大伴弟麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大伴弟麻呂
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 天平3年(731年[1]?
死没 大同4年5月28日809年7月14日
別名 乙麻呂
官位 従三位東宮傅
勲二等
氏族 大伴氏
父母 父:大伴古慈斐、母:藤原不比等の娘
兄弟 弟麻呂益立
東人宇治人勝雄
テンプレートを表示

大伴 弟麻呂(おおとも の おとまろ)は、奈良時代から平安時代初期にかけての公卿・武人。従三位大伴古慈斐の子[2]。史料に見える初の征夷大将軍

経歴[編集]

宝亀10年(779年従六位上から三階昇進して従五位下に叙爵し、翌宝亀11年(780年衛門佐に任ぜられる。

天応元年(781年)従五位上・左衛士佐に叙任される一方、同年に即位した桓武天皇の生母である皇太夫人高野新笠のために中宮職が設置された際に、その次官(中宮亮)を兼ねている。延暦元年(782年常陸介、翌延暦2年(783年征東副将軍と一時東国の地方官を務める。延暦6年(787年右中弁次いで左中弁と京官に復帰し、延暦7年(788年正五位下に昇叙され皇后宮亮を兼ねた。

延暦10年(791年従四位上・征夷大使に叙任されるが、延暦11年(792年)11月に一旦征夷大使の辞表を提出し、翌延暦12年(793年)2月には征夷副使・坂上田村麻呂辞表を提出している。しかし、結局両方とも認められなかったらしく、延暦13年(794年)正月に弟麻呂は征夷大将軍として節刀を賜与され、同年6月には副将軍の坂上田村麻呂が蝦夷征討で大きな戦果を挙げる。延暦14年(795年)正月に節刀を返上して、2月には征討の功労により従三位勲二等に叙せられた。

その後、蝦夷征討の任務は田村麻呂(延暦16年(797年)征夷大将軍)が取って代わり、弟麻呂は東宮傅治部卿と京官を歴任する。延暦25年(806年)老いて衰えたことを理由に辞職を願い出て許される。大同4年(809年)5月28日薨去享年79。最終官位は散位従三位。

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本後紀』大同4年5月28条の卒伝内の「年七十九」による(『公卿補任』も同様)。『日本後紀』大同元年2月20日条の上表文内の「今年逮八十」によると、神亀4年(727年)生となる。
  2. ^ 公卿補任
  3. ^ a b 『日本後紀』天長8年12月8日条
  4. ^ 鈴木真年『百家系図』巻59,大伴宿禰

参考資料[編集]