恋のフーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恋のフーガ
ザ・ピーナッツシングル
B面 離れないで
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル 歌謡曲
レーベル キングレコード
作詞・作曲 作詞:なかにし礼
作曲:すぎやまこういち
チャート最高順位
  • 最高20位(オリコン[注 1]
  • 12位(レコード・マンスリー歌謡曲ベストセラーランキング/1968年1月)
ザ・ピーナッツ シングル 年表
東京ブルー・レイン
(1967年)
恋のフーガ
(1967年)
恋のオフェリア
(1968年)
テンプレートを表示

恋のフーガ」(こいのフーガ)は、1967年に発表されたザ・ピーナッツの楽曲。「恋のオフェリア」/「恋のロンド」などの「恋」シリーズの楽曲の一つであった。

2003年8月に小柳ゆき2005年2月にはW(ダブルユー)カバーした。このため本項では便宜上それらのカバーバージョンについても記述する。

概要[編集]

この曲はタイトルに「フーガ」とあるが、音楽学上の定義ではフーガの形式をとっていない。編曲を担当した宮川泰は当初、フーガのイメージを出すアレンジを試みたが行き詰ってしまい、吹っ切って「少し怖い感じ」にアレンジした。

イントロダクションの演奏にティンパニを使用したことによる切れのいい音と、これにピーナッツの伸びのあるダイナミックな歌唱が加わった結果、恋に破れた悲しい歌詞の情景をズタズタに「破壊」してしまうまでに至った。

作曲したすぎやまこういちもこの功績を認め、すぎやまは作曲で得た印税の一部を宮川に分けた。通常、日本で編曲のみ手がけた場合は、契約で一定の報酬額しかもらえないため、このような事例は異例である。また作詞のなかにし礼はこの年、この作品の功績で1967年の日本レコード大賞作詞賞を受賞する。

ザ・ピーナッツ盤には英語バージョンも存在していた。これは2004年6月にキングレコードより発売されたザ・ピーナッツ レア・コレクションなどに収録されている。

ザ・ピーナッツ盤は1967年の『第18回NHK紅白歌合戦』でも歌われ、その映像はNHKにモノクロ映像が保管されており、特別番組でその部分が放送されたこともあった。

収録曲[編集]

  1. 恋のフーガ
  2. 離れないで

小柳ゆきバージョン[編集]

恋のフーガ
小柳ゆきシングル
初出アルバム『KOYANAGI the COVERS PRODUCT 2
B面 銀色の道
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
小柳ゆき シングル 年表
ON THE RADIO
(2003年)
恋のフーガ / 会いたい
(2003年)
Love knot 〜愛の絆〜
(2004年)
テンプレートを表示
  1. 恋のフーガ
  2. 会いたい
  3. 愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜
  4. J


W(ダブルユー)バージョン[編集]

恋のフーガ
W (ダブルユー)シングル
初出アルバム『2nd W
B面 ふりむかないで
リリース
ジャンル J-POP
レーベル zetima/UP-FRONT WORKS
チャート最高順位
W (ダブルユー) シングル 年表
ロボキッス
(2004年)
恋のフーガ
(2005年)
愛の意味を教えて!
(2005年)
テンプレートを表示
  1. 恋のフーガ
    作詞:なかにし礼/作曲:すぎやまこういち/編曲:馬飼野康二
  2. ふりむかないで
    作詞:岩谷時子/作曲:宮川泰/編曲:馬飼野康二・田中直
    ハロー!プロジェクトが発売したシングルA面曲の中で再生時間が最も短い。

外部リンク[編集]

その他のカヴァー[編集]

劇中で英語バージョンを歌唱。オリジナル版発売直後の、ほぼリアルタイムでのカヴァーとなった。
  • キャンディーズ(1977年、アルバム『Candy Label』)
  • The JG's(1987年、リミックスアルバム『D.C.レトロ』)
  • GO!GO!7188(2000年、シングル『ジェットにんぢん』)
  • ARAHIS(2006年、ミニアルバム『ARAHIS』)
  • 松尾ヒロコ(2007年、アルバム『ノスタルジア~哀愁舞踏~』)
  • 茉奈 佳奈(2009年、アルバム『ふたりうた』)
  • 岩崎宏美(2010年、アルバム『Dear Friends V』)
  • 百田夏菜子玉井詩織ももいろクローバーZ(2016年、トリビュートアルバム『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』に収録)[2]
  • ハウス食品のCM 「追いかけて」の部分を「お湯かけて」に替えて歌われた。
  • 1990年代に放映されていた大森屋のCM「しらすふりかけ」や2001年に放映された宝酒造「タカラ缶チューハイ」のCMでもこの曲の替え歌が使われていた。
  • 浅羽悠太(内山昂輝)& 浅羽祐希(木村良平)(2012年、君と僕。2 第6巻 Blu-ray&DVD 完全生産限定版特典 キャラクターソングCD⑤)

近似曲[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1967.11.23付/オリコンが正式に開始する以前の非公式のチャート
  2. ^ 後にカイリー・ミノーグWinkもヒットさせた

出典[編集]

  1. ^ WのCDシングルランキング”. オリコン芸能人事典-ORICON STYLE. 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月12日閲覧。
  2. ^ “相田翔子&森高千里 ピーナッツを歌う 女性歌手12組がデュエット”. ORICON STYLE. (2016年8月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2076648/full/ 2016年8月12日閲覧。 

参考文献[編集]

先代:
ローマの雨
ザ・ピーナッツ
NHK紅白歌合戦歌唱楽曲
1967年・第18回
次代:
ガラスの城