スタジオライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

劇団スタジオライフ(Studio Life)は日本の小劇場系劇団1985年に故河内喜一朗と倉田淳により結成。東京都中野区を本拠地としている。

1988年より男優のみで構成されている。脚本・演出の倉田淳のみが女性。少女漫画や耽美的な小説を原作としたもの、海外の翻訳劇などを中心に上演されている。

概要[編集]

1996年の「トーマの心臓」(原作:萩尾望都)をはじめて舞台化。「ヴェニスに死す」(原作:トーマス・マン)、「死の泉」(原作:皆川博子)、等の文芸耽美作品を舞台化。劇団創立20周年を迎えた2005年には、直木賞作家 東野圭吾の代表作「白夜行」をテレビドラマに先駆けて2部構成で初舞台化。

その他、イギリスのフリンジ(小劇場)および、アメリカオフ・ブロードウェイなどの最新且つ秀逸な戯曲を翻訳上演する<The Other Life>の公演活動、更にロンドン、ニューヨークでのワークショップ開催、東京の中野に在る小劇場「ウエストエンドスタジオ」の運営等も行っている。また、2005年の12月 - 1月には日本でニューヨーク・アクターズスタジオ正会員であるロベルタ・ウォーラックによる日本人俳優の為の「Acting Workshop」を開催した。

2006年には劇団初のシェイクスピア作品の舞台化し、新境地を切り開いた。

2014年6月8日、代表で所属俳優の河内喜一朗が大腸がんのため逝去。享年64歳[1]。現在は、所属俳優の藤原啓児が代表を引き継ぐ。

特徴[編集]

  • 現在は男優約40人によって構成されている。
  • 劇団を表現するときに頻繁に用いられるキーワードは「耽美(たんび)」。
  • 当初は女優も在籍する劇団だったが、徐々に減っていき、1988年上演「WHITE」の本番直前に女優が駆け落ちしてしまったことが切っかけで男優を女役に起用。それが意外な評判を呼んだことにより現在の劇団のスタイルに至った。(座長・河内喜一朗談)
  • 劇団の特性上、「男版宝塚」などと評される事もあるが、宝塚とは異なり、基本的に男役と女役は固定されていない。
  • 女性役を演じるときは、服装や髪型など見た目・立ち居振る舞いなどは、女性的に整えられるが、声は男性のまま演じられる。コメディでは、仕草も男性的な場合がある。
  • ほぼ全ての公演で、主要人物数名から10名がチーム分けされたダブルキャスト、もしくはトリプルキャストで上演されている。一方のチームが主要人物を演じている間、もう一方のチームはサポート役(敵役や脇役)にまわる。
  • 舞台上演の別に、影絵劇団としても、北は北海道から南は九州まで全国の小学校を中心に公演を行っており、舞台上演の主役級の役者等も影絵演者として出演する事もある。[2]

公演作品[編集]

倉田淳オリジナル[編集]

  • 「ブーイング・シティ」(作:倉田淳)1987年、1988年
  • 「リアル・シンデレラ・ストーリー」(作:倉田淳)1987年、1988年、1989年、2011年
  • 「タイガー・バーム・フィーバー」(作:倉田淳)1989年、1991年
  • 「BEAT POPS」(作:倉田淳)1992年、2013年
  • 「Back Cindy」(作:倉田淳)1994年、1996年、2014年
  • 「WHITE」(作:倉田淳)1988年、1990年、1996年、2000年、2003年、2006年、2007年、2010年、2015年
  • 「TAMAGOYAKI」(作:倉田淳)1990年、1995年、1998年、2008年
  • 「PANSY MAZE」(作:倉田淳)1987年、1988年、1995年、2009年
  • 「Suka-suka aja de!」(作/演出:倉田淳)2016年[3]

漫画原作[編集]

The Other Life[編集]

海外の小劇場で生まれた傑作を東京の舞台へ。このコンセプトの元に97年に誕生したのが「The Other Life」。文芸・耽美作品を上演する本公演とは趣を異にし、小劇場空間のメリットを生かしてリアルで大人のテイストを繰り広げるStudio Life のもうひとつの顔。

その他[編集]

主な所属俳優[編集]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]