. MSN. 2008年9月6日閲覧。
  9. ^ レコ大新人賞の福井舞、新曲を2/4に発売 - ORICON STYLE” (2009年1月21日). 2016年10月15日閲覧。
  10. ^ 2011 - JAPAN DAY@CENTRAL PARK”. 2016年10月15日閲覧。
  11. ^ ふくい舞 『いくたびの櫻』がロングヒット中! - TOKYO HEADLINE” (2011年7月4日). 2016年10月15日閲覧。
  12. ^ ふくい舞、『日本有線大賞』初受賞 - ORICON STYLE” (2011年12月10日). 2016年10月15日閲覧。
  13. ^ ふくい舞:『ファイナルファンタジーXIII-2』【週刊ファミ通Face完全版】 - ファミ通.com” (2011年12月22日). 2016年10月15日閲覧。
  14. ^ a b ふくい舞の作品 - ORICON STYLE”. 2016年10月15日閲覧。
  15. ^ 国歌独唱の失敗でふくい舞のブログが炎上 - J-CASTテレビウォッチ” (2012年1月3日). 2016年10月15日閲覧。
  16. ^ Profile - ふくい舞 Official Site Web”. 2016年10月15日閲覧。
  17. ^ Japan External Trade Organization(JETRO) (2015年6月). “ミラノ万博日本館サポーター通信 vol.11”. 2016年10月15日閲覧。
  18. ^ 2011年3月26日放送スター姫さがし太郎より。

外部リンク