関根梓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関根 梓
基本情報
愛称 せっきー
出生日 (1996-06-14) 1996年6月14日(22歳)[1][2]
血液型 AB型[1]
出生・出身地 日本の旗 日本 長野県[1][2]
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2004年 -
事務所 YU-Mエンターテインメント
グループ/
ユニット等
ハロプロエッグ
UFZS
アップアップガールズ(仮)
チーム・負けん気
公式サイト アップアップガールズ(仮) 公式サイト

関根 梓(せきね あずさ[1]1996年6月14日[1][2] - )は、日本の女性アイドルであり、女性アイドルグループアップアップガールズ(仮)[3][4]K-POPカバーダンスグループ『UFZS[5]のメンバーである。公式ニックネームは「せっきー[2][6]

長野県出身[1][2]。血液型AB型[1]。身長153.5cm[1]。YU-Mエンターテインメント所属[7]

略歴[編集]

1996年6月14日[1][2]16時4分生まれ[8]。名前の由来は「(出身地である長野県を流れる)梓川のように清く美しく長くて広い心で育ちますように」とのこと[9]

2004年、通っていたジャズダンススクールの先生が応募した[10]ハロプロ エッグ オーディション2004に合格し、ハロプロエッグ第1期生の一員となった[11]。2007年5月、初めて行われたハロー!プロジェクト新人公演[注釈 1]に出演[11]。これが関根にとって初舞台となった[11]。なお、マイクを持って歌うことはできなかった[11]。その後、ステージの中央に立てていた時期もあったが、いつしかステージの端で踊る存在になっていた[12]

2010年の夏に、所属事務所よりハロプロエッグの研修課程修了という通達があり[13]、11月28日に横浜BLITZで行われた『2010 ハロー!プロジェクト新人公演11月 〜横浜JUMP!〜』がハロプロエッグとしての最後のステージとなった[14]。その後、所属事務所より女性アイドルグループ『アップフロントガールズ(仮)』としての活動を打診され、関根はこれを即座に了承した[12]。「ちゃんとした結果を残してから辞めたいとずっと思っていた」というのがその理由である[12]

2011年2月22日、K-POPカバーダンスグループ『UFZS』が結成され、そのメンバーとなり[15][16]、同年3月9日には、ハロプロエッグの研修課程を修了したことが正式に発表された[17]。4月1日、アップフロントガールズ(仮)としてのブログ「アップフロントガールズ(仮)オフィシャルブログ」が開始された[6]。後にグループ名は『アップアップガールズ(仮)』に改名された[18]

2012年より、NHK Eテレテストの花道』にレギュラー出演している[19]

2013年5月にニコニコ動画へアップロードされた「【踊ってみた】にんじゃりばんばん 関根梓」は、再生回数が10万回を超えた[20]。同動画の撮影中に関根の後ろをはとバスの車両が通ったことが話題になり、また、同動画の影響でアップアップガールズ(仮)を初めて知った人がいるという[20]

同年8月31日、横浜BLITZにて行われたアップアップガールズ(仮)のライブ、アップアップガールズ(仮)1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦〜横浜リベンジ決戦〜で、「アッパーカット!」のパフォーマンス中に左足首をひねり、靭帯部分断裂と診断された[21]。怪我をして以降「ペースが全く掴めな」いなど、悪いこともあったが、「普段は踊っているので見えなかった部分もすごく見え」るなど、良いこともあったという[22]。同怪我は12月17日までに完治した[23]

2015年3月、ぐんま観光特使で、関根と同じくアップアップガールズ(仮)のメンバーである新井愛瞳との「地元PR対決」に勝利し「しあわせ信州応援アイドル」に就任した[24]。2016年1月には、小海線全線開通80周年を記念し「小海線沿線地域特別応援大使」に就任した[25]

人物[編集]

  • アップアップガールズ(仮)でのメンバーカラーはオレンジ[26]。2011年6月6日に行われた「アップフロントガールズ(仮)メンバーカラー決め大抽選会」にて決定した[27]。また、UFZSでの担当カラーもオレンジである[5]
  • アップアップガールズ(仮)では、曲の歌いだしなど重要なパートを任されることが多い[28]
  • アップアップガールズ(仮)でのキャラは小悪魔[29]・宇宙人[30]
  • 2012年現在も長野県から通っている「超遠距離通勤アイドル」である[2]
  • 犬を自宅で8匹飼っている[6][31]。雑誌「UTB+」の取材で、一番大きい犬を枕として寝ていると言ったところ(その犬は)「苦しくて動けない」とインタビューアーに指摘されたが、それに対し悪びれた様子が無かったことから、キャラ天然であると評価を受けた[31]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • 第一回 ハロー!プロジェクト新人公演 〜さるの刻〜/〜とりの刻〜(2007年)
  • 2008 ハロー!プロジェクト新人公演9月 〜芝公園STEP!〜(2008年11月)[32]
  • 2009 ハロー!プロジェクト新人公演6月 〜中野STEP!〜(2009年9月)[33]

出演[編集]

コンサート[編集]

  • 第一回 ハロー!プロジェクト新人公演 〜さるの刻〜/〜とりの刻〜(2007年5月13日、渋谷C.C.Lemonホール[11]
  • 2007 ハロー!プロジェクト新人公演11月 〜品川で会いましょう〜(2007年11月23日、品川ステラボール[34]
  • 2008 ハロー!プロジェクト新人公演6月 〜赤坂HOP!〜(2008年6月22日、赤坂BLITZ[35]
  • 2008 ハロー!プロジェクト新人公演9月 〜芝公園STEP!〜(2008年9月23日、メルパルクホール[36]
  • 2008 ハロー!プロジェクト新人公演11月 〜横浜JUMP!〜(2008年11月24日、横浜BLITZ)[37]
  • 2009 ハロー!プロジェクト新人公演4月 〜横浜HOP!〜(2009年4月4日・5日、横浜BLITZ)[38]
  • 2009 ハロー!プロジェクト新人公演6月 〜中野STEP!〜(2009年6月7日、中野サンプラザ[39]
  • 2009 ハロー!プロジェクト新人公演9月 〜横浜JUMP!〜(2009年9月23日、横浜BLITZ)[40]
  • 2009 ハロー!プロジェクト新人公演11月 〜横浜FIRE!〜(2009年11月23日、横浜BLITZ)[41]
  • 2010 ハロー!プロジェクト新人公演3月 〜横浜GOLD!〜(2010年3月27日、横浜BLITZ)[42]
  • 2010 ハロー!プロジェクト新人公演6月 〜横浜HOP!〜(2010年6月5日、横浜BLITZ)[43]
  • 2010 ハロー!プロジェクト新人公演9月 〜横浜STEP!〜(2010年9月5日、横浜BLITZ)[44]
  • 2010 ハロー!プロジェクト新人公演11月 〜横浜JUMP!〜(2010年11月28日、横浜BLITZ)[45]

舞台[編集]

  • 2009年秋期エッグ研修発表会〜女優宣言〜(2009年10月7日・9日、池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER)
  • 2010年秋季エッグ研修発表会〜女優宣言〜(2010年10月3日、時事通信ホール)[46]
  • 私立グリグリ学園(2012年5月5日、新宿文化センター 小ホール)[47]

イベント[編集]

  • ハロプロ エッグ デリバリーステーション in 夏Sacas'09 SacasWaterPark(2009年7月31日・8月21日、赤坂サカス[48]

映画[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

インターネットテレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 主にハロプロエッグのメンバーによって行われるコンサート。同コンサートへの出演歴については#コンサートを参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Profile 関根 梓”. アップアップガールズ(仮) 公式サイト. アップフロントクリエイト. 2017年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g D・GIRLS 〜ソーシャルメディアの踊り手たち〜 65頁
  3. ^ アップアップガールズ(仮) | 関根 梓”. アップアップガールズ(仮)公式サイト. 2013年9月17日閲覧。
  4. ^ UTB+ 2012年1月号 77頁
  5. ^ a b K☆STAR LOVERS vol.2 112頁
  6. ^ a b c 関根梓 (2011年4月1日). “関根梓です!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2012年5月7日閲覧。
  7. ^ 所属タレント”. アップフロントクリエイト. 2017年5月28日閲覧。
  8. ^ 関根梓 (2012年6月14日). “azusa...16歳♪”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2013年5月5日閲覧。
  9. ^ 関根梓 (2011年7月9日). “(梓´ω`由来)”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2013年5月5日閲覧。
  10. ^ (ツギクル☆アイドル)アップアップガールズ(仮)”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年10月17日). 2013年10月19日閲覧。
  11. ^ a b c d e Top Yell 2012年11月号 96頁
  12. ^ a b c RUN! アプガ RUN!(仮) 180頁
  13. ^ Top Yell 2012年11月号 97頁
  14. ^ 土屋恵介 (2013年4月23日). “アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE横浜BLITZ大決戦(仮)”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2013年6月8日閲覧。
  15. ^ 女性自身オリジナルダンスチーム UFZSを結成! K-POPコピーダンス界に挑戦状!”. 光文社 (2011年3月1日). 2012年5月7日閲覧。
  16. ^ 『TENSI LOVE ×UFZS』合同インタビュー”. アジアエンタメLIFE. Asia Entertainment Life (2011年11月12日). 2011年12月1日閲覧。
  17. ^ 北原沙弥香、佐藤綾乃、関根梓、新井愛瞳に関してのお知らせ。”. ハロプロエッグオフィシャルファンクラブページ (2011年3月9日). 2011年12月1日閲覧。
  18. ^ アップアップガールズ(仮)に改名しました!!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2011年6月27日). 2011年12月1日閲覧。
  19. ^ a b 新レギュラー情報!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2012年4月2日). 2013年10月19日閲覧。
  20. ^ a b アプガ関根梓「踊ってみた」で10万再生突破!初めて明かされる撮影秘話”. dwango.jp news. ドワンゴモバイル (2013年10月27日). 2013年10月31日閲覧。
  21. ^ 土屋恵介 (2013年10月1日). “特集:サマーマッドネス2013(仮) アップアップガールズ(仮) 横浜~赤坂BLITZ ワンマンライヴ・ドキュメント・レポート”. CDJournal CDJ PUSH. 株式会社音楽出版社. 2013年10月30日閲覧。
  22. ^ アプガ来年は聖地・中野サンプラザ目標!そして目指すは武道館”. dwango.jp news (2013年10月30日). 2013年11月2日閲覧。
  23. ^ 関根梓 (2013年12月17日). “やっと~**.あずにゃん”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2013年12月18日閲覧。
  24. ^ 群馬・新井愛瞳と長野・関根 梓“地元PR対決”の勝者が決定”. CDJournal ニュース (2015年3月11日). 2015年3月31日閲覧。
  25. ^ 関根梓「小海線沿線地域特別応援大使」に就任!小海線沿線地域を日本一愛される地域に!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2016年1月11日). 2016年1月21日閲覧。
  26. ^ 関根梓 (2011年6月7日). “(梓´ω`カラー)”. アップフロントガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2011年12月1日閲覧。
  27. ^ (日本語) アップフロントガールズ(仮)メンバーカラー決め大抽選会 (インターネット番組). (2011年6月6日). 該当時間: 34分6秒 - 34分58秒. http://www.ustream.tv/recorded/15205240 2011年12月1日閲覧。 
  28. ^ RUN! アプガ RUN!(仮) 181頁
  29. ^ アップアップガールズ(仮)、新たな決意を込めたトリプルA面シングルを6月発売!”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年4月30日). 2013年5月5日閲覧。
  30. ^ 「表紙デビュー(初)アップアップガールズ(仮)」、『De☆View』2013年4月号、オリコン・エンタテインメント、2013年3月、 21頁。
  31. ^ a b UTB+ 2012年1月号 78頁
  32. ^ 2008 ハロー!プロジェクト11月新人公演〜横浜JUMP!〜グッズ”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2008年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  33. ^ 2009 ハロー!プロジェクト新人公演9月〜横浜JUMP!〜グッズ”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2009年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  34. ^ 2007 ハロー!プロジェクト 新人公演11月 〜品川で会いましょう〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  35. ^ 2008ハロー!プロジェクト新人公演6月〜赤坂HOP! 公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2008年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  36. ^ 2008 ハロー!プロジェクト新人公演 9月〜芝公園STEP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2008年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  37. ^ 2008 ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜JUMP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2008年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  38. ^ 2009 ハロー!プロジェクト新人公演4月〜横浜HOP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2009年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  39. ^ 2009ハロー!プロジェクト新人公演6月〜中野STEP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2013年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  40. ^ 2009ハロー!プロジェクト新人公演9月〜横浜JUMP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  41. ^ 2009ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜FIRE!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  42. ^ 2010ハロー!プロジェクト新人公演3月〜横浜GOLD!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2010年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  43. ^ 2010ハロー!プロジェクト新人公演6月〜横浜HOP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  44. ^ 2010ハロー!プロジェクト新人公演9月〜横浜STEP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2010年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  45. ^ 2010ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜JUMP!〜公演情報”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2010年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月8日閲覧。
  46. ^ 『2010年秋季エッグ研修発表会〜女優宣言〜』当日券予約販売のお知らせ”. ハロー!プロジェクトオフィシャルファンクラブサイト. 2012年1月14日閲覧。
  47. ^ 舞台『私立グリグリ学園』に関根梓、新井愛瞳がゲスト出演”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2012年4月5日). 2012年5月8日閲覧。
  48. ^ ハロプロエッグ デリバリーステーション in 夏Sacas‘09 SacasWaterPark”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月14日閲覧。
  49. ^ アップアップガールズ(仮)総出演の映画公開。仙石みなみ「怖くて心臓が飛び出しました!」”. Web De☆View. オリコン・エンタテインメント (2013年7月14日). 2013年7月15日閲覧。
  50. ^ アプガ仙石&佐藤がW主演! ホラー映画〈讐 〜ADA〜〉にTパレ所属アイドル大挙出演”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年6月17日). 2013年7月15日閲覧。
  51. ^ メンバー紹介 関根梓”. テストの花道. NHKオンライン. 2013年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月17日閲覧。
  52. ^ ☆関根梓出演☆「方言彼女。0」OA日決定!!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2012年11月26日). 2013年5月5日閲覧。
  53. ^ 新井愛瞳が辻村深月原作「サクラ咲く」でドラマ初主演”. CDJournal ニュース (2016年2月9日). 2016年3月6日閲覧。
  54. ^ “新井愛瞳、ドラマ初出演で主演に抜てき - アプガから仙石みなみ・関根梓も”. マイナビニュース (株式会社 マイナビ). (2016年2月3日). http://news.mynavi.jp/news/2016/02/03/369/ 2016年2月3日閲覧。 
  55. ^ NOTTV番組ガイド連動特集 WEB限定プレゼント!”. 日本初スマホ向け放送局 NOTTV. 2016年3月6日閲覧。
  56. ^ 「見参楽」初の子供向け番組 『To be』(トゥー・ビー)を配信開始!”. とれたてフジテレビ (2011年8月24日). 2012年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • UFZSとレッスン K-POPダンスの達人を目指せ!!」、『女性自身増刊 K☆STAR LOVERS vol.2』10月1日号、光文社、2011年8月、 112-117頁。
  • 「ヒトリジメ! 関根梓(アップアップガールズ(仮))」、『UTB+』2012年1月号 vol.5、ワニブックス、2011年11月、 76-80頁。
    • ワニブックス@モバイルの企画で、アップアップガールズ(仮)のメンバー中1位となり、ソログラビアが掲載された。
  • 「アップアップガールズ(仮)」、『D・GIRLS 〜ソーシャルメディアの踊り手たち〜』、玄光社、2012年4月、 60-81頁、 ISBN 978-4-7683-0370-2
  • 「7人が語る自分の成り立ち アップアップガールズ(仮)年表」、『Top Yell』2012年11月号、竹書房、2012年10月、 96-99頁。
  • 「interview 関根 梓」、『RUN! アプガ RUN!(仮)』、音楽出版社、2013年5月、 180-181頁、 ISBN 978-4861711077

外部リンク[編集]