北条守時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
北条守時 / 赤橋守時
時代 鎌倉時代末期
生誕 永仁3年(1295年
死没 正慶2年/元弘3年5月18日1333年6月30日
別名 赤橋守時
戒名 慈光院道本
官位 左近将監讃岐武蔵守従四位上相模
幕府 鎌倉幕府評定衆引付頭人、第16代執権
主君 守邦親王
氏族 北条氏赤橋流
父母 父:北条久時、母:北条宗頼
兄弟 守時宗時種時英時時宝
登子足利尊氏正室)、洞院公守室、
種子正親町公蔭室)、北条貞規
益時、女子
州崎古戦場蹟に建てられた石碑

北条 守時(ほうじょう もりとき)は、鎌倉時代末期の武将北条氏の一門。鎌倉幕府第16代・最後の執権(在職:正中3年4月24日1326年5月26日) - 正慶2年/元弘3年5月18日(1333年6月30日))。赤橋守時(あかはし もりとき)とも呼ばれる。

鎌倉幕府第6代執権・北条長時の曾孫にあたる。父は赤橋流北条久時。同幕府を滅ぼし、室町幕府初代将軍となった足利尊氏は妹婿(義弟)にあたる。

生涯[編集]

僅か13歳の徳治2年(1307年)10月1日、従五位下左近将監に叙任されるなど[1]、その待遇は得宗家と変わらず、庶流であるにもかかわらず、赤橋家の家格の高さがうかがえる[註 1]

応長元年(1311年)6月5日、引付衆就任を経ずに評定衆に任命された[1]

嘉暦元年(1326年)3月の嘉暦の騒動の後、政変に対する報復を恐れて北条一門に執権のなり手がいない中、引付衆一番頭人にあった守時が4月24日に16代執権となる。しかし実権は、出家していた北条得宗家(元執権)の北条高時(崇鑑)や内管領長崎高資らに握られていた[1]

正慶2年/元弘3年(1333年)5月、姻戚関係にあった御家人筆頭の足利高氏(のちの尊氏)が遠征先の京都で幕府に叛旗を翻し、六波羅探題を攻め落とし、同母妹の登子と甥の千寿王丸(のちの足利義詮)も鎌倉を脱したため、守時の幕府内における立場は悪化し、高時から謹慎を申し付けられる。

5月18日、一門から裏切り者呼ばわりされるのを払拭するため新田義貞率いる倒幕軍を迎え撃つ先鋒隊として出撃し、鎌倉中心部への交通の要衝・巨福呂坂に拠り新田勢の糸口貞満と激戦を繰り広げて一昼夜の間に65合も斬りあったとされるが、最期は衆寡敵せず洲崎(現在の神奈川県鎌倉市深沢地域周辺)で自刃した[1]。一説に北条高時の思惑に配慮して退却せずに自刃したともいわれる[1]。子の益時(ますとき)も父に殉じて自害した。享年39。

人物[編集]

年譜 [編集]

※日付=旧暦

  • 1307年徳治2年)11月1日、従五位下左近衛将監に叙任。
  • 1311年応長元年)6月5日、幕府の評定衆となる。
  • 1312年正和元年)12月30日、従五位上に昇叙。左近衛将監如元。
  • 1313年(正和2年)7月26日、一番引付頭人を兼帯。
  • 1315年(正和4年)12月15日、正五位下に昇叙し、讃岐守に転任。
  • 1317年文保元年)12月27日、二番引付頭人に異動。評定衆如元。
  • 1319年元応元年)2月18日、武蔵守に転任。 閏7月13日、一番引付頭人に異動。評定衆如元。
  • 1326年嘉暦元年)4月24日、執権に異動。 8月、相模守に遷任。
  • 1327年(嘉暦2年)閏9月2日、従四位下に昇叙。相模守如元。
  • 1331年元弘元年)1月5日、従四位上に昇叙。相模守如元。
  • 1333年(元弘3年)5月18日、自刃。享年39。法名、慈光院道本。

※(参考)鎌倉年代記(増補続史料大成)。北条時政以来後見次第(東京大学史料編纂所所蔵影写)

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ a b 赤橋流北条氏は、北条氏一門において得宗家に次ぐ高い家格を有し、得宗家の当主以外では赤橋流北条氏の当主だけが元服時に将軍烏帽子親としてその一字を与えられる特権を許されていた(山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」(所収:山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年)) ISBN 978-4-7842-1620-8)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 安田、1990、p.555。

参考文献[編集]

書籍
  • 安田元久『鎌倉・室町人名事典コンパクト版』新人物往来社、1990年
  • 山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」(所収:山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年)
史料

関連作品[編集]

先代:
北条久時
極楽寺流北条氏第5代
赤橋流4代
次代:
-