モチモチの木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モチモチの木』(モチモチのき)は、斎藤隆介作、滝平二郎絵の絵本1971年11月、岩崎書店発行。

あらすじ[編集]

峠の猟師小屋に祖父と住む豆太は小心者で、夜は祖父を起こさないと便所に行けないほど。家の前にある木は豆太が「モチモチの木」と名づけたトチの木がありその木が怖いのであった。ただし昼は全く怖がらない。

そんなある晩、祖父は腹痛で苦しみだす。祖父を助けるには暗闇の中、モチモチの木の前を通り、半里(約2km)も離れた麓(ふもと)の村まで医者を呼びに行かなければならない。豆太は勇気を振り絞り医者を呼びに行き、祖父は助かる。なんとそのときモチモチの木に雪明かりがともり、祖父の話していた霜月の二十日の丑三つ時の晩に勇気のある者だけが見る事の出来る「山の神様の祭り」とはこのことだったのだと意味を知る。しかし、祖父の病気が治ると豆太はまた元の小心者に戻り、祖父を起こさないと便所に行けないのであった。

内容の改訂[編集]

初版では23ページと29ページに三日月が描かれているが出版から数年後に「丑三つ時に三日月が上るのはおかしい」と小学校教師から指摘され、1977年の改訂版で絵と文を二十日の月に描き換えられた。この改訂は滝平二郎にとって不本意なものであり、立腹して三日月の原画を捨てようとしたが妻に止められたため、初版の原画が現存している[1]

書誌情報[編集]

  • 斉藤隆介,滝平二郎『モチモチの木(創作絵本)』岩崎書店、1981年7月。ISBN 978-4-265909-06-3

映像化作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ 朝日新聞2013年4月24日朝刊 35面「幻のきりえ見つかる 「モチモチの木」原画」