英霊たちの応援歌 最後の早慶戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

英霊たちの応援歌 最後の早慶戦』(えいれいたちのおうえんか さいごのそうけいせん)は、1979年11月3日公開の日本映画

太平洋戦争中の1943年10月16日に行われた野球の「出陣学徒壮行早慶戦(通称:最後の早慶戦)」を描いた作品。岡本喜八監督。時間は124分。画面サイズはスタンダード、カラー。

概要[編集]

タイトルに「最後の早慶戦」と付いているが、メインは学徒出陣で戦地に飛んだ学生たちの召集-演習-特攻に至るまでの群像劇であり、出陣学徒壮行早慶戦の件については上映開始の序盤30分の時点で終わり、野球のシーンは応援合戦と練習、試合開始前の挨拶、結果は新聞の記事だけであり、後は所々に兵士が野球に対する未練を吐露、野球道具、用語を使う程度に収めている。

キャスト[編集]

  • 秋山信吾:永島敏行 - 早実以来、三上哲男投手とバッテリーを組んでいた早大捕手。他学生より一足早く第十三期海軍予備学生に応募した。徴兵猶予撤廃で遅れて海軍に入隊してきた三上や本田らと上官として再会する。三上らとの出撃直前に照代と婚姻する。
  • 相田暢一勝野洋 - 早大野球部マネージャー。出陣学徒壮行早慶戦を飛田らと共に開催にこぎつけた。海軍では直掩に回され、近藤・三上・吉江(早大野手)ら特攻組に「皆と行動を共にできない」自身の間の悪さを嘆く。
  • 本田耕一本田博太郎 - 法政名一塁手。戦争が無ければ職業野球に入って母に楽をさせてやろうと考えていた。恋人・蓮見葉子の劇団に入るが学徒出陣する。三上・久保(明大スキー部)・小島(慶大投手)らと入隊同期。
  • 三上哲男:中村秀和 - バッテリーを組む秋山らと同期の早大投手。出陣学徒壮行早慶戦には岡本忠之投手に隠れベンチ入りのみ。空襲による戦傷を負った母親の最期を看取る。帰りの汽車が空襲により立ち往生したが出撃に間に合う。演じた中村は当時新人で多くの映画賞にもノミネートされたが映画、ドラマはこの作品が最初で最後の出演となり以降、舞台専門の俳優、裏方として活躍後、現在英訳音響会社社長。
  • 正木藩:山田隆夫 - 明大落語研究会所属。海軍入隊後は厳しく指導されたが、「まんじゅう怖い」「時そば」などの落語を学徒兵や下士官、一般兵らに披露し笑わせていた。
  • 蓮見葉子:竹下景子 - 本田耕一の恋人。法政野球部を辞めた本田を劇団に誘う。
  • 照代:大谷直子 - 秋山家の家政婦。学徒出陣した秋山信吾を追い、秋山の配属先となる各特攻基地近くで仲居となる。
  • 三上きよ:小畠絹子 - 三上の母親。従軍看護婦長だったが、戦傷を負い宇品港に駆けつけた三上の目前で亡くなった。
  • 秋山貴子:水野久美 - 秋山の母親。のち空襲により一家で亡くなった。
  • 坂本美佐子:八千草薫
  • 笠間上飛曹:田中邦衛 - 秋山の直属飛行教官。
  • 寺本少佐:岸田森
  • 飛田忠英:小野寺昭 - 飛田穂州の子
  • 須藤司令:中谷一郎
  • 土浦航空隊司令:山本麟一
  • 屋台の親父:殿山泰司
  • 平井新仲谷昇
  • 飛田穂州東野英治郎
  • 寺田農
  • 今福正雄
  • 大木正司
  • 久米明
  • 稲葉義男
  • 関川慎二
  • 浜田晃
  • 片岡五郎
  • 森章二
  • 三田村賢二
  • 小川真司
  • 伊豆肇
  • 石山雄大
  • 福崎和宏
  • 佐藤闘介
  • 近藤清伊藤敏孝 - 岐阜商出身の早大名選手。岐阜商同期の加藤三郎明大捕手と航空基地で再会する。
  • 倉島帝大剣道部主将:役所広司 - 秋山・山根政治(慶大水泳部)らと直掩隊に回され、田川(中大相撲部)・石塚(専大ラグビー部)・藤野(法大相撲部)・河田(立大レスリング部)らの特攻を見届ける。
  • 草野大悟 - 比・マバラカット基地の秋山らの飛行上官。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]